アレクサンドル1世/wikipediaより引用

ロシア

アレクサンドル1世は不思議王? ナポレオン軍を殲滅したロシア皇帝

ロシアのツァーリ(皇帝)として知られるアレクサンドル1世
トルストイの名作『戦争と平和』や、ナポレオン関係のドラマではお馴染みの存在であり、映像化の機会にも恵まれています。

イヴァン雷帝ピョートル大帝など。
もともとロシアではヒャッハー系の強烈皇帝が多いような気がしますが、一方で、最後のツァーリことニコライ2世を思い出して下さい。

割と線が細いというか、先祖とはちょっとキャラが違いませんか?

この繊細路線に切り替わったのは、エカチェリーナ2世の孫にあたるアレクサンドル1世あたりからの気がするのです。

ナポレオンを打ち破った名君ともされるアレクサンドル1世は
「キャラがイマイチわかんない」
「強いんだか、優柔不断なんだか」
そんなふうに評価されておりました。

後世の人がつけたあだ名は「墓場にいたるまで謎として残るスフィンクス」という、イミフなもの。
何がそんなに謎なのか?
複雑な出生、そして複雑な人生……そうした要素がまるで迷宮のような、不可解な人物を生み出すのです。

しかも彼には「光秀=天海伝説」のような、死を偽装して長生きしていた伝説まであり。
この伝説は、ロシア革命以前は「史実」として認識されていて「聖アレクサンドル」を讃える教会まであったというのですから、ただごとではありません。

一体どのような人物だったのでしょうか。

 

女帝のご自慢はイケメンで聡明な孫

1777年12月23日。
少し早めのクリスマスプレゼントが、ロシアの宮廷にもたらされました。

「んまぁ、アレクサンドルちゃんってば、何てイケメンなのかしら♥ まるで天使、神童、賢くって、素敵な坊や……」

孫、しかも初孫となれば、祖父母はメロメロになるもの。
しかしこの女性の場合、やりすぎではないかと思われました。

なんせ彼女は、生後間もない孫を仕事部屋に連れ込み、その動きをじっと観察していたのです。
彼女は、単なる祖母ではありません。
ロシア全土の頂点に君臨する、女帝なのです。

孫のために特別な育児服まで考案し、アルファベット学習法まで考え出した彼女こそ、偉大なる女帝エカチェリーナ2世。

女帝エカチェリーナ2世/wikipediaより引用

彼女はこの孫にメロメロになり、彼のためなら何でもすると、教育係を多数集めました。
しかしなぜエカチェリーナ2世は、こうも孫を溺愛したのか。

アレクサンドルが超イケメンということもあるのでしょう。
成長したアレクサンドルは、誰もがみとれる、春風の微笑をたたえた美男子になったのです。

「ああ、アレクサンドルちゃんのイケメンぶりってば、神々しいわ、まぶしいくらい。“ベルヴェデーレのアポロン”そっくりよ♥」
女帝は孫を、太陽神の像に喩えたほどです。

ベルヴェデーレのアポロン/photo by Livioandronico2013 wikipediaより引用

 

ブサメンの息子より孫を溺愛

若い頃は、恋多き女として知られたエカチェリーナ2世。
もうそのころの愛欲は枯れたとはいえ、最愛の孫がイケメンであるということに、ハッピー以外の言葉が見つからなかったことでしょう。

とはいえ、アレクサンドルとしては、祖母の溢れんばかりの愛情と過干渉を、素直に受け取っていただけではありません。

アレクサンドルは本人の目の前では天使のようにふるまいながら、相手が退席すると弟と共に悪口を言いまくる――という哀しい二面性を幼いうちから習得してしまったのです。幼い頃から、彼は本心を隠す才能に磨きをかけたのでした。

「どうしてあんな粗暴なブサメンから、賢くてイケメンのアレクサンドルちゃんが生まれたのか。不思議よねえ」

これは酷い話ではあるのですが……エカチェリーナ2世は、息子であり皇位を継ぐことになるパーヴェル1世とは険悪な仲でした。

エカチェリーナ2世の目から見ると、パーヴェルは鈍重で粗暴、ルックスも残念。
しかもクーデターで追い落とした夫そっくり!ですから、たとえ我が子であろうと愛せない。

パーヴェル1世(確かにイケメンとは言いがたいかもしれませんが、酷い話です)/wikipediaより引用

一方のパーヴェル1世からすれば、母親はとんでもない悪女です。

父を退位に追い込み、多数の愛人をベッドに連れ込んだふしだらな女。
本当の父親はエカチェリーナ2世の夫ピョートル3世ではなく、誰かすらわからない愛人であると噂されていたのです。

