アンリ=クレマン・サンソン

ギロチン処刑の様子/wikipediaより引用

世界史

処刑人失格―あのサンソンの孫アンリ=クレマン・サンソン罷免される

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
アンリ=クレマン・サンソン
をクリックお願いします。

 

国家は死刑を恥だと感じている

現在、死刑が存続している国は徐々に少なくなっています。

死刑廃止論の目覚めは、人権の概念と同じ時期に生まれました。

フランス革命期には、ロベスピールが死刑廃止論を主張。しかし、反対多数で否決されます。

皮肉なことに、こののちロベスピエールが恐怖政治を行い、政敵を次から次へとギロチン送りを敢行。

彼は四代目サンソンの仕事を増やし、そして彼自身もまたギロチンで処刑されるのですから、どうしようもありません。

この死刑廃止論が再燃したのが、1830年の七月革命。廃止には至りませんでしたが、前進はありました。

死刑判決は以前より少なくなり、処刑場もパリの中心部にあるグレーヴ広場から町外れに移されたのです。

執行の時間帯も、街が賑わう昼間から早朝に変更されました。

実は死刑は、娯楽でもありました。

人々は処刑場に集まり、時には喝采を送っていたのです。それが、人の目に触れないようになる――よい兆候でした。

処刑人の数も減り、サンソン家でも人手を減らしました。

四代目の時は16人もの助手がいましたが、五代目では二人にまで減り、サンソン家はそれまでより手狭な家に引っ越すことにしたのです。

それでもなお死刑の完全廃絶までには、ほど遠いのですが……。

 

ギロチンを質入れする

1836年、70歳を超えた五代目アンリは、高齢のため処刑に立ち会うのを辞めました。

アンリ=クレマンは、父の目という重圧がなくなると、仕事に身が入らなくなりました。

二十年で百人以上処刑してきましたが、仕事に慣れる――ということはついになかったのです。

父の思いのために仕事を続けていたものの、その目がなくなれば、もはや続ける理由はありません。

アンリ=クレマンはストレスから逃避するように、娼館と賭博場に入り浸るようになります。

翌年、五代目アンリが死亡すると、アンリ=クレマンはますます歯止めが利かなくなります。

処刑人の家では、副業として代々医学を行っていました。死体の構造を知る処刑人は、実践的な知識を生かしていたのです。

ところが六代目のアンリ=クレマンからは、医師法が制定されていたため、この副業がなくなりました。

そのため、収入は目減りしています。

かといってサンソン家の貯蓄が不十分ということはありません。

五代目アンリは「お前が働かなくても一生を過ごせるくらいの財産はある」と言っていましたが、それは事実。

その莫大な財産を、アンリ=クレマンは父の死後僅か数年間で使い果たすばかりか、さらに借金まで重ねてしまうのです。

ついにアンリ=クレマンは、債務不履行者用の監獄へ投獄。

獄中で彼は考えました。

「財宝も集めた絵画コレクションも、ほとんど借金のかたに売り払ってしまった。あと質に入れられるような物があるだろう? ……そうだ、ギロチンか!」

フランス革命のときに考案されたギロチン台/Wikipediaより引用

それだけは手放してはならない。

普通ならそう考える大切な商売道具を、彼はアッサリ放棄するのです。

しかし、少ないとはいえ、仕事はあるもので……。

「処刑の間だけでもギロチン台を請け出したい」

アンリ=クレマンは頼み込みますが、相手は首を縦に振りません。仕方なく法務大臣に説明したところ、大臣の命令でやっと請け出せたのでした。

そうして、ようやく処刑を終えた1847年3月18日。

処刑の重荷から解放されるようにして街中をうろつき、家に戻った彼の元に一通の手紙が届いていました。

また死刑の命令書か。

憂鬱で重い封を明けると、そこに入っていたのは予想もしないことでした。

【汝、処刑人を罷免する――】

 

死刑制度はいずれ終わりを迎えるだろう

ようやく処刑人を辞められる!

同時にそれは彼が無職になることを意味しておりました。

アンリ=クレマンは田舎に引っ越して悠々自適の暮らしを送りながら、新しい仕事・収入への道を模索することになります。

そんな彼の手元に残されていたのは、莫大な量の先祖たちの記録でした。

初代はナゼ処刑人になったのか。

ルイ16世国王夫妻を手に掛けた祖父・四代目の苦悩。

祖先も彼自身も、几帳面な記録を残すことになります。

アンリ=クレマンはこうした記録をまとめ、回想録を出版しました。

かなりの長さながら、この本は大ヒット!

今もサンソン一族の苦悩が記録として残されているのは、彼の功績であります。

ギロチンを質に入れ、罷免された、一門の恥・アンリ=クレマンは、回想録出版により一族の光と影を残すことに成功したのです。

四代目サンソンは、死刑制度は廃止されるべきだと考えていました。

そして六代目サンソンことアンリ=クレマンは、必ず廃止されるはずだと確信していました。

死刑には多くの問題がつきまといます。

誤審。

当時は死刑相当とされていても、後世からすると不適切とされる事例。

死刑制度が贖罪になるとも思えません。

死刑になることをまるで反省しない死刑囚の姿も、彼は見てきました。

鼻歌を歌いつつ処刑台に引かれてゆくような者を殺しても、無意味ではないでしょうか。

むしろきっちりと罪と償わせ、罪の意識を持たせることの方が大事ではないでしょうか。

アンリ=クレマンは、百人を超える死刑囚を処刑したからこそ、死刑制度の矛盾に向き合うことができました。

そして確信をもって、死刑制度は廃止されるはずだと考えたのです。

1889年、アンリ=クレマンは89才という天寿を全うしました。

それからおよそ一世紀を経た1981年、フランスは死刑制度を廃止しました。

アンリ=クレマンが予測した未来の姿でした。

みんなが読んでる関連記事

アンリ・サンソン
人類史で2番目に多くの首を斬ったアンリ・サンソン 処刑人の苦悩

続きを見る

ルイ16世
ルイ16世は誤解され過ぎ!無実の罪で処刑されるも平和を願った慈悲王

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
安達正勝『フランス反骨変人列伝 (集英社新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-世界史