日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




歴史ウォーカー

松江城で「リアル城攻め」が出来っぞ、いけ~っ! 今年11月14日に「鷹の爪団のSHIROZEME」開催!!

更新日:

 

戦国好きの漢(おとこ)なら、一度は攻めたい、石垣、櫓、天守閣。

それがリアルに体験できてしまうという、城汁ぶしゃ~なイベント「鷹の爪団のSHIROZEME」が今年11月14日、松江城で開催される。

 

島根県松江市にある松江城は、今年7月、国宝に指定されたばかりで、今、最もホットなお城。

4重5階(地下1階)の「望楼型」と呼ばれる天守閣を備えており、全国で現存する12天守の一つにも数えられている。

築城主は、織田→豊臣→徳川政権に仕えた堀尾吉晴とその息子・忠氏であり、戦国から近世にかけての技術を集結したバリバリのお城。そんな場所で攻城戦が行われるのだから、当サイトの読者さんであれば、熱くなるなという方が無理な話であろう。

白兵戦では陣形を組めるかも!/公式サイトより

白兵戦では陣形を組めるかも!/公式サイトより

 

具体的なイベント内容は、「大手門破り」に始まり、「仰天橋石垣登り」、「選抜斥候隊」、「白兵戦」、「弓打ち、石落とし」と、戦国ファンならヨダレもののキーワードがずらり(公式サイト参照)。

参加者は、実際の甲冑を身につけてリアルな攻城を体験するのだが、白兵戦では陣形を組んで戦ったり(ただし人数次第)、弓打ちでは的に向かって矢を放ったり(さらに石まで落としたり!?)、とにかく考えただけでもワクワクモノの催し物が用意されている。

鷹の爪団のSHIROZEME公式サイトより引用2

門を突破するのが戦国漢の夢なりね/公式サイトより

 

開催日は2015年11月14日で、参加費は大人5,000円、子供3,500円。チケットは9月4日からイープラスで発売される。

チケットの詳細情報はhttp://shirozeme.com/eventに載っており、さらにはYoutubeに興味深い動画も公開されててて・・・。

クラウドファンディング的にイベントの盛り上げを進めているもよう!

 

日頃、天守閣や城跡を巡っては昔日の面影に思いを寄せている城郭ファンの皆さま。

今こそ、積年の情熱をぶつけるときではなかろうか。

いけぇ~(谷隼人さんで脳内変換)!

 

【参考】鷹の爪団のSHIROZEME公式サイト

【TOP画像】松江城/wikipediaより引用

 




スポンサーリンク


文・編集部

 

 





注目! 島津斉興
ホントは藩政改革の成功者


1位 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


2位 本当は世捨て人だった!?
井伊直弼の生涯


3位 五代友厚(才助)
薩摩の異端児にして大阪の救世主


4位! 桜田門外の変
薩摩から見るのが面白い


5位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


6位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


7位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


8位 松平慶永(松平春嶽)
調整、調整、また調整!?


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


注目!朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


注目! 明治天皇
その功績とエピソード


-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.