そんな母子がわかりあえるわけもなく……賢く、美しく、イケメンに育てば育つほど、女帝は息子をすっ飛ばして、皇位をこの子に継がせたい、と思うようになったのでした。

同時に、パーヴェルとアレクサンドルの父子関係に暗い影を落とすのでした。

エカテリーナ2世がメロメロになっていたアレクサンドルの美少年時代/wikipediaより引用

 

天使と悪魔のささやき

1796年、エカチェリーナ2世が崩御すると、アレクサンドルの父であるパーヴェル1世が即位しました。

「あのばあさんに愛されて、お前がすぐにでも皇帝になれると思ったか?」
パーヴェル1世は、女帝に溺愛されていた我が子に冷淡でした。

生前のエカチェリーナ2世は、ひそかに我が子を飛ばして孫に直接皇位を継承させようと工作していました。
彼女の突然死(といっても十分長生きでしたが)によってこの計画も消失。

このときのアレクサンドル1世の性格が実に複雑でして。
「僕は宮廷が嫌いだ……皆嘘つきで、こびへつらってばかり。愛する妻と田舎で静かに暮らせたらいいのに」
「注目を浴びるって気持ちいい! 皇帝として理想の治世を目指したい!」
そんな安寧と権勢、どちらも欲しいと思う気持ちが同居していたのです。

さらには、
「父をとばして皇位継承できれば最高だ。名君である祖母もそう願っていたことだし。祖母の急死が残念でならない」
「駄目だよ、そんなの父上に対して申し訳ない! これでよかったんだ、これで……」
という気持ちも同居しています。
常に天使と悪魔が正反対のことを頭の中でささやいているようなモンですね。

パーヴェル1世は帝位に就くと、エカチェリーナ2世が持ち込んだドイツらしさや優美な女性らしさを否定。
男性的でロシア的な秩序を取り戻すべきだと行動しました。

これまたアレクサンドル1世は複雑な気持ちを抱いておりまして。
「啓蒙君主の理想、自由主義的な空気は、父上の統治下では消えてしまうのだろうか? このままロシアは野蛮な国に戻るのか?」
「軍服、火薬の臭い、うーん……これぞ男の世界って感じ! 皇帝たるものこうでなくっちゃ」

ああ、めんどくさいなあ、もう!

常に矛盾を内包していたアレクサンドル1世。
これは彼の生い立ちに原因がありました。

スイス人でジャコバンの流れを汲む家庭教師ラアルプからは、民を愛する君主となるべく、自由主義を。
サルトゥイコフ将軍からは、ロシア最高の軍人として、民の自由を容赦なく潰すような厳しさを。

相反するような教えを同時に学んでおりました。
文武両道どころか、文武分裂してしまったんですね。

しかし、そんなアレクサンドル1世と違って、部下の貴族はある意見で一致しておりました。

「パーヴェル様は横暴で、外交センスが無茶苦茶。こりゃどうにもいかん。アレクサンドル様を担ぎ出そう。イケメンで大衆受けもバッチリだし、あのエカチェリーナ様から英才教育を受けたわけだし、イケるだろう」

即位からわずか5年目。
貴族たちはパーヴェル1世暗殺計画を練っていました。
フランス革命後の混乱の中を乗り切れるほどの政治センスがなく、横暴。理由はそんなところです。そして……。

夜、ベッドで眠っていたところ、皇帝は暗殺されました。

パーヴェル1世の暗殺/wikipediaより引用

 

父を殺す陰謀に一枚噛んでいたのか?

この事件をふまえて、毒舌で知られるフランスの政治家タレーランはこうコメントしました。

「暗殺というのは、ロシアでもっともよく用いられる免職方法ですなァ」

暗殺団はアレクサンドルの元を訪れ、帝位に就くよう促します。

しかし、このあとのアレクサンドル1世の言動が不可解であるため、歴史家は今に至るまで混乱させられるのです。

「ああ、クーデターだなんて、なんということだ、おそろしい!」

アレクサンドル1世は父の暗殺を深く嘆き悲しみ、強烈なトラウマすら抱えたものの暗殺団を処罰しません。
そしてそのまま、23才の新皇帝になったのです。

もしかして父を殺す陰謀に一枚噛んでいたのか?
家臣の単独行動か?
気弱な性格が災いし、陰謀を黙認してしまったのか?
父の死を望んでいたのか?
そうではなかったのか?

