フランス

13才の少女がフランス→スイス脱出『ファニー 13歳の指揮官』に胸打たれ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
ファニー 13歳の指揮官
をクリックお願いします。

 

太陽の位置から時刻を知り、星の位置から場所を探る

8月。
ファニーたちは児童救済協会から、スイスへと送られることになります。

サロン夫人という女性が手はずをととのえ、ファニーは母親と別れて出立。

ところが思わぬことが起こります。リーダーの17才少年が、病気の親が気になって途中の駅で降りてしまったのです。

代わって13才のファニーが、11人の子供を引率することになりました。

ショーモン城で習った地図の読み方、太陽の位置から時刻を知ること、星の位置から場所を知ることを学んでいました。

そうした知識と勇気、生まれながらのリーダーシップで、ファニーは子供たちを引率します。

時には貨物列車の隅に乗り、妹とはぐれ探しに戻り……小さなノートに何が起きたかを書き付けながら、ファニーは旅を続けます。

トラックでついにスイス国境近くまでたどりついたファニーたち。やっとこれで助かる! と、思っていると……なんと刑務所に送り込まれてしまうのです!

飢えと渇き、不安にさらされて怯えるファニーたち。憲兵が「親の名前を言うんだ!」と彼女らを脅しつけます。

ファニーは妹にユダヤ人風ではない偽名を教え込みます。

誰かが口を割ったらそれまで。しかし、どの子供たちも黙っていました。

菓子を分けて食べ、飢えをしのぎ、健気にはげましあう子供たち。

いつしか他の子供たちも合流し、総勢28人になっていました。そして……。

 

「あの子たちに最後の食事をあげましょう」

憲兵たちは子供たちに食料すら与えようとしませんでした。

ファニーたちは機転を利かせ、親切な女性用務員に空腹を訴えてなんとか食料を得ます。

しかし、彼女は恐ろしい目撃談を語ります。

駅でユダヤ人が、老人や子供まで家畜用車両に押し込められ、護送されていたと。

これからどんな酷いことが起こるのか。ファニーは気分が暗くなります。

さらに看護婦たちの会話を耳にしてしまいます。

「あの子たちに最後の食事をあげましょうか」

「そうね、そうすれば気分がよくなって、おとなしくするわね」

押し込められた部屋の外には、武装した衛兵がいます。このまま、むざむざと最後の食事をとって、護送されることになるのでしょうか?

いえいえ。
このあと、ファニーはなんと食事の場から大脱走を果たすのです!

その手に汗握る展開は、是非本書でお確かめください。

絶体絶命のピンチの中、ファニーが下した決断とその機転には驚かされます。子供たちはできる限りのことをして、生きることへと望みをつなぐのでした。

 

フランスに戻るためには莫大な費用が必要だと

勇気と機転で他の子供たちとスイスへ逃れたファニーたち。

彼女らは、スイスにこそ未来があると信じていたのに、学校に滞在する許可が下りません。

こんなに素晴らしい少女によくそんな仕打ちができるものだと、がっかりさせられます。

かくして、再びフランスに戻ったファニーを待っていたのは、帰化申請のためのテストと莫大な費用でした。

役所から意気消沈して出てくると、ファニーはある人物に出くわします。

レジスタンスの青年でした。

彼は役所にかけあい、150名ものレジスタンスの命を救った少女が、なぜ帰化のために金を払わねばならないのか、とかけあいます。

ファニーの勇気は、こうして報われました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-フランス
-