日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




歴史ウォーカー

男は黙ってジョジョ立ち 「スター・プラチナ」の由来のタロットカードにはどんな意味が?

更新日:

4月に入り、新たな春アニメがスタートしていますね。以前、1月からの冬アニメで「ノブナガ」の名前を冠したアニメを2本紹介しましたが、2クール(6ヶ月)の「ノブナガ・ザ・フール」は、現在中間の山場を迎えています。

ノブナガザフール

ノブナガとカエサルが激突した末に一時休戦の茶会が設けられ、カエサルがオダ家を守る引き換えにノブナガの妹イチヒメを妃に望みイチヒメがそれに応えるという、驚きの展開になっています。この作品、毎回登場人物たちがタロット・カードを引くのが特徴的で、タイトルの「ザ・フール」もタロット・カードの「愚者」からきているのです。

そして、タロットと言えば「ノブナガン」の紹介の際に触れた、スタンドでお馴染みの「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセーダス」。ここに登場するスタンドの名前のほとんどが、タロット・カードを由来としているのです。4月からついにTVアニメもスタートしたということで、大まかではありますがタロット・カードの歴史などについて紹介します。

現存最古は15世紀のミラノ

タロット・カードの起源は古代エジプトや古代地中海など諸説あるようですが、歴史的に実証できる、つまり最古のものとして現存するタロット・カードは15世紀前半にイタリアのミラノで作られたものです。

もともとタロット・カードは、現在のような占い用の道具などではなくゲーム用のカードでした。イタリアの貴族の間で流行っていたものがフランスに伝わり、やがてドイツ、スイスといった中央ヨーロッパ各地へ広まっていき、一般市民にも広く親しまれるようになったのです。

そのタロット・カードを使った占いがポピュラーになっていったのは、1783年から1785年にかけて4冊分が出版された、フランスの占い師・エテイヤの著書「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」がきっかけでした。

この後、19世紀になってタロット・カードが占いの道具として認識されるようになったのです。さらに、19世紀の後半になるとオカルトや神秘主義と関連づけられるようになり、特に「近代魔術の父」と呼ばれていたフランスの代表的なオカルティストであるエリファス・レヴィが、自身の著書「高等魔術の教理と祭儀」でタロットとユダヤ神秘主義思想(カバラ)を本格的に結び付けたことが、後世に大きな影響を残しました。

スポンサーリンク

ゲームから西洋魔術のアイテムに

そして、強く影響を受けたフランスの「薔薇十字カバラ団」やイギリスの「黄金の夜明け団」といったオカルト結社によって、タロット・カードは西洋魔術の重要なアイテムとして定着するようになりました。ただ、ヨーロッパでは現在でもタロットをゲームに使用していて、トランプと同じように色々な遊び方で楽しまれているようです。

スタープラチナは希望、そして不安

ところで、占いなどにそれほど詳しくない人にもタロット・カードとして広く知られているのは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだと思います。ジョジョ3部好きの方にはスタンドのモチーフとして認識されているのではないでしょうか。これらのカードには正位置と逆位置(上下逆さま)でそれぞれに意味があり、占いではカードが持つ意味からメッセージを読み取っていくのです。

 

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 東京 B1特大ポスター キービジュアル「富士とたんぽぽ」 空条承太郎 イギー

ちなみに、ジョジョ3部の主人公・空条承太郎のスタンド「スター・プラチナ」の由来である「星」は、ひときわ大きく輝く星の周りを複数の小さな星が囲んでいる絵柄が特徴です。正位置では、希望や将来への期待など吉兆の意味があります。

反対に逆位置の場合は、不安や消極といった意味があり、“隠された可能性”と読み取ることもできます。

まさに承太郎にふさわしいモチーフですね。個人的にはジョセフのスタンド「ハーミット・パープル」の由来である「隠者」が、いかにもジョセフらしいと感心してしまいました。あくまで個人的感想ですが。

 

日本文化の中では、タロット・カードというとちょっとミステリアスで普段なじみのないものに思えるかもしれませんが、多彩な絵柄から鑑賞用カードとしても人気があります。ノブナガやジョジョからでも、興味を持った方は奥深いタロットの世界に触れてみるのも面白いかもしれませんよ。

 オギ ヤスエ 記

 

(参考サイト)

運命の世界:http://www.unmeinosekai.com/index.html




スポンサーリンク


TAROT.com:http://jp.tarot.com/





注目! 島津斉興
ホントは藩政改革の成功者


1位 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


2位 本当は世捨て人だった!?
井伊直弼の生涯


3位 五代友厚(才助)
薩摩の異端児にして大阪の救世主


4位! 桜田門外の変
薩摩から見るのが面白い


5位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


6位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


7位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


8位 松平慶永(松平春嶽)
調整、調整、また調整!?


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


注目!朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


注目! 明治天皇
その功績とエピソード


-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.