ヴィルヘルム1世/wikipediaより引用

ドイツ

ドイツ統一の皇帝ヴィルへルム1世 ビスマルクと共に国をマトメた功績とは?

更新日:

有能な家臣のせいで影が薄くなる主君――というのは歴史ではお馴染みの光景ですよね。

ときには家臣と主君の立場が実質的に逆転することもあったりして、そんなときは主の性格次第で
「信頼関係を築くことができるか」
「仲違いして殺し合いとなるか」
将来が決まると思います。

1797年(日本では寛政九年)3月22日に誕生したドイツ皇帝ヴィルヘルム1世もまさしく、そのケースに直面した主君です。
家臣は、あの鉄血宰相ビスマルク

あまりにもビスマルクの功績が大きいので、彼の名前は知っていても、
『ヴィルヘルム1世?誰それ?』
状態の方も少なくないでしょう。

そんな2人は一体どんな関係を築き上げたのか?

 

フリードリヒかヴィルへルムばかりの王サマ一家

ヴィルヘルム1世も若い頃は結構過激なこともしておりました。
が、王様になってからは立憲君主制を貫いて、大人しくしていたものです。

そもそも彼は次男だったので、お兄さんである王様が男の子に恵まれれば王位は回ってこないはずでした。

お兄さんはフリードリヒ・ヴィルヘルム4世という人なのですが、彼らの名前が長いわ&ややこしいわで大変なので、もう”お兄さん”とか”兄王”と呼ばせていただきます。

プロイセンの王様はなぜか
◆フリードリヒ
◆ヴィルヘルム
◆フリードリヒ・ヴィルヘルム
しかいません。

この兄王が脳卒中で倒れてしまったのです。
それまでは割と評判の良い王様だったんですけど、言語障害をきたしてマトモに仕事のできる状態ではなくなってしまい交代はやむを得ませんでした。

兄王に息子がいなかったため、お兄さんの存命中から「次の王様は弟さんだ」というのはほぼ決定事項だったんですね。

そしてその通りになったのですが、お兄さんは生命維持の点では頑張ったので、ヴィルヘルム1世の即位はなんと60歳を過ぎてからのことでした。
当時の平均寿命からすると「即位したところで何もできないだろう」と思われていたかもしれません。

しかし(本人を含めて?)大多数の予測は外れ。
ヴィルヘルム1世は90歳まで長生きます。

昨日お話したビスマルクの大奮戦も、ヴィルヘルム1世が生きていたからこそ。
もしも、10年、20年、早く亡くなっていたら、実現できなかったものもあるかもしれません。

 

ヴィルへルムとビスマルク 仲良くケンカしな

ヴィルへルムとビスマルクの二人は、性格的には合わないところも多かった――しかし、政治や軍事、そしてドイツ統一のための方針については「お互いに助け合う」という理想的な間柄でした。

例えば、ヴィルヘルム1世が即位した後、軍の再編成を巡って議会ともめにもめたことがあります。

このときヴィルヘルム1世はブチ切れ寸前だったようで
「お前らが言うこと聞かないならワシは辞める!息子に王をやってもらえ!」
と退位の意思を見せました。

上杉謙信も似たようなことやってましたね。
退位じゃなくて出家ですけど。

これに対しビスマルクが「私も陛下の意見に賛成です。必ず軍の改革をやり遂げましょう」と言ったため、ヴィルヘルム1世は彼を信用して宰相に任じ、自身の退位も思いとどまったといいます。

ヴィルヘルム1世(左)とビスマルク/wikipediaより引用

ビスマルクもこの時点ではまだ一介の外交官でしたので、ここが出世の糸口になると考えたのかもしれませんね。

2人は、決して馬が合う間柄ではありません。

ヴィルヘルム1世に言わせると
>ビスマルク=「不気味なヤツ」

逆にビスマルクに言わせると
>ヴィルヘルム1世=「腰が重くて困る人」

互いにそうやってディスっておきつつ、仕事においては信頼が築ける関係だったのですね。

というか、ビスマルクが、やっぱりそりの合わないモルトケという軍人ともうまくやっていますので、私情を挟まない仕事人間だったともいえそうですね。

イタリア統一運動時の3人(ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世・ガリバルディ・カヴール)もそうですが、「感情を挟まず仕事を遂行する姿勢」は現代人も手本にできるところがあるのではないでしょうか。
明治政府もこういうところ真似すれば良かったのに。

 

デンマーク戦争・普墺戦争・普仏戦争

さて、話を歴史の流れに戻しましょう。

デンマーク戦争・普墺戦争・普仏戦争の三つの戦いを経て、プロイセンは狙い通りドイツ諸国の親分になりました。

「ドイツ帝国」を作り、国内を統一することに成功したのです。
詳細は、以下のビスマルクの記事をご覧ください。

ビスマルクはなぜ「鉄血宰相」と呼ばれた?ドイツ最強の軍人ではなく文官です

1 ...

続きを見る

南部にあるバイエルンなどとはまだわだかまりも残っていましたが、オーストリアを追い出せて領地も広がったのでまあまあというところでしょうか。

当初、ヴィルヘルム1世は皇帝の位に就くことを嫌がりました。

プロイセンという国に誇りを持っていたため、国名が「ドイツ帝国」になることによって「プロイセン王国」が消えてしまうのがイヤだったそうです。なんてロマンチストな方でしょうか。

昔、大ゲンカした議会から冠を受けるのがイヤだったという話もありますが、いずれにせよ当時70代の国王にしては困ったもんです。

結局、ビスマルク以下の人々がアレコレ根回しして何とか言い包めたので、ヴィルヘルム1世はドイツ皇帝の座に着きました。めでたしめでたし。

ケーニヒスベルク城でのヴィルヘルム1世の戴冠式/wikipediaより引用

 

岩倉使節団にもアドバイス

さすがに三回も対外戦争を続けた後なので、ドイツは戦争ではなく内政に力を入れます。

統一によって民衆からの人気を得ていましたので、皇帝となったヴィルヘルム1世の発言力は強まりました。
が、独裁に走ることはありません。

ビスマルクとしては社会保険なども早く導入したのに対し、ヴィルヘルム1世が価値を感じなかったため後回しになっています。

もしここでOKが出ていれば、日本ももっと早く社会保険制度ができていたかもしれません。
岩倉使節団がやってきたのがちょうどこの頃だからです。

岩倉使節団の頃の木戸孝允(左)。ほかは左から山口尚芳、岩倉具視伊藤博文大久保利通)/wikipediaより引用

統一したばかりでドタバタしてたでしょうに、ヴィルヘルム1世もビスマルクもそんな素振りは毛ほども見せず、あれやこれやと岩倉具視たちにアドバイスをしているのは流石というか面の皮の厚さが違うというか。

しかし、うまく行っていたのはここまで。
岩倉使節団が西洋の諸々を学んで帰国し、ヴィルヘルム1世やビスマルクが世を去ってからのドイツはしばし迷走の道を辿ります。

そして二度の世界大戦に大きく関与していくのですが、それでも今EUの稼ぎ頭なんだからすげえ話ですよね。
長く培われてきた民族性や社会制度、いわば伝統のお陰でしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
ヴィルヘルム1世/wikipedia

 



-ドイツ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.