儒教とは

現在の湯島聖堂大成殿

世界史

日本史に欠かせない「儒教」って一体何なん?誰が考えどう広まった?

日本人にとって教育と言えば、長らく【儒教の経典】を読むことでした。

現在も儒教をあちこちで目にします。

15才を示す「立志」。

40才を示す「不惑」。

何気なく見かける言葉もその一つで、日本からその影響を消し去ることは不可能でありましょう。

でも、そもそも儒教とは何なのか?

元禄3年(1690年)12月22日は徳川綱吉の主導で「湯島聖堂」が完成した日。

江戸時代の儒学・学問の中心となった記念すべき日ですので、本稿では「儒教とはなんぞや?」をおさらいしてみたいと思います。

 

儒家の元祖は「周」が理想

すべての儒家の祖は、孔子とされています。

※映画『孔子の教え』

孔子の生きた春秋時代は、多くの国が分裂し、激しい争いを繰り返す時代でした。

群雄割拠の春秋時代/photo by Yeu Ninje wikipediaより引用

生涯をその苦難の中で過ごした孔子。

政争に巻き込まれ、弟子たちを失い、自分の理想とは何か追い続けながら、74年の長い人生を生き抜きます。

その孔子がまとめたものが、魯国に伝わっていた「周(BC1046年頃-BC256年)」の古い礼制です。

周こそ理想の時代とみなし、その思想を伝えることが孔子の理想でした。

 

様々な思想家のいた春秋戦国時代

中国の春秋戦国時代は、様々な思想家がおりました。

「諸子百家」と呼ばれる状態です。

その中で、儒教は「ワン・オブ・ゼム」に過ぎません。

全国を統一した秦の始皇帝は、法家思想を採用。儒家の徳治主義に対して、法治主義をとったのが法家思想です。

始皇帝~史実の生涯50年を最新研究に基づきマトメ!呂不韋や趙姫との関係は

続きを見る

この思想、たしかに合理的ではあったのですが、秦での適用は厳格過ぎて、人々の評判は最悪でした。

秦に仕えた法家の中には、非業の死を遂げた者もいます。

商鞅(しょうおう)は、八つ裂き。

李斯(りし)は、腰斬。

商鞅像/photo by wikipediaより引用

彼らは人々から同情されるどころか、

「やたら厳しい法律を作るから、自分で制定した酷刑で死ぬんだよ、ざまぁw」

と思われてしまいました。

要するに法家は、嫌われ者だったんですな。

 

漢の時代に広まる

秦を滅ぼした漢の劉邦は、お行儀の良さとはむしろ無縁の人物でした。

特に、堅苦しい学級委員長みたいな儒家のことが大嫌い。

儒家の冠にワザワザ小便を引っかけたこともあります。

劉邦/wikipediaより引用

そんな劉邦に、陸賈(りくか)という儒家は辛抱強く、儒教の経典を読み聞かせました。

「うっせーよバーカ! 俺は馬上から天下を取ったんだぞ、儒教の経典なんざ、屁のつっぱりにもならねえわ」

冷たくあしらわれても、陸賈はめげません。

「馬上から天下を取ることはできましょうが、馬上で天下を治めることはできるのでしょうか。秦だって仁義に則り、古代の聖王を見習っていたら、天下をまだ失っていなかったかもしれませんよね」

「あー……お前、学あるな。言われてみればそうかも」

劉邦もこの理屈には納得し、『そういえば……』と考えたのでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-世界史

×