日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

歴史ウォーカー

男は黙ってジョジョ立ち 「スター・プラチナ」の由来のタロットカードにはどんな意味が?

更新日:

4月に入り、新たな春アニメがスタートしていますね。以前、1月からの冬アニメで「ノブナガ」の名前を冠したアニメを2本紹介しましたが、2クール(6ヶ月)の「ノブナガ・ザ・フール」は、現在中間の山場を迎えています。

ノブナガザフール

ノブナガとカエサルが激突した末に一時休戦の茶会が設けられ、カエサルがオダ家を守る引き換えにノブナガの妹イチヒメを妃に望みイチヒメがそれに応えるという、驚きの展開になっています。この作品、毎回登場人物たちがタロット・カードを引くのが特徴的で、タイトルの「ザ・フール」もタロット・カードの「愚者」からきているのです。

そして、タロットと言えば「ノブナガン」の紹介の際に触れた、スタンドでお馴染みの「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセーダス」。ここに登場するスタンドの名前のほとんどが、タロット・カードを由来としているのです。4月からついにTVアニメもスタートしたということで、大まかではありますがタロット・カードの歴史などについて紹介します。

現存最古は15世紀のミラノ

タロット・カードの起源は古代エジプトや古代地中海など諸説あるようですが、歴史的に実証できる、つまり最古のものとして現存するタロット・カードは15世紀前半にイタリアのミラノで作られたものです。

もともとタロット・カードは、現在のような占い用の道具などではなくゲーム用のカードでした。イタリアの貴族の間で流行っていたものがフランスに伝わり、やがてドイツ、スイスといった中央ヨーロッパ各地へ広まっていき、一般市民にも広く親しまれるようになったのです。

そのタロット・カードを使った占いがポピュラーになっていったのは、1783年から1785年にかけて4冊分が出版された、フランスの占い師・エテイヤの著書「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」がきっかけでした。

この後、19世紀になってタロット・カードが占いの道具として認識されるようになったのです。さらに、19世紀の後半になるとオカルトや神秘主義と関連づけられるようになり、特に「近代魔術の父」と呼ばれていたフランスの代表的なオカルティストであるエリファス・レヴィが、自身の著書「高等魔術の教理と祭儀」でタロットとユダヤ神秘主義思想(カバラ)を本格的に結び付けたことが、後世に大きな影響を残しました。

スポンサーリンク

ゲームから西洋魔術のアイテムに

そして、強く影響を受けたフランスの「薔薇十字カバラ団」やイギリスの「黄金の夜明け団」といったオカルト結社によって、タロット・カードは西洋魔術の重要なアイテムとして定着するようになりました。ただ、ヨーロッパでは現在でもタロットをゲームに使用していて、トランプと同じように色々な遊び方で楽しまれているようです。

スポンサーリンク

スタープラチナは希望、そして不安

ところで、占いなどにそれほど詳しくない人にもタロット・カードとして広く知られているのは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだと思います。ジョジョ3部好きの方にはスタンドのモチーフとして認識されているのではないでしょうか。これらのカードには正位置と逆位置(上下逆さま)でそれぞれに意味があり、占いではカードが持つ意味からメッセージを読み取っていくのです。

 

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 東京 B1特大ポスター キービジュアル「富士とたんぽぽ」 空条承太郎 イギー

ちなみに、ジョジョ3部の主人公・空条承太郎のスタンド「スター・プラチナ」の由来である「星」は、ひときわ大きく輝く星の周りを複数の小さな星が囲んでいる絵柄が特徴です。正位置では、希望や将来への期待など吉兆の意味があります。

反対に逆位置の場合は、不安や消極といった意味があり、“隠された可能性”と読み取ることもできます。

まさに承太郎にふさわしいモチーフですね。個人的にはジョセフのスタンド「ハーミット・パープル」の由来である「隠者」が、いかにもジョセフらしいと感心してしまいました。あくまで個人的感想ですが。

 

日本文化の中では、タロット・カードというとちょっとミステリアスで普段なじみのないものに思えるかもしれませんが、多彩な絵柄から鑑賞用カードとしても人気があります。ノブナガやジョジョからでも、興味を持った方は奥深いタロットの世界に触れてみるのも面白いかもしれませんよ。

 オギ ヤスエ 記

 

(参考サイト)

運命の世界:http://www.unmeinosekai.com/index.html

スポンサーリンク

TAROT.com:http://jp.tarot.com/





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.