日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

イギリス ドイツ WWⅡ

ドイツ兵捕虜も映画さながらに大脱走! 第二次世界大戦末期のイギリスで起きたホントの話

投稿日:

戦争映画の定番といえば、脱走モノ。
ざっと挙げられるだけでも「第十七捕虜収容所」「大脱走」「勝利への脱出」などがありますよね。

こうした映画の設定は、ほとんどが「連合国軍の兵士がナチスの捕虜収容所から脱走する」内容ばかりで、その逆は、滅多にありません。
せいぜい「マッケンジー脱出作戦」ぐらいでしょうか。

たまたまネットサーフィンしていたら、上記のように「ドイツ兵による連合軍の捕虜収容所脱出」が実際に行われていた事を知りましたので、これも何かの縁と思って紹介させていただきます。

 

英国サウスウェールズにあった、ドイツ兵捕虜収容所

くだんの捕虜収容所は英国サウスウェールズ州のブリッドジェンドという場所にありました。

英国のエクスプレス紙が報じています(2017年9月1日付け)。

ドイツ兵捕虜収容所/エクスプレス紙より引用

グーグルで地図検索してみたら、こんな場所でした。
海辺に近いのですね。

このブリッドジェンドで、1945年3月10日に70人の捕虜が脱走を試みました。

有名なバルジ大作戦も失敗に終わり、どう見てもドイツ側の敗色が濃厚だった頃です。

 

スポンサーリンク

「大脱走」そのまま、こっちも大掛かりなトンネルを掘る

方法は、映画「大脱走」そのまま。
つまり、大掛かりなトンネルを掘ったのです。

こうしたトンネルの中でも、屈指の規模だったそうですが、戦後は立入禁止となり、入り口が封鎖されていました。

今回、専門家が30フィートだけを調査してみたところ木材を使った梁が当時そのままの状態で、頑丈な作りに感心したとの事です。

なお、木材は盗んできたベンチを流用していたのだとか。
ただただ凄いの一言につきますね。

さて、この捕虜収容所ですが、もともとは近所の軍需工場の女性労働者向けの保養所として建設されました。

その後、ノルマンジー上陸作戦を控えたアメリカ軍兵士のキャンプに転用。
さらに、上陸作戦後は大量の捕虜が出るのを見越して、ドイツ兵捕虜収容所になったのだそうです。

歴史家で、保存団体の会長を務めるブレット・エクソストン氏はかく語ります。

「最盛期には2000人が収容されていました。宿泊小屋も30軒が作られていました」
かなりの規模ですね。

エクソン氏によると、ここに入れられたドイツ兵は、即座に脱走を計画し始めます。

地元の人によると、最初のトンネルが見つかったのは1945年1月。兵士らには警告がされたそうですが、無視されました。

「2つ目のトンネルはハット9と呼ばれる小屋から掘られはじめました。鉄条網に近く、見つかりにくかったからです。一帯の地層はオレンジ色だったので目立ちやすく、兵士らは偽の壁を作り、その中に土を押し込める工夫をしていました」(エクソストン氏)

掘られた穴の跡が今も……/エクスプレス紙より引用

使ったのはナイフ。
空き缶を使って送風管を作り、そこから手押しのファンで作業に当たる兵士らが呼吸困難にならないようにしていました。

盗むベンチがなくなると、今度はベッドを壊して梁としていました。

ちなみに、外に出ても怪しまれないように、偽造の身分証明書や地図をあてがわれていたそうですから、映画「大脱走」そのまま。
いざとなると、人間って同じような事を思いつくものなのですね。

さらには、迷っているところを見られて怪しまれないようにと、コンパスまで作っていたとの事で……さすが技術大国ドイツ!

 

スポンサーリンク

3月10日に決行! 70人の運命やいかに?

