歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

VISITDALLASより引用

アメリカ 歴史ウォーカー

ケネディ大統領暗殺の地・ダラスには追悼施設が盛り沢山【この夏オススメの海外史跡vol.8】

更新日:

ケネディ大統領が暗殺された悲劇の地・ダラスには何があるのか?

【この夏オススメの海外史跡】第8弾はアメリカ。

さっそく市の観光局HPから見てみましょう!

 

狙撃された教科書倉庫は、現在、追悼記念館に

今回調べるまで全く知らなかったのですが、リー・ハーベイ・オズワルドが狙撃したとされる教科書倉庫は、6階部分が追悼記念館になっているのだそうです。

追悼記念館公式サイトより引用

案内を拙訳で掲載させていただきます。

当博物館は、1960年代初頭の社会的、政治的景観を紹介し、ケネディ大統領の暗殺とその後の影響などに触れながら、我が国と世界に大統領が今なお与えているものが何かを紹介していきます。感謝祭とクリスマス以外は無休ですが、曜日によって開館時間が違います。火曜から日曜までは、午前10時から午後6時まで。月曜だけ正午から午後6時にまでとなっております。

入場料は、音声ガイド込みです。なお、このガイドは、複数の言語に対応しております。65歳以上は14ドル。5歳以下は無料。6歳から18歳までは13ドル。19歳から64歳までは16ドルとなっております。

また、エルム街501の博物館ストアとカフェは、 毎日午前9時30分から午後6時までご利用いただけます。

同じくサイトより引用させていただいたのが以下の当日の取材に使われた8ミリカメラです。

取材に使われた8ミリカメラ/追悼記念館公式サイトより引用

記念館のHPにもリンクされていました。

真ん中の暗殺という文字を見ると、粛然とした気持ちになりますね。

 

スポンサーリンク

オンラインで時系列に沿った暗殺当日のタイムラインを再現

興味深かったのは、暗殺当日の様子を時系列で追いかけたタイムラインという特設欄があった事でしょう。

真ん中の正方形のゲージをクリックすると、事件の前後の様子が分かります。最近に至るまでの事実判明などを盛り込んでいるのです。

試しに、撃たれた瞬間(THE PRESIDENT IS SHOT!)をクリックすると、恐らく暗殺の瞬間を最も間近に見たと思われる市民4人の聞き取り証言や、暗殺直後にリムジンに飛び乗ったシークレット・サービス(ビル・クリントというお名前だそうです)の証言などが、それぞれビデオ映像で再現されるようになっています。こうした証言が、日本などの外国からでもリアルタイムで見られるようになっているのは素晴らしいですね。是非とも実際に足を運んでみたいと思ってしまいました。

なお、表記されている時間は、いずれも中部標準時。つまり、テキサスの標準時間なのだそうです。

 

大統領のご友人が建立した記念碑も

これまた初めて知ったのですが、事件を追悼してケネディ一族と親交のあったフィリップ・ジョンソンという方が追悼の碑を建立なさったそうです。
VISITDALLASより引用させていただきます。

追悼の碑/VISITDALLASより引用

ダラス郡歴史プラザという場所にありまして、毎年数十万単位の人が訪れているのですって。

なお、悲劇の当日である11月22日(日本時間では23日)には、追悼式典が行われるそうです。

 

スポンサーリンク

オズワルドが逮捕されたテキサス・シアターは今なお健在

なお、オズワルドが狙撃後に潜伏し、逮捕されたテキサス・シアターは今なお健在。
映画だけでなく、舞台公演なども行っているようです。

THE TEXAS THEATREというリンク先がありました。

当時の写真/THE TEXAS THEATREより引用

劇場側の説明によると、落成したのは1931年4月21日。
当時の有名な建築家、スコット・デューンの設計によるもので、オペラ興業用の専用観客席や、完全耐火式で全館冷房という施設が地元では誇りとなっていました。

ただし、その知名度は、あの事件が起きるまではローカルだったとなりましょう。

当日の様子を、HPでは次のように説明しています(拙訳)。

1963年11月22日午後1時45分ごろ、約15人のダラス署の警察官が、当劇場にチケットを買わずに入館した男を探した。 その男こそ、リー・ハーベイ・オズワルドだった。警察官だった J.D.ティピット氏を殺害して逮捕され、後にジョン・F・ケネディ大統領を単独で暗殺されたという容疑で非難された。

オズワルドは、戦争の悲惨さをテーマにした映画を上映していた当劇場に逃げ込み、観客席の後方に座った。 劇場の東側で靴屋のマネジャーをしていたジョン・ブリューワー氏は、店の外を横切った怪しい男が、ラジオで報道されているティピット氏を撃った男の外見に似ている事に気付いた。ブリューワー氏は店を出ると、オズワルドが劇場に入るのを見た。そして、当劇場で働いていたジュリア・ポスタル夫人に警告した。 ポスタル夫人は警察に通報し、警官が到着した際、オズワルドを指差したのはブリューワー氏だった。

そういう経緯があったのですね。
仮にブリューワー氏がラジオを聞きそびれていたら、下手したら潜伏後に高飛び出来ていた可能性だってあったのか。

なお、事件後に世界的に有名になったせいもあってか、観光客が殺到。その利益で1965年に建物を改修し、オズワルドみたいに切符を買わずに不正入場する事が出来ないようにしたそうです。

更にその後、老朽化によって1990年代に劇場は閉鎖され、解体の危機に見舞われたのですが、2001年に501 3cジ・オーク・クリフ財団が建物を購入。
2003年には国の史跡に指定されます。

そして2010年に、劇場兼イベントセンターとして生まれ変わったのだそうです。

史跡になっていたとは…。これもこれで、歴史ですね。

ともあれ、色々と見どころ満載なテキサスのダラス。
ケネディ大統領の無念に献杯しながら、市内観光というのは有りでは?

南如水・記




スポンサーリンク


【参考】
追悼記念館
VISITDALLAS
THE TEXAS THEATRE

 



-アメリカ, 歴史ウォーカー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.