ベルクホーフでのヒトラーとエヴァ/wikipediaより引用

ドイツ

ヒトラーの毒味役を命じられたドイツ人女性 衝撃の告白~病的だった独裁者

俗に「数奇な生涯を送る」と言いますが、これはその極限でしょうか。

ドイツで年金生活者の女性(当時96歳)が、曰く。

「若い頃、ヒトラーの毒味役だったのよ。志願してやったんじゃあなくって、無理からに強制でやらされたの」

絶句するしかありません。

英国のデイリー・ミラー紙が報じておりました。

 

15人の毒味役 最後の生き残り

image002

マルゴット・ウェルクさん/デイリー・ミラー紙より引用

衝撃の告白をなさっているのは、こちらのマルゴット・ウェルクさん。サイトより引用させて頂きました。

なんでも第二次世界大戦中ずっとヒトラー用に調理されたのと同じメニューの料理を食べさせられ、その度に「これが人生最後の食事になるかもしれない」と心配なさっていたそうです。

ウェルクさんによると、こうした毒味役は全部で15人いました。

そのいずれもが、厳重に警備されたヒトラーの隠れ家にバスで連れて行かれては、したくも無い食事をさせられていたのだとか。

ヒトラーは『連合国側が自分を毒殺する』という強迫観念に取り憑かれており、それ故の災難だったのです。

 

 食事のあとにみんな号泣した理由

こうした女性の内、唯一存命なのが御本人。その証言が生々しい。

「同僚は食べ終わったら、犬みたいに泣いていたわ」

恐怖心からではなく「食べても無事生きているという事へのうれし涙だったのよ」とのことで、背筋が凍り付くような話です。

ちなみに、それでも疑念を捨て去れないヒトラーは、こうした女性が食べ終わって1時間後に手を付けていたのですって。なぜかと言うと、遅効性の毒物を使っているかもしれないからと思っていたらしい。もう、ここまで来ると病気ですな。

「何人かは、食べ始めると泣いていたの」とウェルクさん。

「今度こそ駄目かも」→「助かった!」の繰り返しで、ロシアン・ルーレットのナチス版とも言うべき行為を一日3回、しかも365日ずっとなんですから、そりゃ泣きたくもなりましょう。

戦後も長きに渡って、こうした辛い経験を口にして来なかった事には理由もありました。

ナチス親衛隊の高官に強姦されていたからです。しかも当時、夫がいたのに。その夫は、軍人として出征中でした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-ドイツ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.