歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

幸村の全国デビューもこのときっすね/絵・富永商太

真田家 歴史ウォーカー

真田幸村が隠遁したと聞いたので、どんな山深いのかと行ってみたら”大都会”だったでござる

更新日:

 

「関東勢百万と候へ、男は一人もなく候」
この言葉、ほんとにカッコイイです。初めて聞いた時、さぶいぼ(トリハダ)が立って涙が出て、曲がった腰がシャンとしました。
慶長20年(1615)、大坂夏の陣・道明寺の戦いにおける撤退戦で、伊達政宗率いる精強の軍を退けた猛将が去り際に悠々と放った言葉。

「関東の軍勢は百万人もいるが、男は一人もいないのだな!」

猛将の名は「真田信繁」。世に言う「真田幸村」その人のことであります。
大坂夏の陣を遡ること15年、関ヶ原の合戦で東軍をさんざん悩ませた真田昌幸・信繁(以下、幸村)父子は、東軍に与した長子・真田信幸(信之)とその舅、本多忠勝の取り成しによって切腹を免れ、紀州(和歌山県)へと配流の処置と相成りました。

紀州における真田父子蟄居の地としては「九度山町」が有名で、現在もその屋敷跡があったという伝説をもつ「真田庵(善名称院)」が建てられています。
しかし、九度山へと配流される前、本当は「高野山」に一度配流されているのです。
本来なら死罪となっていたはずの猛将たちが封じ込められた、神仏が支配する深山幽谷の聖地、高野の御山…そんな場所を想像して高野山に行ってみると…ってオォイ!

 

そこはマチュピチュ?いや、寺院都市!

結構な都会…?でござる。いや、「寺院都市」とでもいいましょうか…?

それもそのはず、山内6つの建造物及び、山上に至る「高野山町石道」が熊野・吉野・大峯とともに「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている高野山は、合計117カ寺の寺院を擁する一大山上宗教都市でもあるのでした。
『当代記』によると慶長五(1600)年、十二月十三日に真田家一行は配流先の高野山へと向かい、信州上田城を出発したとあり、『真田家文書(上)』には、「房州様(昌幸)高野御入御供之衆」として、「池田長門守」、「原出羽守」、「高梨内記」など16人の名が記され、家臣団を引き連れての配流であったことが分かります。

当時は女人禁制であった高野山には幸村の妻子は入れず、山麓の九度山で別れて一行は高野山「蓮華定院」にて仮居することとなりました。
現在でも「蓮華定院」には「宿坊」として宿泊することができ、真田家ゆかりの「六文銭」の家紋をあしらったデザインを随所に見ることができます。

 

スポンサーリンク

やっぱり、さ、寒いでござる

さて、山深い都会(?)高野山ではじまった配流生活も束の間、間もなく山麓の九度山へと移転しているのです。その理由のひとつがが尋常ではない高野山の「寒さ」といわれています。
標高1,000m前後の山々の集合体である高野山上の冬の寒さは極端なもので、1981年には最低気温-13.4℃を記録しています。

マジでハンパないでござる。
幸村が生きていた時代もその冬の寒さは推して知るべしで、何と本職のお坊サマ方すら、厳冬期には一部のスタッフを残して山麓の「里坊」と呼ばれる避寒地に避難してしまったということです。
こうして大坂の陣までの長きにわたる時間を、幸村たちは九度山で耐え忍ぶことになったというお話でした。
地図はこちら↓


大きな地図で見る
〈主要参考文献〉

『当代記』
『真田家文書(上)』
「紀州九度山に閑居した真田昌幸①」『橋本歴史研究会報 第163号』 岩倉哲夫
真田幸村の動向と九度山」『橋本歴史研究会報 第168号』 岩倉哲夫




スポンサーリンク


帯刀 コロク・記

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-真田家, 歴史ウォーカー
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.