歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

歴史ウォーカー

フォトジェニックな姫路城 実際に足を運んでみてわかったイイところ4つ

更新日:

去年の12月初め、@ramusara 君と岡山に行ったのですが……

その帰り、少し足を延ばして姫路城に行ってみました。実は姫路城に行くのは生れてはじめてかも……。

ちなみに、僕らが行った頃、ちょうど入場者数の記録を突破したらしい。場内は一時入場制限がかかるほど込み合っていて、床が落ちないかなーと少し心配になりました。

 世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)の2015年度の入城者数が9日、222万人を突破し、日本の城郭の年間入城者数で過去最多を記録した。これまでの最多は、熊本城(熊本市)が08年度に記録した221万9517人だった。

姫路城は約5年半にわたる「平成の大修理」を3月下旬に終え、かつての輝きを取り戻した。「白鷺(しらさぎ)城」をもじり“白すぎ城”などと話題になり、国内外から観光客が殺到。本年度は、市の想定より約1カ月早く7月に100万人を達成し、11月に200万人を超えた。来年3月末までに250万人を見込む。

市によると、姫路城のこれまでの最多は、「昭和の大修理」直後の1964年度の174万人。天守が国宝5城(姫路、松本、彦根、犬山、松江)では最も多かったが、熊本城や名古屋城、大阪城などに大きく離されていた。

神戸新聞NEXT|社会|姫路城の入城者数、日本一に 熊本城の記録抜く

姫路城のいいところその①:すぐ見える

f:id:daruyanagi:20160225174006j:plain

JR 姫路駅を降りると、すぐ見える! これはテンション上がりますな。伊予松山城もこうだったらいいのになー。JR 予讃線がちょっと辺鄙なところを走っているので、車窓から城が見えないのはちょっと残念。ぼくにお金がいっぱいあれば、三津へ寄るのは伊予鉄に任せて、高架でまっすぐ松山駅まで南進し、車窓から城が望めるようにしたい。だって、見えたらきっと行きたくなるでしょう? 見えないものを見に行こうと思うのは、事前の情報収集と行動に移す切っ掛けが要るけれども。

姫路城のいいところその②:きれいに残っている

f:id:daruyanagi:20160225175320j:plain

姫路城で「中村大佐顕彰碑」というのを見かけました。中村大佐って誰なんだろうなぁ、と思いかえって調べてみましたが――

 日本古来の城郭は兵器の発達にともなって、無用のものになり、明治6年(1873年)のはじめ、太政官は全国の城郭125の廃棄を布達し、姫路城など56の城が残されました。しかし、その後各城とも腐朽がはなはだしく、姫路城も取りこわしのため、市内の神戸某氏が23円50銭で落札したほどでした。
陸軍省第四局長代理中村重遠大佐は、先人の築いた名城はぜひ後世に残さねばならぬと考え、陸軍卿山県有朋を説いて、名古屋城と姫路城は陸軍の費用で修理することになりました。
中村大佐は、明治17年(1884年)45歳で亡くなりましたが、文武に達した古武士風の人だったといわれています。

中村大佐顕彰碑(中村重遠大佐の顕彰碑) | 姫路城の石碑・案内板 | 攻城団(全国のお城検索サイト)

f:id:daruyanagi:20160225175757j:plain

残念ながら名古屋城は空襲で焼けてしまいましたが、先人の努力のおかげで、こうして今、姫路城を見ることができるのですね。

ちなみに、松山城は明治初期に二の丸と三の丸を火災で失ったほか、廃城令で麓の建物は解体され売り払われました。しかし、本丸は公園として残され、大正12年、旧藩主家の久松家へ払い下げ。そのまま松山市に寄贈され、以降、松山市の所有となっているとのことです。山の上にあったので解体するのが面倒だったのかなぁ。あと、子規の歌などで有名になっていたのも保存の後押しになったかも。

姫路城のいいところその③:フォトジェニック

f:id:daruyanagi:20160225180320j:plain

f:id:daruyanagi:20160225180335j:plain

どこから見てもかっこいいんだよなぁ……これにはどこの城もかなわんね。

姫路城のいいところその④:ごはんもまぁまぁイケる

f:id:daruyanagi:20160225180942j:plain

ランチには“姫路おでん”を食べました。生姜醤油で食べるのがちょっと変わってるかも?

f:id:daruyanagi:20160225181136j:plain

あとはアナゴ飯なんかが有名なのかな? うまうまでした。

 

 

【執筆者】だるろぐ http://daruyanagi.jp/

本稿はサイト『だるろぐ』さんの記事「岡山から少し足をのばして姫路城へ」を転載させていただいたものです。




スポンサーリンク


他の記事をご覧になられたい方はコチラへアクセスよろしくお願いします。

 

 

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.