歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

歴史ウォーカー

孔明の罠じゃない!イベント特盛りの【三国志祭】 今年は10月12~13日に神戸で開催

更新日:

 

 

日本人にとっての『三国志』とは、中国にある正史ではなく、横山光輝氏の『三国志』。

子どもの頃に読んだ同作品は、アラフォーになったいま見ても、同じ場面でワクワクしながら涙を流せるが、そんな横山光輝氏の故郷・神戸で毎年イベントが開催されているのをご存知だろうか?

その名も・・・。

三国志祭(10月12~13日)である。

 

そのまんまのタイトルだが、このお祭り、とにかくイベント数がハンパじゃなく、公式サイトを眺めているだけでもお腹いっぱいになるほどの内容。

気になったところをいくつかピックアップさせていただくと・・・。

大学教授が小学生のマニアとガチで対決するという、まったくもって大人げないイベント。

探偵ナイトスクープを拝見していないので詳細を把握してないが(同番組は関東で放送ナシ?)、【再対決】というからには、以前にイイ勝負を繰り広げていたということだろう。

すごい小学生がいたもんだ・・・めっちゃ見たいw

 

もちろん横山光輝氏にちなんだイベントであるから、漫画『三国志』関連のイベントもある。その一つがカルタ大会。

このイベント全体に通して言える素敵なところは、随所にシャレが効いているところだろう。

それは上記カルタ大会の告知に『意外とよく泣く名軍師』をチョイスしているところや、開催場所を【KOBE三国志ガーデン庭園】と、まるでシミュレーションゲームでお馴染みの【KOEI】を意識したネーミングにする箇所などからも察することができる。

 

また、横山光輝氏の三国志LINEスタンプで一躍有名になり、関連書籍も出している原寅彦氏が出演するイベントも絶対に見逃せない一つであろう。

13日に登場予定の原氏は・・・

トークショーを開催するとのこと。ちなみに上記の書籍は編集部内でもよく知られており、秀逸な編集とツッコミで買って損のない一冊でもある。

 

 

ほかにも・・・

三国志の武将たちが使った武器での演武会や・・・

 

三國無双のゲーム大会も開催!

まさにマニアからライトなファンまで楽しめる構成になっている(ここ、重要)。

 

今年の秋は、京都までお寺を見に行ったついでに神戸のオサレなカフェではなく、神戸で三国志を楽しんだ後に京都で寺でも見てみっかというスタンスがナウかもしれない。

 

そうだ、神戸、行こう。

 

 




スポンサーリンク


参考:三国志祭公式サイト

 

 




注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?



-歴史ウォーカー
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.