そして、3月10日の夜、脱走が結構されます。

ところが、ここでアクシデントが。
看守が警戒のサーチライトを回している内に、白いカバンがフェンス際にあるのを発見。
「さては脱走だな」と大騒ぎになったのです。

ドイツ兵側も必死の抵抗を試みます。
その際、看守1人がトンネルの出口に落ちてしまい、ドイツ兵1人が撃たれたとか。

それやこれやで、結局脱出できたのは70人。4時間にも渡る騒動となりました。

※こちらの動画は、第二次世界大戦の戦勝記念日に、捕虜収容所を訪れるドイツ政府関係者(エクスプレス紙より引用)

「陸軍と警察などによる大掛かりな捜索が行われました。地元の農夫らには、警戒を怠らず怪しい人物を見かけたら通報せよと命令がくだされました」とエクストン氏。

一方、捕虜収容所の監視体制を巡って非難が集まります。計画が周到だった事や、そもそも保養所になるようなところなので周辺の状況がどうなのかが兵士らに把握できた事(つまり「俺達は今この辺に収容されている」と分かってしまった)、さらには探照灯が少なかった事などの不備が判明したからです。

 

ヤバイ! 軍需工場が破壊されるかも!!

さて、BBCが検証報道をしたところでは、当時の治安関係者は、ある事態を想定して青ざめたそうです。

そう、最初にも書きましたが、ここは元軍需工場の女性労働者の保養所。
その軍需工場が当時も稼働していたのです。

そうなると誰もが考えるのが
「ヤバイ! 工場が破壊されるかも!!」
ですよね。

もっとも、脱走兵らは工場には目もくれませんでした。
複数のグループに分かれて行動したのですが、その1つはハンス・ハルズハイムという歩兵が指揮を取り、現場近くで医師が保有していたオースティン10という車を盗みました。
検問にも引っかかったものの、脱走を知らなかった非番の看守に通行を許されたとの事ですから、ラッキーだったのですね。
ここらが映画「大脱走」との違いでしょうか。

グループが目指したのは、ロンドン郊外のクロイドン飛行場。車に乗っていた兵士の一人がパイロットだったので、飛行機を盗んで祖国に戻ろうと思い立ったのです。ここらも映画「大脱走」を彷彿させますね。

ただ、映画との違いは、飛行機が盗み出せなかった事でしょう。
途中で車がガソリン切れとなり、グロチェスターという場所近くで動けなくなってしまったのです。

それでも諦められなかったのか、ノルウェー人のふりをしてバーミンガム郊外まで列車で移動しますが、とうとうそこで運がつきて捕まってしまいました。

 

やはり映画と同様に、うまく行かず

他のグループも、途中まではうまく行ったものの、結局は似たような運命を辿りました。

ある脱走兵2人はブリッドジェンドから8マイル離れたところで、警察に御用。下着に地図を隠していたのが決め手となりました。
別のグループは、アクセントを不審がられて通報されてしまい、お縄となっています。

一番遠くまで逃げたのはサウサンプトン。1週間後に逮捕されました。

これでめでたしめでたしかと思いきや、尾ひれがついた噂が英国中を駆け巡ります。
曰く、政府が隠蔽工作をしているぞ。数百人がドイツに戻ったらしいぞ、などなど。
「治安当局は何をしていたんだ」との非難も上がりました。

事件後に、収容所は閉鎖され、捕虜はノッティンガムシャーの別の収容所に移送されます。
その中には逮捕後に連れ戻された捕虜2人がいたそうですが、その1人は「良いスポーツとなった」と嘯いたと伝えられています。

英国側に大恥をかかせたという点では、一定の目的を達成した格好となったようです。

 

恥ずかしかったのか……英国サイドに戦後の記録は無く

こうした事実は、今回の報道まで待たなければならなかった模様。英国政府が恥と思ったらしく、戦後の記録らしき記録が残ってなかったからです。

ちなみに、映画「大脱走」の方は記録がきっちり残っています。
ベルリン郊外のスタラグ・ルフトIIIという捕虜収容所からの脱走だった事や、50人の捕虜が見せしめのために射殺されたなどが判明しています。

なお、ブリッジビルドの収容所は、戦後もう1度活用されます。
今度はニュルンベルグ裁判の被告席に立たされるナチス高官用の収容所としてリフォームされたのです。
もちろん、今度は厳重な警戒態勢が取られました。

やがて1990年代に撤去されました。
ハット9だけが、当時を偲んで残され、今も年に2回公開されているそうです。
壁にはドイツ兵の残した落書きも保存されているのですって。

ちなみに、トンネルの方は一般公開せず。
頑丈に作られているものの、万が一を恐れての措置だそうです。

当時のドイツの技術の高さに専門家は驚いていたそうですから、一度は見てみたい気もしますが…。

南如水・記

スポンサーリンク

【参考】エクスプレス紙

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-イギリス, ドイツ, WWⅡ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.