そうといえるし、そうともいえない。答えはそんなところかもしれません。
なんせややこしいものを抱えているのです。

 

アウステルリッツで敗北

即位したアレクサンドル1世。
彼は自由主義思想を重んじ、啓蒙君主らしさを持つ若き君主でした。

そのころ、ヨーロッパはナポレオンが台頭し、ロシアもその脅威に怯えていました。
彼は父の中立路線外交を転換させ、ナポレオン包囲網に参加することにします。

アレクサンドル1世は凛々しい軍服と、きらびやかな閲兵式を好みました。
しかしその一方で、血みどろの戦争は考えるのもおぞましいとも思っていたのです。

アレクサンドル1世着用の軍服/photo by Mathiasrex wikipediaより引用

戦争で勝利する英雄にも憧れるし、平和をもたらす名君にも憧れる。
彼の理想は、ナポレオンを倒し、ヨーロッパを救う若き英雄王となることでした。

そしてその機会は、1805年に巡ってきます。
イギリスの誇る英雄ネルソン提督が、その命を散らしながらもトラファルガーの海戦で破った、その年の冬。

「アンチキリストの暴君、コルシカの食人鬼、ナポレオンを倒す機は熟した!」

12月2日、オーストリア帝国とロシア帝国の連合軍が、ナポレオン率いるフランス帝国と激突します。
三つの帝国、三人の皇帝がぶつかった「アウステルリッツの戦い」は、別名「三帝会戦」とも呼ばれました。

アウステルリッツの戦い/wikipediaより引用

当初、数で勝る連合軍は勝利を確信していました。
アレクサンドル1世も勝利を確信していました。

しかし、相手は全盛期のナポレオンです。彼の配下の元帥たちも名将揃い。

勝てる――という確信はすぐまた苦い涙に変わってしまいました。
アレクサンドル1世は、涙のつたう頰をハンカチでぬぐいながら敗走したのです。

トラファルガーの戦いにおける大敗北もなんのその、ナポレオンの復活です。

トルストイの名著『戦争と平和』の主要人物でもあるアンドレイが参戦したのも、この戦いでした。

※BBC製作2016年版『戦争と平和』より、アウステルリッツの戦い。灰色の騎兵がロシア軍、青い歩兵がフランス軍

 

ナポレオン大好き! ティルジットの和約を結んじゃえ

「ここのところずっと考えていたんだけど。ナポレオンってそんなに悪い男じゃないかもしれない。ここは和約を結んではどうかな?」

這々の体でロシアに戻り、連敗を重ねたアレクサンドル1世はそう考えるようになりました。
のちの行動を考えると「嘘つけ」と突っ込みたくもなるのですが、これもまた本心であり、そうではないのかもしれません。
祖母エカチェリーナ2世を愛しながら憎んだように、強大な名君に対して相反する感情があったのでしょう。

1807年、アレクサンドル1世とナポレオンは「ティルジットの和約」を結びました。

アレクサンドル1世とナポレオン/wikipediaより引用

両者は対称的でした。

ナポレオンは小柄で肥満し始めており、粗野で、叩き上げで、極めて実務的な男。
一方のアレクサンドル1世は長身でスタイル抜群です。
優雅で、祖母の愛にくるまれて育ち、理想主義者でもありました。

「あなたはイギリス人を憎んでおりますが、それは私も同じこと。貴殿の行動に対して、私が援助を惜しむことはありません」
「おはんなアレクサンドルさぁか。和平は成立したよなものござんで。すっぱいがうまくいくんそ」

この二人のうち、流暢なフランス語を話すのは、アレクサンドル1世でした。
彼は家庭教師から美しいフランス語を習っていたのです。当時のロシア貴族は、フランス語を話せることが嗜みでした。

一方のナポレオンは、きついコルシカ訛りが抜けませんでした(ここでは薩摩弁で表現しています)。
今ではおなじみの「ナポレオン」という名前も、当時は「なんかダサいローカルネーム」とみられていたのです。

何かと正反対の二人でしたが、たちまち意気投合。二時間ぶっ通しで会話し合い、熱い抱擁すら交わしたのでした。
ナポレオンは、アレクサンドルが自分の虜になったと確信したのです。しかし……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-ロシア

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.