歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

歴史ウォーカー

関ヶ原の前哨戦「米野の戦い」をご存じ?【現地を歩く】

更新日:

 

9月も最後となりました。9月と言えば、関ヶ原の合戦。
その前哨戦というとやっぱりあれですよね、戦国ファンなら杭瀬川の戦いが一番に出てくるでしょう(多分)。
でも、それ以前にも前哨戦はいくらか存在したりします。
で、そんな前哨戦の中で今回、取り上げるのは、米野(こめの)の戦い(よねのではない)です。

 

この戦いの主役

この戦いで西軍側からは総大将は織田秀信。

「え?誰その人??????」

と思う人も多いかもしれませんが、織田信長の息子である織田信忠の長男であります。つまり信長の孫。あまり知られてないのも無理はありません。

基本的に歴史の表舞台で出てきたのは、清州会議で織田家の後継者として選ばれたときに秀吉に担ぎ上げられた「三法師」と言えば分かるでしょう。
その後はさして歴史の表舞台には出てこなく、関ヶ原の頃は岐阜に13万石を所領する程度でした。

 

なぜ織田秀信は西軍についたのか?

本当は上杉討伐の際に家康から参陣するように求められたときに、秀信自身も参加する予定であったのです。
ところが、一説によると、参陣しようとした際に自分が着ていく甲冑選びに時間がかかっているうちに参陣に遅れたそうなんです(オイ、オイ)。

そんなグダグダで参陣が遅れたところに石田三成が挙兵。
どうすべきかとなった時に、家臣の百々綱家や木造具康からは家康につくように言われたのですが、彼らには前田玄以に相談するように言っている間に西軍に参加することを取り決めるのです。

まあ、秀信自身、秀吉の養子の豊臣秀勝の娘を嫁にしていましたので、西軍側につく理由はありました。逆にいうと、わざと遅れて参陣することを取り決めたのかもしれません。

一方の東軍側は、池田輝政を主力としていました。この戦の前にすぐかっとなりやすい福島正則と渡河する場所について竹鼻方面か米野方面かで言い争いになったのであるが、井伊直正らが間に入って仲裁(間に入って色々する作業はつらいです)。米野方面には池田輝政ら1万8千が向かうことになったのであります。

 

スポンサーリンク

なぜ打って出たのか

ここで、疑問に思われる方もいるのではないかと思われます。せっかく岐阜城といういい城も持っているのであるしここで防衛に努めていればいいのでは?という考えもあるのです。
この時に秀信隊の人数は全部合わせても9千程度、相手は池田輝政が率いる部隊だけでも1万8千。どう考えても籠城が上策のように見受けられるのです。

ではなぜ打って出たのか?

この根拠ははっきりしていないのですが、色々な考えをめぐらせますと、秀信自身が戦の経験が少なかったため、このような判断だったのではないとの意見、祖父信長も桶狭間で大勝したことのように自身も打って出たほうがいいと厨二病を発症憧れの面や、戦の活路を見出すために行ったとか、木曾川が一つの防衛ラインとしてかなり有利な地形であったため、岐阜城自体が長期間の籠城に向かなかったといったいろいろな考察がされているのであります。

 

戦の経過

で、戦の経過はどうだったかと?

まず、西軍は河田島付近で東軍をいったん攻撃します。本当は福島隊と連携しつつ、攻撃するときには狼煙を上げる予定だったそうですが、相手から攻撃をしてきたので、池田隊がフライング(でもってまた、これが原因で瞬間湯沸かし器福島正則と喧嘩になる)。その時には、西軍はすぐに押し戻されたため米野まで後退し、池田隊が木曾川を渡河するところを迎撃します。

image002

岐阜県川島町にある案内板

この時に、織田隊は前線に百々綱家や木造具康ら総勢3500人ほどで立ち向かうことになりました。
総大将の秀信はそれよりも北にある境川の閻魔堂にて1700人ほどで待機。その他にも約3千の遊軍が控えていました。

