絵・小久ヒロ

その日、歴史が動いた

関東の戦国時代は早雲の【伊豆討入り】から始まった!堀越公方を追い出して

投稿日:

明応二年(1493年)10月11日、北条早雲が【伊豆討入り】を成功させ、関東の戦国時代にガソリンを撒き散らしました。

と、冗談とも言えず、実際に早雲が伊豆に居を構えて関東へと進出していってから、戦乱戦火は拡大し、周囲一帯は争いの日々に陥るのです。

なお、早雲自身は「北条」氏を名乗ったことがないのですが、わかりやすさ優先で進めて参りますね。

 

伊豆討入りを敢行したのは幕府のエリート

小説やドラマでは「一介の素浪人から成り上がった」とされている北条早雲。
最近の研究では「最初からそこそこの身分だったんじゃない?」という見方が有力になっています。

元の名前は伊勢盛時といい、室町幕府の中でも重職といえる申次衆もうしつぎしゅうの一人だったとされるのです。

武士や大名が将軍に会うとき、取次ぎやそれに伴う雑務処理を担当する役職で、特定の家出身でないとつくことができませんでした。
伊勢氏もそのうちの一つで、伊勢盛時の名が記載された史料が見つかっています。

まあ、小説では一代で大名になったほうが盛り上がりますからね。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

北条早雲(伊勢宗瑞)64年の生涯をスッキリ解説!幕府のエリートが大名になる

相 ...

続きを見る

ではどうして早雲が関東に来たのか?
キッカケは、早雲の姉妹いずれかの嫁ぎ先である駿河の大大名・今川家のお家騒動でした。

これを上手く治めた功績により、早雲は今川家で出世していくのです。

既に中央では【応仁の乱】が起きており、京都で戦乱に巻き込まれるのを避けたのかもしれません。
漫画『センゴク』では、すぐに京都へ戻る予定という設定で描かれておりました通り、一度、戻ってはいるんですが、今川家が再度ゴタゴタを起こしたせいで再び舞い戻ります。

そして【伊豆討入り】と相成るのです。

 

「足利氏のお家騒動」が全ての原因

さて、本題の伊豆討ち入りです。

これまた大きく括ると
「足利氏のお家騒動」
という一言に集約されてしまいます。

もうちょっと詳しく見てみましょう。

当時、関東を仕切っていた足利氏の家系は公方くぼう(将軍クラス)と呼ばれ、そうした家格の一族が三つもあり、さらに関東管領・上杉家も絡んできて彼等も分裂するので、とにかくややこしくなります。

「お前ら身内で何やってんだよ!」とツッコミたくりますが、当時は「兄弟は他人の始まり」どころか「血縁者は一番の敵」みたいな時代ですからね……。
要は、血縁者同士での利権争いがハンパじゃないんですね。

まぁ、この手の話は日本に限ったものではなく、フランスの初期王朝なんて「王様になったら親兄弟は皆殺しにしろ!」というのが当たり前みたいになっておりました。現代に生まれて良かった。

少し脱線が過ぎましたね。本題へ戻りましょう。

 

鎌倉公方・古河公方・堀越公方

公方三兄弟の一つ目は、鎌倉公方です。
文字通り鎌倉に本拠を構えていた家で、ここの足利成氏あしかがなりうじという人が「もう幕府なんて落ち目じゃね?オレの時代じゃね!?」と壮大な勘違いをして反乱を起こしたのが一連の騒動のキッカケです。

当然幕府も見過ごせませんから、近場の今川家に命じて討伐軍を出させます。

成氏は、あっさり負けました。
そして古河こが(現・茨城県古河市)まで逃亡しますと、性懲りもなく【公方】を名乗り続けます。
これが二つ目の【古河公方】です。

鎌倉公方だった人が古河公方になったので、実質的には一つと数えてもいいかもしれませんね。
古河公方は後々、関東管領上杉家を巻き込んでまたドンパチをやらかし【立河原の戦い】の遠因をつくって……ほんと、この方、ロクなことしてません。

最後は堀越公方です。

これは元々空席になっていた鎌倉公方に、新しく就くはずだった足利政知(まさとも・八代将軍義政のお兄さん)が、成氏側の妨害にあって鎌倉に辿り付けず、伊豆半島の堀越というところに根付いて公方と呼ばれるようになったものです。

こっちはこっちで情けないな!

不穏な空気が流れ始めた中で、堀越公方の政知があっさり死亡。
問題になったのが跡継ぎでした。

ドタバタの末、ようやく落ち着いてきたのに、後継者がはっきりとは決められていなかったのです。

残されたのは、母親の違う兄弟が二人……。

うーん。
テンプレ臭が急激に濃くなってきましたね。

 

お約束どおりの兄弟げんか

残された兄弟は、長男が茶々丸で、次男が潤童子じゅんどうしでした。

島津四兄弟みたいに仲良く手を組めばよいものを、こともあろうか茶々丸は、潤童子とその母親まで殺し、無理やり跡を継ぐのです。
それでしばらくはうまくいっていたのですが、京都で出家していた三男が還俗して、新しく室町11代将軍になったことから事態が急変します。

足利義澄(よしずみ)と名を改めた将軍は、足利政知の三男でした。
つまりは茶々丸と潤童子と兄弟であり、そのうち潤童子とは同じ母親から生まれた兄弟でした。

当然、茶々丸が憎くて仕方ありません。

仇討ちに燃える義澄
まず茶々丸のいた堀越御所に近い武将へ「オレの兄貴とカーチャンの仇を討て!」と命じました。

ここで白羽の矢が立ったのが早雲です。

【伊豆討ち入り】は、もともと将軍様のご命令だったんですね。

早雲は念入りに下調べと工作を行い、堀越御所の内情や茶々丸の横暴ぶり、領民が疲弊していることを掴みます。

同時に「あのバカ殿がいなくなれば、もっと暮らしが良くなるよな!皆もそう思うだろ?」と触れ回らせて、内部から茶々丸への反抗心を煽っていきました。
『軍記物語』では早雲自ら密偵をしたと書かれていますが、はてさて。

 

堀越公方候補を追い出して大名に

こうして周辺の状況をつぶさに調べ上げた早雲は、伊豆全体の兵が手薄になるのを見計らって一気に夜襲をかけ、茶々丸を堀越御所から追い出しました。

茶々丸は往生際悪く抵抗します。
が、伊豆の国人(地元の有力者)を味方につけた早雲のほうが圧倒的に有利。

こうして早雲はまず伊豆半島を手に入れ、戦国大名としてのデビューを飾ったのでした。

※左が早雲本拠地の興国寺城(黄色)で、右下の拠点が堀越御所(赤色)

ちなみに仇討ちを命じた義澄は早雲に褒美をくれたのかというと、京都での政権争いでそれどころではありません。

いや、もしかすると褒美のそぶりがないから早雲も
「なら伊豆もらっちゃうけどいいよね!働いたのワシだし!」
と思ったのかもしれません。

「切り取り勝手」=「自分で攻めて勝ち取った土地は自分のものにしていい」って言葉もありますしね。

この後、早雲=後北条家が台頭してくると、それまでごちゃごちゃしていた関東は更に戦乱戦火が拡大し、本格的な戦国時代に突入していくことになります。

応仁の乱だけじゃなく、結局、関東での争いもキッカケは将軍家だったりするんですよね。

北条早雲の生涯はこちら。

北条早雲(伊勢宗瑞)64年の生涯をスッキリ解説!幕府のエリートが大名になる

相 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon link
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
北条早雲/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.