メアリー・エドワーズ・ウォーカー/wikipediaより引用

アメリカ

米国初の女性軍医メアリー・ウォーカー 日本じゃ江戸時代に活躍す

投稿日:

新しいものが認められるまでには、多くの時間やらお金やら人望やらが必要となります。

どんなに素晴らしいものでも、偏見や習慣によって長く受け入れられなかったなんてこともありますしね。諸々の差別も、ゆえに解決が難しいのでしょう。

本日は近年にようやく認められた、とある女性の活躍です。

1832年(日本では江戸時代・天保三年)11月26日は、アメリカ初の女性軍医となるメアリー・エドワーズ・ウォーカーメアリー・ウォーカー)の誕生日です。

とかく女性といえば社会的に不利な立場だった時代のこと。
彼女も並々ならぬ苦労を重ねていました。

 

当初は看護師として戦地で働いていた

メアリーはまず教師として働き、途中、医学を志して当時珍しかった女性の医師となりました。

夫と一緒に開業したものの、その珍しさから信用もされず、あまり患者は来なかったようです。
そんなこんなのうちに、南北戦争が起こります。

メアリーは北軍に参加、そして従軍しようとしました。

しかし、そもそも女性の医師が世間的に認められていなかったため看護師として働き、前線に近い場所で無償で働く姿が認められ、南北戦争の後半にようやく正式に軍医と認められます。

アメリカ陸軍で初となる女性医師の登場でした。

前線を超えて敵地に入り、南軍側にいた民間人の治療も行ったため、南軍にスパイとして捕らえられたこともあります。
運良く数ヶ月後の捕虜交換の際、北軍に戻ることができ、その後は女性捕虜収容所の監督や、孤児院の院長など後方支援に回りました。

 

南北戦争後に名誉勲章 理不尽な要求に「返さんYO」

そんな感じであっちこっちで働いていたので、南北戦争後に名誉勲章を受けています。
現在に至るまで、唯一の女性受勲者でもあります。

もうちょっとそれっぽく言うと「軍人ではないが、医療者としての功績と捕虜生活の苦難に耐えたことを賞する」という経緯でした。
この時代に女性の功績を認めたというのはなかなかスゴイ話ですよね。

南北戦争が終わってから、メアリーは女性の権利や健康といった現代にも通じる分野で講師やライターとして活動し、亡くなる直前にまた一悶着ありました。

議会が「名誉勲章は直接関わった者のみ」と規定を改め、メアリーにも返還を求めてきたのです。なんだそれ、ケチすぎ。
当然のことながら彼女は拒否し、死ぬまで勲章を身に着けていました。

つまり、しばらくの間、違法に勲章を持っていて、そのまま亡くなったことになるのですが、1977年にメアリーの名誉は回復されてお咎め無しになりました。えがったえがった。

軍の間では、彼女の功績を認めていたのか。
第二次世界大戦中の輸送船にメアリーの名を冠したものがあります。輸送船というあたりがニクイですね。

 

軍事と医療は密接に関わっており

さて、軍事と医療は相反するようでいて非常に関わりが深いものでもあります。
まぁ、戦争によって各種の技術が発展するわけですから、医学もその範疇に入るということになりますかね。

そんなわけで、軍事と医療が関わるポイントをもう二つほどお話しましょう。

森鴎外と脚気の話。

乃木希典――妻と共に明治天皇に殉じた悩める軍人の生き様とは?

武 ...

続きを見る

ナイチンゲールによる野戦病院の改善。

ロシア・クリミア半島侵攻の歴史 不凍港を求め続け各国とドンパチ!

歴 ...

続きを見る

そういった話もこの分野に入るかと思いますが、その辺の話は以前しているので割愛しますね。

 

聖ヨハネ騎士団

厨二病患者大歓喜なネーミングですが、もちろんそんな団体ではありません。

11世紀頃、聖地エルサレムにイタリアの商人が作った病院を原型とし、巡礼するキリスト教徒をあらゆる意味で保護するため、騎士修道会へ形を変えました。

少しずつ軍事的な面が強くなり、修道会としての性格を残したことによって、どこの国にも完全には取り込まれず、独自の団体として存続します。

所属員は正式な騎士ではなく、あくまで「武装した修道士」。
そのため普段は聖職者としての勤めや病人の看護などをしていたはずなのですが、スレイマン1世の時代までほぼ負け知らずという戦歴も持っていたりします。
信仰が力になっていた珍しい例かもしれません。

スレイマン1世に負けてからは、地中海のマルタ島に移って「マルタ騎士団」と呼ばれるようになります。

さらに、宗教改革後は影響力と領地を失い、細分化されて各地の支部がそれぞれ活動するようになりました。
軍事的な意味は失われましたが、今でも医療団体としてイタリア軍に協力しており、国連のオブザーバーにもなっています。
今の姿のほうが聖職者として正しい感じがしますね。

 

捕虜や医療従事者に関する国際条約

戦場にルールなどないのが現実ですが、一応、近代になってからは戦場でも法律が適用されることになっています。

その中でも最も大きく変わったのは、捕虜や軍内の非戦闘員に関することでしょう。

現行のジュネーヴ条約が有名ですが、これは捕虜に対して人道的な扱いをするための国際法をまとめた呼び方です。
実は第一次世界大戦の前から類似の条約があり、欧米を主とした多数の国が批准していました。

第二次世界大戦時、日本はこの手の条約に批准していませんでしたが、アメリカから「こっちは捕虜を適切に扱うけど、そっちはどうなんだよ」(超訳)と聞かれて「おk」(超訳)と答えています。

が、実際にどうなっていたかは皆さんご存知の通りです。
ご存じない方は、くれぐれも画像検索をしないようにお気をつけ下さいね。

長月 七紀・記

【参考】
メアリー・エドワーズ・ウォーカー/Wikipedia
聖ヨハネ騎士団/Wikipedia
俘虜(ふりょ)の待遇に関する条約/Wikipediaより引用

 



-アメリカ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.