紫式部/wikipediaより引用

女性 その日、歴史が動いた

歴史的に日本は女子教育に熱心だった その風潮が崩れたのは何時から?

投稿日:

世の中には「いくらあっても困らない」ものが二つあります。

ひとつはもちろんお金ですが、もうひとつは何だと思いますか?
人それぞれ価値観が違うので絶対的な答えはないかもしれませんが、個人的には「知識」だと思います。

現代は誰でもネットや図書館を使えますが、その機会がない時代には、もっと貴重なものだったでしょう。
本日はそんな感じのお話です。

1920年(大正九年)9月24日は、東京帝国大学が女子聴講生入学を許可した日です。

聴講生というのは正式な学生ではなく、文字通り「講義を聞ける人」のことです。
この時代だと、ものすごく乱暴な言い方をすれば「門前の小僧」みたいな感じですかね。さすがに教室には入ってたと思いますが。

てなわけで、本日は女性と教養&高等教育のお話です。

 

 

高貴な女性の周囲では独自の教育文化が

そもそも日本では、古来よりある程度女性の地位が認められていました。

女性天皇のうち6人(重祚しているので8代)は古代ですし、平安時代にも女院号を与えられた女性の意見はかなり重要とされています。

清少納言紫式部といった教養ある女性の存在も有名ですし、その主である高貴な女性のまわりでは独自の社会が築かれておりました。

紫式部の生涯は「源氏物語」ではなく「紫式部日記」でよく見える

平 ...

続きを見る

古代の高等教育機関については基本的に男性のみでしたが、医学と音楽については何故か女性も認められています。

後者は儀式や行事で女性も奏者・演者になることからきているようです。
前者については、スイマセン詳しい史料が見つかりませんでした(´・ω・`)

武家政権になった鎌倉時代にも、数としては多くないものの、女性領主の存在は認められています。

戦国時代から江戸時代の初めにかけても、武将や大名の妻には「化粧料」という名の領地=収入を得ている人もいたほどです。
また、江戸時代中もかの大奥を始めとして、働けるだけの教養を持った女性はたくさんいたわけです。

 

江戸時代に入っても庶民での教養レベルは高かった!?

庶民についてはあまり記録がないのではっきりしませんが、この辺を考えると、
「地位があるのに権利も教養もない」
ということはあまりなかったと見てもいいでしょう。

江戸時代には寺子屋もできていますし、庶民向けのファッション誌のようなものや貸本(レンタルショップ)などもあったようですから、庶民でもそれだけの教養はあったはずですしね。
狂歌なども、洒落っ気を出すためには単に【五・七・五】にする以外に教養が必要となります。

寺子屋の絵画には女性教師も描かれるほど/wikipediaより引用

余談ですが、トーハクこと東京国立博物館には江戸時代の着物や櫛、かんざしなどが展示されている部屋があるので、興味のある方はぜひどうぞ。
当時の庶民が身近に感じられます。

ここに限らず、博物館は何ヶ月かに一度展示品を入れ替えるので、たまに行くと違うものが見られたりします。

トーハクには同じ着物でも能・狂言の衣装もあり、他の史料も見れるとなれば、本館(入館料620円)だけでも楽しめますよ。

閑話休題。
そんなわけで、江戸時代までは身分の高い人や一部の学者さんを除いて、男女の教養はそこそこ平均化されていたと考えてもいいでしょう。

 

伊藤博文も女子教育を進めたが大正時代になると……

これが崩れてくるのは、おそらく明治時代に入って小学校が義務化され、その上の高等教育機関ができてからです。

現代の小学校=初等教育機関のことを、当時は尋常小学校といいました。

この上に高等小学校とか中等学校とか高等女学校(いわゆる女学生が通ってたところ)があるわけですが、これらは全て自費で通うものだったので、よほどお金のある家でなければ子供を通わせることはできません。

「女学生」っていわゆる「いいとこのお嬢さん」なんですよね。
となると当然、「家を継ぐべき男の子」だけでも、良い教育を受けさせようとしますよね。

これがだんだん過激化して「女の子は勉強なんてしなくてもいい」というようになっていったのだと思われます。

明治政府では伊藤博文などが「女性にも高等教育を」という方針で制度を整えていきましたが、大正時代にそういった風潮がしぼんでしまったようです。

伊藤博文69年の生涯をスッキリ解説!足軽の子が日本初の総理大臣になるまで

豊 ...

続きを見る

戦争や経済悪化の影響を受けて、「勉強するより、若いうちから子供産んで育ててくれ」という世論になっていったんでしょうね。

 

旧帝大では東北大が最初だった

それでも、私立の大学や専門学校については、女子の入学を認める……というより、はじめから「○○女子大学」「女子○○専門学校」として設立されたものがありました。
お茶の水女子大学や、神戸女学院大学などは明治時代に創立しています。

国立の最高教育機関である旧帝国大学で、最初に女子の入学を認めたのは、東北帝国大学(現・東北大学)。
東大に先立つこと7年、大正二年(1913年)のことです。

ちなみに、東北帝国大学は女子入学を認めて10年後から、継続的に女子学生が入学しています。

また、大正七年(1918年)には北海道帝大(現・北海道大学)が設立と同時に女子の入学を受け入れました。

教育に限らず、現代で男女平等といえば北欧諸国ですが、あれは「経済の急激な成長に、労働力が追いつかなくなりそうだったから」というのと「女性も学校を出ているのに働かないのはもったいない」という理由が大きいようで。

言われてみればその通りです。

こういう前提があるからこそ、
「働くんなら平等じゃないとおかしいじゃん」
「平等にするには国が働きやすくしないといけないよね」
「そのためには小さい子供と両親が一緒にすごせる時間が必要」
というように繋がっていくんでしょうね。

真に女性の地位向上を進めるのであれば、こういった考え方もグローバル化として取り入れていかねばなりませんよね。
国に任せるのではなく、多くの人たちで共通認識していかねばならないことだとも思います。

長月 七紀・記

【参考】
女子教育/wikipedia
ワークライフバランスの森

 



-女性, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.