歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

寺社・風習 歴史ウォーカー

安芸の宮島「厳島神社」戦国ファン垂涎の豊国神社に行ってきました!(上)

更新日:

春原沙菜です。地元民による道後温泉(記事:坊ちゃんも聖徳太子も浸かった 平成版・道後温泉の正しい入り方のススメ)に続きまして、今回は紅葉シーズン直前の11月の3連休に、日本三大鳥居・日本三景の一つ世界遺産の厳島神社(宮島)の珍道中物語でございます。

1

安芸の宮島

いきなりハプニング集

どこへ行っても珍道中になりがちな私、今回もなかなかに珍道中。
広島市内から市電に搭乗、宮島まで無事到着したのは良いものの…。
まずは写真と共に笑ってやって下さい。

 

①参拝前、いざ出陣と意気込んで喫茶店でいただいた地図手に歩いて5分、地図を鹿に食われる。

鹿に食べられた…宮島の鹿強し

鹿に食べられた地図…宮島の鹿強し

②歴史好き魂を発揮し、後述の参拝マナーを徹底するも、誰一人守っていないため完全浮いた存在になる。
③チェック柄シャツ、チノパン、リュックに一眼レフという完全オタクファッションで周囲から浮いた存在になる。
④一人旅へっちゃら!と、思っていた所、厳島神社の本殿で挙式をあげている美しいご夫婦に遭遇し、若干ナーバスになる。
⑤11月とはいえ広島、熱い日差しに参ってアイスを食べ歩きしていると完食するまで鹿に付いてこられて見知らぬ人に爆笑される。

⑥フェリーの往復券を紛失。帰りは片道切符を購入する羽目になる。

⑦歩き疲れフェリーに乗船するも、幼稚園児の可愛らしい団体様が居たため座席を譲り、デッキで寒風に晒される。

以上、ハプニング報告でした。(笑)

スポンサーリンク

宗像三女神、推古天皇、平清盛毛利元就の日本史オールスターがつなげた厳島神社

言わずもがな厳島神社といえばあの海に浮かぶ大鳥居を思い浮かべることでしょう。
しかもただの神社ではなくルーツを辿れば祭神はあのアマテラスオオミカミとスサノオの誓約(占い)によって生まれたとされる宗像三女神。
推古天皇が建立の命を下し、平清盛が社殿を建立、毛利元就が社殿修復を行うという歴史好きには垂涎物のゴージャスな面々が関与しています。

宮島は厳島神社だけではなく、島全体が神体として考えられた時期もあった故か、神社仏閣が数多くあります。
全ては回りきれなかったため、厳島神社から豊臣秀吉加藤清正公が祀られている豊国神社、隣接されている五重塔というルートを辿りました。
個人的には厳島神社は勿論美しく荘厳で感動の嵐だったのですが、豊国神社の方が「秀吉!清正!」とテンションがかなり上がりました。
周りの観光客の方は一人にやけたオタクが居た事にさぞ恐怖されたことでしょう。

こ

豊国神社へ向かう

豊国神社

秀吉や清正がまつられる戦国ファンにはあつい豊国神社

豊国神社には、宮島のお土産物としても有名な宮島杓子もかなり古い物が奉納されておりかなりの見応えでした。

因みに宮島杓子はかつて修行僧が厳島神社参詣のお土産物として弁財天が持つ琵琶をイメージし、願いを込めた杓子を制作、島民に広めたのがきっかけだそうです。
なかなかマネジメントに優れた修行僧ですよね。観光協会もびっくり(のハズ)。
今では杓子屋かと思うほど、宮島杓子がお土産物店に所狭しと売られています。

参考画像「しゃくしの家」サイトより

参考画像「しゃくしの家」サイトより

次回は参拝ルールなどもっと踏み込んでおふざけナシ(?)であした公開の続編をお楽しみ下さい。




スポンサーリンク


春原沙菜・記

宮島への直前予約なら、トクー!

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-寺社・風習, 歴史ウォーカー
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.