その日、歴史が動いた 島津家

琉球王国の知られざる漢・謝名利山 江戸幕府の侵攻に最期まで抵抗し、死す

投稿日:

沖縄の歴史というと、なぜか学校では現代史しかやりませんよね。

ではその前の沖縄はどんなところだったのか?
というと、かつては日本と中国のちょうど中間のような別の国でした。
「琉球王国」といいます。

1429年に成立し、明治12年(1879年)まで存続したとても歴史の長い国。
だいたい室町幕府から明治時代までの450年間に及びます。

江戸幕府が約250年ですから、ものすごく大ざっぱに見て2倍ですね。
これだけ長く独立国でいたわけですから、現在も独自の雰囲気が残っているのもわかる気がします。

琉球王国は、日本が統一される度に「ウチに入れよ!」という誘いを受けることになりますが、ずっと独立国だった上に歴代の中国王朝に(表向き)従っていたので、すぐに「ハイわかりました」なんて返事はできません。

時には強く反対する人もいました。
今回はそのうちの一人に注目。

1611年(慶長十五年)の9月19日、琉球国の大臣「三司官」である謝名利山(じゃなりざん)が処刑されました。

姓と名の境目が分かりませんが、姓は中国風に「鄭」さん。
謝名が名前で、利山は号です。

琉球の偉い人の称号は「親方(ウエーカタ)」なので、通称「謝名親方」となります。

処刑の理由は「薩摩との講和に一人だけ反抗しているから」という、いたってシンプルながらに横暴なもの。
時を少し遡って、ここまでの経緯を見てみましょう。

 

政宗がひいた滅びの引き金

事の始まりは慶長7年(1602年)。
徳川家康が関が原の戦後処理に追われ、政宗がまだまだ天下を諦めていなかったとされる頃、仙台藩に見慣れぬ船が漂着します。

話を聞いてみれば、はるか南の国・琉球から来たと言うのです。

迷い込んだからには帰る手立てを考えなければなりませんが、琉球の人々は仙台周辺の航路がわからず、地元民も「琉球?なにそれおいしいの?」状態。

おそらく「南から来たっていうから、一応、家康に相談して島津あたりにツテがないか聞いてみよう」ということになったのでしょう。
そしてこの船は無事琉球へ送り返されます。

が、その後が問題でした。

徳川家が帰る手立てを整え、無事送ったにも関わらず、琉球から返礼の使者が来ないのです。

これを無礼と見た幕府は「早く来ないと攻めンぞゴルァ!」と苛立ちますが、琉球側は「やーなこった☆」と意に介しません。
このとき中心になって拒否していたのが利山をはじめとした重臣たちだったのです。

堪忍袋の緒が切れた幕府は、ついに薩摩島津家へ「琉球を討て!」命令を下します。

関が原からの撤退時に多くの勇将たちを失ったとはいえ、島津の兵力にはまだ余裕がありました。

もともと関が原にはなし崩し的に巻き込まれた感が強く、さほど多くの兵数を動員してもいませんでした。
だからこそ琉球討伐を押し付けられた、とも考えられますが……。

どちらにしろ、立地的に仕方のないことでもありますね。

逆に、薩摩藩にとっては、むしろ戦争をあおって琉球の貿易権益を握ることで、困窮する藩の財政を回復しようとしたとも考えられますが。

 

薩摩藩の琉球侵略はじまる

1609年になり、薩摩藩の琉球侵略が始まりました。

一方の琉球側はというと、軍備なんてほとんどないも同然の状態。
ずっと戦をしていなかったため、その間の技術の進歩も何もかも知らなかったのです。

そのため、攻めてこられたときにはビックリ仰天。
わずか数日で首里城は陥落します。

唯一、謝名利山だけが拠点の久米村で抵抗しますが、あっさり敗北し、降参したといいます。

むろん、気持ちのほうは、そう簡単にはいきません。

鹿児島を経由して江戸まで連れてこられた琉球国王・尚寧(しょうねい)は、渋々降伏の起請文へ署名しますが、連署しなければならない重臣のうち、謝名だけは最後まで「イヤだ!!」と言い続けるのです。

彼は大陸の血を濃く引いており、若い頃には明(当時の中国)に留学していたインテリ。
留学から帰国後も明への使者を務めており、優秀さが窺えます。それだけにプライドも高かったことでしょう。

帰国後に、謝名は日本語がうまく親日(親薩摩)だった「三司官」のひとりを告発して百姓の地位に落とし、自分がかわりに三司官の地位につきます。

結局、彼は最後まで主張を曲げず、琉球側でただ一人処刑されることになります。

琉球の正史でも「謝名は外交を誤り国を滅ぼした」と明記され、薩摩でも「邪名」と表記されるなど、散々な扱いです。

が、自分の国に誇りを持っていたという点において、謝名利山は紛れもなく「漢」であったといえるでしょう。

那覇市若狭の旭ヶ丘公園にある「鄭迵謝名親方利山顕彰碑」/photo by LordAmeth wikipediaより引用

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
謝名利山/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.