源平 その日、歴史が動いた

前九年の役をスッキリ解説! 源頼義が源氏の足場を固める【受験生必見】

投稿日:

康平五年(1062年)9月17日は前九年の役が終結したとされる日です。

といっても「いつの時代のどこの話?」「名前だけ聞いたことあるような気がする」という方のほうが多数派の予感がします。

まずはこの戦があった【平安時代のダイジェスト】を最初に確認しておきますね。

 

平安15のポイントで「前九年の役」を確認

平安時代のダイジェスト版、ざっくりまとめるとこんな感じでしょうか。

【摂関政治のクライマックスへ】
① 延暦十三年(794年) 平安京遷都
② 天安二年(858年) 藤原良房が人臣初の摂政となり、摂関政治が始まる
③ 貞観十一年(89年) 貞観地震(東日本大震災が「千年に一度規模」という由来になった東北沖の巨大地震)
④ 寛平六年(894年) 遣唐使廃止

【だんだん武士の時代】
⑤ 天慶二年(939年) 承平・天慶の乱(平将門藤原純友の乱
⑥ 長和五年(1016年) 藤原道長が摂政になる
⑦ 永承六年(1051年)~康平五年(1062年) 前九年の役 ←今日ここ
⑧ 永保三年(1083年)~寛治元年(1087年) 後三年の役

【源平時代を経て鎌倉時代に】
⑨ 保元元年(1156年) 保元の乱
⑩ 平治元年(1159年) 平治の乱
⑪ 仁安二年(1167年) 平清盛が太政大臣になる
⑫ 治承四年(1180年) 以仁王の挙兵、続いて源氏も挙兵
⑬ 元暦三年=文治元年(1185年) 壇ノ浦の戦い平氏滅亡
⑭ 文治五年(1189年) 奥州藤原氏滅亡
⑮ 建久三年(1192年) 源頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く

……というわけで、前九年の役があったのは”平安時代の後半”といえます。

こうやって並べてみると、数々の物語や歌集が生まれた優雅な時代と、武士が台頭する時代が同じ区分になっているのは不思議な気がしますね。将来的に変わるかもしれませんが。

では、本題の「前九年の役」を追いかけていきましょう。

 

豪族の安倍氏が納税をサボった? よし討伐だ!

この戦いを無理やり一行でまとめると、
「東北のヤンチャな一族を、中央から派遣された源氏が討伐しました」
という感じです。

まだ日本が統一国家ではなかった時代とはいえ、一体何がどうしてそうなったのか。

このころ現在の岩手県あたりには安倍氏という豪族が一大勢力を築いておりました。
砦や柵を用意していたそうなので、のっけから中央政府と殺り合う気満々です。

それでも一応、しばらくは朝廷への税を納めていたのですが、いつの頃からか納税をサボりはじめました。

現代だったらマルサの出番ですが、当時は「納税サボった? よし討伐だ!」という時代です。
このときも、陸奥守に任じられていた藤原登任(なりとう)という貴族が安倍氏をとっちめようとしたのですが、ものの見事に負けてしまいます。

 

父・頼信は「道長四天王」と呼ばれたエリート

勝敗は時の運とはいえ、登任は「取り立てに行ったのにすごすご逃げ帰ってきた」ことになるわけですから、当然のように陸奥守をクビになります。
そして登任の後に陸奥守になったのが、源頼義でした。

頼義は名字から見てもわかる通り、源氏の人です。

ここから枝分かれして、有力武家が登場していきますので、本題から少し離れてしまいますが、系図を見ておきましょうか。

頼朝尊氏・信玄といったスーパー武士たちの原点なワケですね。

この頼義の父ちゃんも名を馳せた武士で、かつては「道長四天王」と呼ばれたエリートでした。
頼義も幼い頃から御曹司として、また武士として育てられるのです。

つまり「貴族が行っても拉致があかん。武働きはやはり武士にさせよう」という流れですね。

大役を任ぜられた頼義はさっそく東北へ向かおうとしましたが、ここで時の天皇(後冷泉天皇)の祖母である上東門院こと、藤原彰子が病気になってしまいました。

平安時代のことですから、エラい人が病気になれば平癒のためにお祈りをします。
また、君主の徳を示して神仏にごまをすっ……もといお願いを聞いていただくために、大罪人を許す「大赦」というものもたびたび行われました。

このときも大赦の一環として、
「上東門院様のご病気を神仏に治していただくために、安倍氏の罪も許してやんよ」(※イメージです)
ということになります。

安倍氏の当主・安倍頼良(よりよし)もこれを喜び、頼義に詫びを入れるついでに酒食でもてなしました。

また、頼義に感じ入るところがあったのか。
「私のような罪人が、あなたと同じ読みの名前でいることは恐れ多いことです。これからは”頼時”と名乗りますので、今後共よろしくお願いします」(※イメージです)と名を改めます。

頼義はこれを受け入れ、その後四年間、現地で陸奥守の仕事を務めました。

ここで終わっていたら、この戦いは「前九年の役」とは呼ばれなかったでしょう。

 

前九年の役の本番 いよいよ始まる!?

