捕鯨船エセックス号

『白鯨』の挿絵/wikipediaより引用

アメリカ

クジラと漂流の恐怖~捕鯨船エセックス号は小説『白鯨』よりエグい

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
捕鯨船エセックス号
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

死の籤引

もう一艘は、ポラード船長ら8名が乗り込んでいました。

こちらはチェイスほど厳格に食糧管理をしなかったのか、1月20日には食料が尽きています。

そしてこの頃から続けて体力の尽きた者たちが、4名亡くなりました。

彼らもまた人肉食を選ぶほかありませんでした。

生存者4名は僅かな肉を分け合っていましたが、それもやがて尽きました……彼らは黙りこくっていましたが、同じ事を考えていました。

「誰か一人を犠牲にして生き延びよう……」

最年少16才のラムズデルが、そう提案します。

こういうとき、船乗りの掟では、くじ引きで犠牲者を決めることになっていました。

しかしポラード船長は首を横に振ります。

「そんなことできるか! 私が死んだら、食料にしてくれ」

ナンタケットの人々はクエーカー教徒でした。彼らは殺人も、くじ引きのような賭け事も嫌っていたのです。

「彼の言う通りだと、俺も思う……」

そう賛成したのは、ポラード船長の従弟に当たる18才のコフィンでした。

従弟に言われては、もはや船長といえども反対できませんでした。

4人は運命のくじを引きます。そして……コフィンが印のついたくじを引きあてたのです。

ポラード船長が悲痛な声をあげました。

「よりにもよってお前だなんて! 私が身代わりになる! お前に触れる奴がいたら殺してやる!」

しかしコフィンは「俺は不満なんてないよ」と言います。

ポラードをモデルにした『白鯨』のエイハブ船長/wikipediaより引用

次のくじ引きは、コフィンを殺害する者を決めるものでした。

今度の当たりは、ラムズデルです。

自らの提案であるにも関わらず、彼は拒みました。ラムズデルにとって、コフィンは親友であったのです。

ラムズデルは抵抗していたものの、やがて覚悟を決めました。

コフィンは、母親宛のメッセージをポラード船長に託しました。

「くじ引きは公平だった……」

コフィンはそう言い、静かに頭をボートの淵に乗せ、撃たれました。

息絶えた少年の体は、あっという間に解体され、食料と化しました。

ポラード船長とラムズデルは、コフィンとこのあと亡くなった一人の肉を喰らい、骨を砕き、その髄液をすすりながら生き延びていました。

1821年2月23日。
エセックス号沈没から94日目。

ナンタケット発の捕鯨船が彼らを発見したとき、骸骨のような二人は骨をかじりながらうつろな目をしていて、何が起きたかもわからない様子でした。

それでも彼らは、生存したのです。

 

白鯨の上梓

こんな恐ろしい目にあったら海を見るのも嫌になりそうですが、ポラード船長以下、ナンタケットで生まれ育った海の男です。

彼らは回復するとまた海に戻りました。

チェイスは事件を記録した『捕鯨船エセックス号の驚くべき悲惨な難破の物語』という回想録を発行しました。

この回想録を読み、インスピレーションを受けたのが、作家のハーマン・ネルヴィルです。

彼は凶暴な白鯨に挑み続ける男を描いた小説『白鯨』を発表しました。

『白鯨』の挿絵/wikipediaより引用

ちなみに鯨の襲撃で沈没させられた船は、エセックス号だけではありません。

このほかにも7件の記録があり、もっとも近年では1999年となります。

エセックス号の沈没――。

それは大自然の深淵さと人間の生……そんなことを痛感させられる悲劇であります。

なお、この事件を基にした映画『白鯨との戦い』は2015年に公開されています。

 

みんなが読んでる関連記事

三毛別羆事件に震えが止まらない……ヒグマに襲われ死者7名・重傷者3名

続きを見る

ヒグマの歴史~危険な羆と共生してきたアイヌと開拓民の対処法とは

続きを見る

漫画『ヒストリエ』で読者がのけぞった「ば~~っかじゃねえの!?」真相

続きを見る

イギリス領インドの飢餓地獄が凄絶すぎ! 飢饉は天災なのか人災なのか?

続きを見る

コブラに胸を噛ませて自殺した世界一の美女~計算通りに死ねるもの?

続きを見る

アヘンにみる英国と薬物乱用の恐ろしさ! ケシを吸ったらサヨウナラ

続きを見る

タイタニック
タイタニック号が処女航海で沈没! 生き残った人々はそのときどうした?

続きを見る

古代オリンピックは観客も超絶タフネス! 酒あり 虫あり 動物の血あり

続きを見る

モアイ像(イースター島)
モアイ像とイースター島の歴史~なぜ巨大石像は作られ廃れていったのか

続きを見る

中国『酷刑』
中国の『酷刑』が想像を絶する恐ろしさ 生き地獄と言える処刑法とは?

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

ナサニエル・フィルブリック/相原真理子『復讐する海―捕鯨船エセックス号の悲劇』(→amazon

TOPページへ

 



-アメリカ