歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

アルベルト・シュペーア/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

ドイツ WWⅡ

ナチス「悪魔の建築家」アルベルト・シュペーアとその家族

投稿日:

両親が殺人犯として有罪判決を受けたため、息子は日の当たらぬ人生を歩むことになった――。
そんな衝撃的な人生を描いたノンフィクションTV番組が、昨年、日本で注目を浴びました。

今から70年以上前、ある子供たちも親の罪により重荷を背負うことになりました。

ナチス・ドイツ幹部の子供たちです。

第三帝国が繁栄している頃、彼らはまるで王子様やお姫様のように大切にされました。

アーリア人らしいブロンドをおさげにした女の子。
ドイツの民族衣装であるレーダーホーゼンを履いた男の子。
無邪気に微笑みながら、「ヒトラーおじさん」と一緒に写真や動画におさまる子供たち。

彼らは無邪気で、そして父親が何をしているかについては知りませんでした。

アウシュヴィッツ所長の幼い娘は、あまりに幼く、何かを焼いた灰が飛び散っていることに何の疑問も抱きません。
空襲に焼かれ、母の腕の中で赤ん坊が死んでいく中、彼らは爆弾が一発も落ちてこない山岳地帯で、牧歌的な暮らしを送っていました。

そんな彼らの恵まれた生活は、ヒトラーの死と第三帝国崩壊によって、悪夢と変わります。

親から毒を飲まされ、殺された子。
命の危険を感じ、連合軍から逃げ惑う子。

運命は暗転したのです。

しかし、彼らが本当の苦しみと向き合うことになるのは、成長してからでした。
父の所業を知ったあと、子供たちは苦悩します。

「嘘よ、はめられたのよ! そんなに大量に、人を殺せるわけはないわ。パパは無実よ。パパはとても優しかったもの」
そう否定し、父のことを誇りに思い続け、極右活動に安らぎを見いだした娘。

「私は父の罪を償います。私が知る限りすべてのことを書き記し、未来への教訓とします」
回顧録を刊行し、極右政治に警鐘を鳴らした息子。

外国に渡り名を隠して生きた者。
罪を償うために聖職者となった者。
ぬけぬけと父の遺品を競売にかける者。
父の潜伏先のアルゼンチンまで何十年かぶりに駆けつけた者……。

そんな子供たちの中で、父と同じ名を捨てず隠さず、父譲りの才能を発揮して名声を得たのがアルベルト・シュペーア・ジュニアでした。

父は、稀代の芸術的才能を発揮し「悪魔の建築家」と呼ばれたアルベルト・シュペーア

本稿ではアルベルト・シュペーアの生涯を追いながら、残された子どもたちの境遇にも注目してみました。

 

「悪魔の建築家」アルベルト・シュペーア

アドルフ・ヒトラーには、壮大な夢がありました。

世界の首都と讃えられる、壮麗な都市を作り上げることです。
グランドデザインはヒトラー。
そして細部を設計するのは、建築家であるアルベルト・シュペーアでした。

世界首都ゲルマニアの模型/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

1905年、マンハイム。
アルベルト・シュペーアは、祖父も父も成功した建築家という、建築一家に生まれました。
虚弱体質であった彼は、頭脳で欠点を補おうとします。
祖父や父と同じく建築家となるため、大学で工学を学ぶのでした

17才の時、シュペーアは通学路で恋に落ちました。
相手はマルグレーテ・ヴェーバー。指物師の娘でした。

シュペーアの両親は、
「あんな娘よりふさわしい相手がいるだろう!」
と交際に大反対。しかしシュペーアは、6年後にはマルグレーテと結婚します。

シュペーアが学生になったころ、多くの若者はナチスを支持していました。

第一次世界大戦後、莫大な賠償金に頭を抑えられていたようなドイツ。
ナチスには、そんな閉塞感を打ち破る魅力があったのです。

1931年、シュペーアもナチスに入党。
その翌年、ベルリンにある党の建築物改築に携わります。
さらには総統官邸改修に参加し、ヒトラー本人と親しくなりました。

芸術家肌でもあったヒトラーと、若き建築家のシュペーアは、気があったようで。
職務上のつきあいだけではなく、親友として二人は接近したのでした。

ヒトラーの右腕として働くようになったシュペーアは、のちに「悪魔の建築家」と呼ばれるようになります。

ヒトラーとシュペーア/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

ヒトラーおじさんと子供たち

1934年、シュペーアは党主任建築家に就任。
同年、マルグレーテとの間に初の子となる男児が誕生しました。

彼には、父と同じ名をつけられました。
仲むつまじい夫妻の間には、子供たちが6人生まれることになります。

その4年後の1938年、一家はヒトラーの近所に引っ越しました。
幼いシュペーア家の子供たちにとって、ヒトラーは近所のおじさんでもあったのです。

ヒトラーの誕生日になると、ナチス幹部の子供たちはおめかしをさせられて、ベルクホーフにある総統の山荘に向かいました。
そこでヒトラーと一緒に、チョコレートケーキでお祝いをするのです。
無邪気な子供たちと遊ぶヒトラーの様子を、エヴァ・ブラウンが動画を撮影していました。

そこに映るヒトラーは、人のよいおじさんそのもの。
愛想が良いのに、どうにも不器用で子供のご機嫌取りは下手でした。

ヒトラーは、彼らには、とても優しかったのです。

ベルクホーフでのヒトラーとエヴァ/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

 