頼義の任期が明ける天喜四年2月に、事件は起こりました。

この間、頼義は「国守」(現代でいう都道府県知事みたいなもの)と「鎮守府将軍」という地方の警察のような仕事を兼任していたのですが、この2つはそれぞれ拠点が違っていて、鎮守府である胆沢城(現・岩手県奥州市)から、国府の多賀城(現・宮城県多賀城市)へ戻る途中で野営をしていると、とんでもない知らせが入ったのです。

「頼義の部下が、夜討ちに遭って怪我人が出ている」

さらに、その被害者である藤原光貞はこう言いました。

「以前、安倍の息子の貞任が私の妹と結婚したい、と言ってきたのを断ったことがあります。きっとその逆恨みでこんなことをしたに違いありません!」

現代から見れば「それ、どうなのよ?」という気がします。
頼義は即座に「何だとけしからん! すぐに貞任を呼べ!」と安倍氏に使いを送りました。

しかし、安倍氏はこれを拒否。
結果、ドンパチが始まってしまうのです。

ここからが前九年の役の本番ともいえる戦いになります。

 

“戦略は上手いのに人間関係がアレ”は源氏のお家芸?

いざ戦いが始まってからの頼義は、武士らしいところとアレなところが併存していて、優秀なのかダメダメなのかよくわからん感じです……。

「アナタの娘婿の平永衡さん、ハデな兜を使ってますよね? アレ、敵と通じてる証拠ですよ^^」

そんな讒言を鵜呑みにして永衡を斬ってしまったり、そのせいで同じ娘婿だった藤原経清が安倍氏に寝返ってしまったり。

このようにgdgdをしているかと思えば、「戦況が良くないから、ここは敵の一部を寝返らせよう」と策を講じ、見事成功させていたり。

”戦術は得意なのに人間関係がアレ”っていうのは、ある意味、源氏のお家芸なんですかね。

一方、味方に裏切られた安倍氏は大慌て。
頼時は裏切った人々を何とかして引き戻そうとしましたが、伏兵に深手を負わされ、本拠に戻る直前に亡くなりました。

ちなみに、このころ頼時が本拠としていたのは衣川近辺だったといわれています。
後々、源義経が最期を迎える戦いが起こるところの近所ですね。

この辺を本拠にすると源氏の本筋に負けるんでしょうか。
ただの偶然といえば偶然ですけれども、こういう偶然の一致って面白いですよね。

 

長男・義家は部下五人を引き連れ、命からがら……

さて、総大将があっけなく亡くなってしまった安倍氏側は、貞任を旗頭にして戦いを続けます。
前述の通り、頼義部下の妹と結婚しようとしてフラれた人です。

安倍軍4000と頼義軍2500。
両軍は、黄海(きのみ・岩手県一関市藤沢町黄海)付近でぶつかり合いました。

安倍軍のほうが数で勝る上、既に季節は冬に入っていたため、頼義軍は圧倒的に不利です。

ものの見事に負け、頼義と長男・義家は部下五人を引き連れ、命からがら逃げたといわれています。
先の系図通り、源義家は、源頼朝などの直接の祖先として有名な人ですね。

伊豆に流された頼朝といい、九州へ敗走した尊氏といい、伊賀越をした家康(一応源氏設定)といい、やっぱり源氏の棟梁は一度は死にものぐるいで逃げないといけないんでしょうか。

こうしてトップの代替わりという危機を乗り越えた安倍氏は、勢力を拡大し、独自の税を徴収するなどして、再び独立色を強めました。
地元で兵を補いたい頼義にとっては「ぐぬぬ」どころではありません。

 

いつしか築き上げられた棟梁は源氏というイメージ

頼義は関東・東海・近畿という超広範囲の武士に呼びかけ、兵をかき集めます。
発想の転換がスゴイですね。

そのヤル気が買われたのか。
頼義の代わりの陸奥守として高階経重(たかしなのつねしげ)という公家がやってきても、兵たちは「いや、俺らの頭は頼義サンなんで」と従わなかったそうです。

ついでにいうと、朝廷でも「そんな事情なら仕方ないね」とあっさり受け入れ、頼義を再度陸奥守に任じています。

わざわざ現地へ下っていった経重が可哀想すぎやしませんかね……。
その後どうしたのかも不明ですし。

頼義はさらに、出羽(現・秋田県)の豪族である清原氏を味方につけ、兵を送ってもらうことに成功します。

頼義の兵が3000、朝廷軍としては1万ほどだったそうですから、おおよそ7000ほどは清原氏の力で集めたことになりますね。すげぇ。

こうして朝廷軍が圧倒的有利になると、各所の戦いで勝利を収め、貞任も捕まって頼義の元に連れてこられました。
が、かなりの深手を負っており、頼義を一瞥して息絶えたといわれています。なんだか呪われそうだわ……。

これが【前九年の役】です。

源頼義はその後、陸奥守を続けることはできず、各地を転々とすることになりますが、この一連の活躍により武士としての信頼を大いに獲得。
後に、源氏の後継者たちが
「ウチのご先祖様は東国を平らげたんだぞ!」
と威張ることのできる礎を築いたのでありました。

「アレ? 最後に勝てたのって清原氏のおかげじゃね?」
という気もしますが、まぁ、いつの世も一番大切なのはやっぱりリーダーですしね。

武士の棟梁は源氏――。
そんなイメージ戦略を最初から意識して作り上げたんだとしたら電通もビックリな策士ですな。

後三年の役をスッキリ解説!源氏と奥州清原氏のカンケーややこしや【受験生必見】

歴 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
前九年の役/Wikipedia

 



-源平, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.