世界史

お米の歴史~Love&Riceは日本だけじゃない~全世界2/3の人が主食だった

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
お米の歴史
をクリックお願いします。

ギリシャ

BC4世紀初頭、アレクサンダー大王がインド経由でギリシャに米を持ち込んだと言われています。山羊の乳と粥を混ぜた料理は、胃の調子が悪い時に推奨されたそうです。

スペイン・イタリア

スペインの米料理といえばパエリア。イタリアならば、リゾットが有名ですね。

この地域に米食を伝えたのは、北西アフリカのムーア人と言われています。

元々あった麦の料理を米で作るようになったとも、米料理の「ピラウ」が伝播した、ともされています。

北アメリカ

北アメリカに伝わった米は、アジアではなくアフリカ原産とされています。

入植したイギリス人は、サウスカロライナは稲作に適しているとみなし、ここでアフリカ原産の米を作り始めました。

アフリカ大陸から連れて来られた奴隷は、祖国でも行っていたため稲作が得意でした。サウスカロライナの米は、「カロライナ・ゴールド」と呼ばれ高い評価を得ます。

◆カロライナ・ゴールド・ライス協会のサイト(→link

すでに18世紀の料理本に、米を使ったプディング、スープ、パンケーキのレシピが掲載されるようにもなっています。

北アメリカでの米料理は、奴隷や移民の持ち込んだ祖国の料理が混じり合い、独特の進化を遂げていったのでした。

「クレオール」や「ケイジャン」を呼ばれる料理は、まさにこうした歴史から生まれています。

ザリガニ、エビ、鶏肉、ソーセージ、はたまたリスの肉まで入れ、米にかけた料理「ガンボ」はその代表です。

イギリス

イギリスの場合は、インドを植民地化したころから米料理が広まりました。米に魚の燻製を加えたケジャリー、カレーライスがこれに該当します。

こうしたインド由来のイギリス料理は、昔は異国の味として、そして時代がくだると統治時代をなつかしむものとして、さらに現在では身近な味として親しまれています。

 

お好きな項目に飛べる目次

米はワールドワイド

あたり一面に広がる稲穂のイメージは、多くの日本人にとっては原風景です。

「瑞穂の国」は日本の美称であり、五円玉にも稲穂のデザイン。

こうしたイメージから米といえば日本……と思いたくもなりますが、前述の通り世界総人口の三分の二が米を主食なのです。

世界各地で「やっぱり米といえば、俺らの米が一番だ!」と思う人がいます。

それぞれの食べ方があるのです。

米はなんと偉大な食べ物なのでしょう。

今回調べてみて、さまざまな米料理を味わってみたいと感じました。

ホッカホカの白いご飯は、そりゃあ言うまでもなく美味しいものですが、ガンボやケジャリーもとても美味しそうではないですか。

米はワールドワイドで、その歴史は世界史そのもの。

世界に思いを馳せてその偉大な歩みを思い出しつつ、今年も新米を美味しくおいしくいただきたいと思います。

みんなが読んでる関連記事

『英雄たちの食卓』を実践!チンギス・ハンやエリザベスは何を食べてた?

続きを見る

中国料理(中華料理)の歴史
下手すりゃスープ一杯で国滅びる~中国料理(中華料理)の歴史がマジぱねぇ!

続きを見る

お好み焼きのルーツ
お好み焼きのルーツは大阪でも広島でもない? 書評『お好み焼きの物語』

続きを見る

和食の歴史
日本人が意外と知らない和食の歴史~戦国武装は包丁握り 紫式部は鰯好き

続きを見る

北海道の食の歴史
北海道は「食の歴史」も過酷そのもの!米豆が育たぬ地域で何を食う?

続きを見る

ダ・ヴィンチやビスマルク達ってどんなメシ食ってた?書評『歴メシ!』

続きを見る

イギリス料理をマズイと小馬鹿にするのはブーメラン!大英帝国の食文化考

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

Renee Marton/龍 和子『コメの歴史 (「食」の図書館)』(→amazon

TOPページへ

ef="on"]

 



-世界史