織田隊は渡河する東軍に対して「矢来」(進軍を妨害しつつ敵を誘い込む構造の防御施設)で迎え撃つ構えを見せた。
一方の東軍は、先方は池田輝政の家臣の部隊が先頭となり、川を渡った。

image004

米野にある古戦場の柱

東軍が渡河してくるところを、誘い込み鉄砲や大筒で応戦。茂みに潜ませていた兵を巧みに利用し相手に攻勢をかける。しかし、敵の攻撃からして池田隊は相手が少数と見るや、一気に反撃してきます。さらに、前日に先鋒を任せてほしかったのだが、却下されて不満に思っていた(お前ら喧嘩しすぎだろ)一柳直盛隊も西軍側の側面を攻撃。それに対しても奮戦はしますが、時間の経過ともに敵の数に押されて西軍は敗退します。

敗退の知らせは秀信にも伝えられ、岐阜城に撤退する羽目になります。
この時に東軍が挙げた首は二百二十七。捕虜五十人という結果になったのであります。

image006

日枝神社西の案内板 なぜか西軍が千人と記載

 

スポンサーリンク

なんと一騎打ちが行われた

おおまかな戦の経過についてはこのように普通の結果なのではあるが、「え~~~いまどきそんなの流行らないよね~~~~」と言われそうなこの時代には珍しい一騎打ちの話があったとする話が残っているのです。

まず初めに行われた一騎打ちは、東軍側の一柳直盛の筆頭家老である大塚権太夫と西軍は岐阜四天王の一人(といっても残りは誰かも知らないのだが(笑))である飯沼勘平長資との一騎打ちです。
大塚権太夫はこの戦で先陣を切って戦っており、既に二人の敵将の首を上げていたのであるが、それをみた飯沼長資が「おう、何首とっとんねん。返さんかい。」といったわけではありませんが、そんな勢いで首を取り返そうと一騎打ちが行われたのでした。

この一騎打ちでは飯沼が終始押していく展開。タイマンはってるのに無粋にも、それとも自分の義務を果たすべく大塚は自分の家臣の劣勢を見て5人の兵を送りました。それをみて飯沼も兵士2人で阻みます。
そのまま支援に行けないまま、大塚は首を取られてしまったのでした。

一騎打ちはこれだけではなく、まだ一つ話があります。対戦相手は先ほどタイマンに勝ったばかりの飯沼長資と池田輝政の弟、池田長吉です。飯沼さんタフ。
この二人は、飯沼が退却途中にばったりと出くわしたものであり、飯沼から名乗りを上げられると、挑発に乗って池田弟も完全に自分がいい大人身分であることを忘れて名乗りを上げる。その様子をみて家臣たちが「マジそういうのやめて!!!」とめるのも聞かずに一騎打ちに出たのです。
両者は取っ組み合いのけんかのような一騎打ちを展開。疲労もあったためか飯沼の動きは鈍い。そうやっているうちに飯沼は打ち取られ、池田弟に軍配が上がるのであした。
この時に池田弟は、「敵ながらあっぱれ、この首を家康様にお届けする。」と告げたとされる。
ちなみに、この「弟かっこいい~~~」といわれそうな武勇伝は「美濃雑事記」に記載されています。

image008

飯沼長資の墓

戦の後の経過

で、その後は岐阜城に籠るですが、先ほどの戦で兵の損失も大きくあっさり落城。岐阜城が難攻不落とはなんだったのか。

その後、秀信は出家して高野山に入山させられたのですが、祖父の信長が一向宗と戦いなどでの仏教への迫害のせいもあってか、高野山では秀信自身が迫害をされ、しばらくして高野山を追い出されてしまいました。その後、向副村の善福寺に入り地元有力者との娘に嫁いで子供を複数もうけたそうですが、慶長10年(1605年)5月8日、26歳の若さでその生涯を閉じることになります。

岐阜城自体も、関ヶ原の合戦後に信長の威光を思い出させたりしないように取り壊して、金華山自体も入山禁止となってしまうのでした。明治時代に入るまで入山禁止が続いたのです。
(本郷和人先生が岐阜城の代わりに徳川恩顧の奥平氏が入った加納城について説明しています)

こんな感じで、関ヶ原の前哨戦でもあまり目立っていない戦いに焦点を当ててみました。いかがでしたか。

 

若年寄・記

 




スポンサーリンク


参照文献
米野の戦い リテラシー 関ヶ原の合戦は米野ですでに勝負がついていた
企画 NPO法人「笠松を語り継ぐ会」 著者 高橋 恒美



-歴史ウォーカー
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.