日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

北海道の松前藩はニシン漁で大いに潤った

スポンサーリンク

歴史ウォーカー

道産子も知らない!遠山の金さんパパが北海道開拓の元祖

更新日:

 

テレビドラマ『江戸を斬る』で有名な、桜吹雪の南町奉行「遠山金四郎景元」。

若い頃江戸でさんざん旗本連中や博徒と遊び回っておりまして、いたずらで入れ墨を入れたとか…。

遠山金四郎は「テレビドラマだべさ」・・・じゃないって!

では、その父といえば、遠山金四郎景晋(かげくに)といいます。なんと、47歳で北海道(当時のエゾ地)の視察を行ないました。それ以前は長崎奉行、そしてロシアの南下を食い止めるために働きつづけました。彼がいなければ、今頃北海道はロシア領だったかも…

北海道民は驚く事に、歴史に興味がない人が圧倒的。小学校の教科書にも、中学校の社会科の教科書にも遠山金四郎の「金」の字ひとつ載っていません…。

そのため、遠山金四郎は「テレビドラマだべさ」と疑わぬ人が多い。
ったく!

そのオヤジが北の果て、宗谷にまで来たことなぞ、学校でも習わない。一緒にやってきた部下の「間宮林蔵」の銅像はあるのだが…、これじゃあ、金さんも浮かばれませんぜ…。

北海道の松前藩はニシン漁で大いに潤った

北海道の松前藩はニシン漁で大いに潤い「ニシン御殿」が建っていた

偉そうにお座りになる金パパの人形

偉そうにお座りになる金パパの人形

 

ひっそりと説明されています

ひっそりと説明されています

スポンサーリンク

蝦夷地を直轄領にしてしまう交渉力

余市(よいち)には 運上屋というニシン御殿があり、ここに金さんの人形が座しておりやす。ものすごい数のニシンが群れになって、浜に押し寄せたので、北海道を支配していた松前藩は相当儲けたにちがいない。

当時、松前藩は北海道の「日本海側」の魚場を抑えていました。江差、石狩、そして宗谷にいたるまで海岸線まるごとです。

石狩では鮭が沢山取れたのですが、ある年一気に漁獲量が減りました。そのことを聞いた金四郎(父)は、石狩を視察。持ち前の交渉力で幕府は蝦夷地を直轄領にしてしまいます。
ですが、残念ながら、北海道にはこういった史跡は存在しません。

これは、北海道のはじまりは「明治政府が開拓した」ということになっていて、それ以前の侍の時代はなかったことになっているのです。

戊辰戦争に破れた旧幕軍、そしてそれに参戦した尾州徳川家、北陸と東北の各藩の落ち武者達が北海道にやってきましたが、原始林そのままの地で、作物も取れず、冬の雪で凍死…。
その後、明治政府による開拓史がすっかり「江戸時代の仇敵の功績」を消し去りました!

それが、いまだに尾を引いているのです…。

スポンサーリンク

名刀たけみつ・記 (北海道在住)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史ウォーカー
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.