ナチス「悪魔の建築家」アルベルト・シュペーア

アルベルト・シュペーア/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

ドイツ

ナチス「悪魔の建築家」アルベルト・シュペーアとその家族たち 葛藤の生涯

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
「悪魔の建築家」アルベルト・シュペーア
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

軽蔑される父親

1966年。
61才のシュペーアが釈放の日を迎えました。

獄中で彼は記録を残し、自己正当化に努めてきました。

報道陣のカメラが放つフラッシュとライト。

ジャーナリストは群れを成していた一方、姿を見せた家族は妻マルグレーテだけ。

翌日、シュペーアは15人ほどの家族親族の前にあらわれます。

誰もがぎこちない笑顔を浮かべ、戸惑いを見せました。そもそも獄中にいたばかりの人物と、そうでない人物で話が合うわけもありません。

大勢の血縁者に囲まれているにも関わらず、シュペーアは孤独でした。

その後、子供たちは父の周辺から次第に離れていきます。

17才の時以来、仲むつまじかった妻とも関係が悪化しました。妻と別居し、愛人を作ったシュペーアを、子供たちはますます軽蔑しました。

シュペーアが1981年にロンドンで客死した時、側にいたのは妻ではなく、愛人でした。

 

父と決別する子供たち

幾人かのナチス幹部の子供たちは、父の威光を追い求めるあまり、極右的な思想すら持ち、それがゆえに本人も周囲をも苦しめました。

しかし、シュペーア家は違いました。

二女ヒルデは結婚し、ヒルデ・シュラムとなりました。

彼女は社会学者となり、寛容を説くリベラルな政治家としても成功を収めます。

しかし1994年、ヒルデが「モーゼス・メンデルスゾーン賞」を受賞した時は、物議をかもすことになりました。

授賞式がベルリンのシナゴーグ(ユダヤ教の施設)で開かれるからです。

「シュペーアの娘がシナゴーグで授賞式とは……」

ユダヤ人コミュニティーの反対により、授賞式は教会に変更されました。

しかし、ヒルデがナチス高官の娘として問題視されたのは、この時くらいです。

ヒルデは父の残したナチスの略奪美術品を売却し、全額ユダヤ人向けの基金に寄付しました。彼女の言動は、父の残した罪とはきっぱり袂を分かつ者として、賞賛の対象となったのです。

三女マルグレーテ・ニッセンは、写真家として成功。

そして長男のアルベルトは父と同じ名を隠さず、父と同じ建築の道へと進みました。

2008年の北京オリンピック。

国をあげた大事業に向けて、中国政府は著名な建築事務所に様々な依頼を出しました。

その中には、ドイツ有数の建築設計事務所アルベルト・シュペーア&パートナーも含まれていました。

この事務所が、故宮と国立競技場を結ぶプロジェクトを立案すると、マスコミはこう指摘しました。

「これは“ゲルマニア”プロジェクトの再来ではないか」

確かにそうかもしれない――アルベルトはそう認めました。

無意識のうちに、あるいは血のなせるわざか。

彼の建築家としての才能は父と同じく、国威発揚につながる巨大建築物のデザインに適していました。

彼は様々なスポーツや盛大なイベントを手がけた建築者として名を馳せ、2017年9月、83才の生涯を閉じます。

父と同じ名を名乗り、父と同じ道を歩むこと。

それが彼なりの責任の取り方であったのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

ヒトラーの毒味役を命じられたドイツ人女性 衝撃の告白「これが最後かも」

続きを見る

ヒトラーに立ち向かい処刑されたドイツの若者【白バラ抵抗運動】の壮絶

続きを見る

映画『ヒトラーへの285枚の葉書』レビュー 独裁者を揺さぶる“砂粒”とは?

続きを見る

白バラの祈り
死を突き付けられても毅然と反論!ドイツ女学生を描いた映画『白バラの祈り』

続きを見る

『マーシャの日記』~リトアニアのアンネ・フランクが綴ったもう一つの物語

続きを見る

シンドラーのリスト
1000名以上のユダヤ人を救ったオスカー・シンドラー その生涯&偉業

続きを見る

ヒトラー最期の12日間
『ヒトラー 最期の12日間』凄惨な過去を直視をするのはパロディ動画に非ず

続きを見る

ドイツ兵捕虜が映画さながらに大脱走! WWⅡ末期に起きたホントの話

続きを見る

ファニー 13歳の指揮官
13才の少女がフランス→スイス脱出『ファニー 13歳の指揮官』に胸打たれ

続きを見る

鉄血宰相ビスマルク
ビスマルクはなぜ「鉄血宰相」と呼ばれたか?ドイツ最強の文官 その生涯

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『ナチの子どもたち:第三帝国指導者の父のもとに生まれて(原書房)』(→amazon

TOPページへ

 



-ドイツ
-