明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

小泉八雲の旧名は? 英国人ラフカディオ・ハーンが怪談を書くまで

投稿日:

明治三十七年(1904年)9月26日、日本に帰化して小泉八雲と名乗っていた作家、ラフカディオ・ハーンが亡くなりました。

「怪談」で有名な人ですが、実は日本語はさほど得意ではなかったようです。

 

ギリシャ生まれアイルランド育ちアメリカでジャーナリスト

彼は1850年に現在のギリシア領・レフカダ島で生まれました。

当時はイギリス領だったので、国籍的にはイギリス人ということになります。
血筋的にはお父さんがアイルランド人、お母さんがギリシア人なのでハーフですね。

そして2歳の頃アイルランドのダブリンに引越したのですが、お母さんが病気になってしまったため、両親が別れてしまいました。

その後、彼は親戚の家でカトリックの影響を受けて育ちます。
しかし、預けられた先がかなり厳しい家だったようで、かえってキリスト教が嫌いになってしまったとか……。

ファーストネームの「パトリック」(アイルランドの守護聖人の名前)をあえて使わなかったくらいですから、よほどトラウマになっていたのかもしれませんね。

1859年にはアメリカに渡り、学校を出た後はジャーナリストとして働きます。

本の評論から報道記事まで、幅広いジャンルを書くことができたそうです。
ライターとしては実に羨ましい限り。

 

改名後は東京大学の人気講師に

来日したのは、1890年(明治二十三年)のことでした。

アメリカの出版社の人間として来たのですが、そこですっかり日本が気に入ってしまったらしく、会社を辞めて日本に移り住みます。
ちょうどネイティブの英語教師があちこちで必要とされていた時期でしたので、需要と供給がマッチしたということでしょう。

そして翌年、日本人の小泉セツという女性と結婚した後は日本のあちこちへ引っ越しながら、日本文化をいろいろ見聞します。

帰化したのは意外にもっと後の話で、1896年(明治二十九年)のこと。
このとき名前を小泉八雲と改め、東京帝国大学(現在の東京大学)の英文学講師を勤めます。

ちなみに八雲が1903年に退職した後、あの夏目漱石が後任になりました。

が、あまりにも八雲の評判が良かったため、転科した学生もいたそうです。
それじゃ漱石も胃痛になるわけですね。

 

地球を半周して日本に骨を埋めるなり

「怪談」が出版されたのはさらに後の話で、死の直前でした。

タイトルからだと想像しにくいですが、実は「怪談」の原文は英語で書かれています。
日本人ならあらすじを知っている話が多いですし、英語の勉強にいいかもしれませんね。

そして同年3月には早稲田大学の講師になっていたのですが、半年程で狭心症により亡くなりました。
葬儀は仏式で行われ、戒名もついています。

八雲の写真を見ると、本当に西洋人なのか疑わしいくらい和服が似合っていますから、おそらく死んだ後も日本人として扱ってもらいたかったのでしょう。

しっかし、ギリシアで生まれてアイルランド、アメリカ、日本って……ほぼ地球半周じゃないですか。
これだけ違う国に住んだことがある人が、最後に日本を選んでくれたというのは何だかくすぐったいような嬉しいような。

来日後、友人に宛てた手紙の中でも日本を大絶賛していますし、ここまで日本に惚れ込んでくれた外国人は本当にありがたいことです。

現代にたとえるなら、ラモス瑠偉とかジローラモさんとか、ボビー・オロゴン?違うか。

八雲は「怪談」の他にも当時の日本を事細かに観察した本をいくつか書いています。
大正浪漫ならぬ明治浪漫を感じたい方は手にとってみてはいかがでしょう?

『新編 日本の面影 (角川ソフィア文庫)』(→amazon link

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
雑学の世界

 



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.