シュペーアの成功と家族の幸福

シュペーアはドイツの威光を輝かせるような、壮麗な建築物をいくつも手がけました。

ニュルンベルク党大会/photo by Bundesarchiv, Bild wikipediaより引用

さらに政治家としても出世を遂げます。
1942年には死亡した前任者にかわり、軍需相に就任。
軍事に関しては素人同然ながら、建築で鍛え上げた緻密な計算能力を生かすこととなります。

そんな中、シュペーアの妻子たちは穏やかな暮らしを送っていました。
各地の戦場でドイツ兵が命を落とし、強制収容所からはユダヤ人の遺体を焼却する灰がまき散らされていましたが、そんな地獄からはほど遠い日常。

ナチス幹部の子供たちは、風光明媚な山岳地帯であるベルヒテスガーデンに暮らし、そこから学校へと通っていました。

ベルヒテスガーデンの美しい眺め/photo by Mg-k - M. Klüber Fotografie wikipediaより引用

そこは耐乏生活からも、空襲で落ちてくる爆弾からも、無縁の土地でした。
ドレスデン、ハンブルク、ベルリンといった都市のドイツ市民が爆撃にさらされていましたが、そんなことは関係ありません。

ナチス高官の中には、子供を増やすために公然と愛人を作る者もいましたが、シュペーアは妻のマルグレーテだけを愛していました。

家庭には国家社会主義は一切持ち込まれず、夫婦仲は良好。
家族にとって、父は尊敬すべき存在であり、ユーモアのセンスも持ち合わせていたのでした。

建築家だけではなく、政治家としてもナチスに貢献したシュペーア。
しかしその栄光も、1945年の第三帝国崩壊によって終局を迎えるのでした。

 

スポンサーリンク

第三帝国崩壊、そして裁かれるシュペーア

1945年4月、シュペーアはもはや情勢から逃れることは不可避であると悟りました。
裏切り者と呼ばれるリスクはあったものの、彼は家族をベルヒテスガーデンから避難させることにしたのです。

その翌月、シュペーアはついに逮捕されました。
家族は、広大な屋敷から僅か二間しかない狭い家に移らざるを得ません。
妻は夫と、子供たちは父と別れることになりました。

子供たちは洗礼を受け、今や一般市民として暮らすことになりました。
むろん、ただの市民ではなく、戦犯規定がおよんでいます。

一方、シュペーアは収容所を転々とさせられ、戦犯として出廷することに。
裁判の場で彼は、自分はただの建築家で政治的には役割を果たしていないと訴えましたが、その言葉を信じる者はいません。

法廷では、ナチス幹部同士による、醜い責任の押しつけが繰り広げられました。

「シュペーアは裏切り者!」
「あいつの設計した建物を作るために、一体何人が強制労働をさせられたか!」
「ナチスのために働いたあいつは、“悪魔の建築家”だ!」

そんな非難がシュペーアには浴びせられ続けました。

ニュルンベルク裁判・後列左から3番目がシュペーア/wikipediaより引用

 

面会も手紙のやりとりも苦痛

その一方でマルグレーテは、子供たちを連れ、ひっそりと郷里マンハイムに戻りました。

「あなたも苦労なさったでしょう、それに子供たちに罪はありませんからね」
町の人々も、学校の教師も、一家に配慮はすれども、排除はしませんでした。

子供たちは父の罪を受け止めるとともに、人々のあたたかい心に接し、謙虚に生きることを選びます。

慎ましい母子家庭として暮らすシュペーア一家。
そんな一家にとって悩みの種は、戦犯となった父のことでした。

一番幼いシュペーアの子は別離の際、まだ2才にもなっていませんでした。そんな彼にとって、父親はいないも同然なのです。

後に三男のアルノルトは、こう語りました。
「1945年まで、私の前にいたのは父だった。しかし1945年以降は戦犯だった」

1953年、子供たちは父と初めて面会する機会がありました。
ぎこちなく、堅苦しい言葉遣いで対面する実の親子。
シュペーアは愕然としました。我が子との再会というよりも、壁と話しているような気すらしました。

1947年から1966年まで服役したシュパンダウ刑務所/photo by Bauamt Süd, Einofski - Herr Einofski wikipediaより引用

「パパとの面会、嫌だなあ……」
毎月1回、30分間。
子供たちにとって面会は面倒で苦痛を感じる、冷ややかなものであったのです。

獄中の父からは、時折手紙が届きました。
これに対して返信することも、子供たちにとっては重荷です。

手紙を書く際には、子供同士でニュアンスをチェックし、写真を添えました。
それは愛情というよりも、義務的に近い行為に過ぎなかったのです。

獄中のシュペーアは、手紙に添えられた写真を見てもどれがどの子か、わからなくなっていました。
それでも持ち前のユーモアセンスを駆使して、獄中生活を面白おかしく書きました。
その手紙を読んで笑ったこともある、と二女のヒルデは認めています。

あるときヒルデは、父に手紙でこう尋ねました。
「お父さんは本当に、あんな邪悪な体制に加担していたのですか」

シュペーアは長い返信を書きました。
「安心しなさい。お前のお父さんは、残虐行為のことは何も知らなかったんだよ」

しかし、ヒルデは信じませんでした。
たとえシュペーア本人が虐殺に直接加担していなかったとしても、ナチスの威光を高めるような建築物を設計したこと。政権中枢にいたことは事実なのですから。

シュペーア一家の中では「お父さん」という単語すら、口に出すことがためらわれるようになりました。
家族にとって、戦犯である父は忘れたい存在となっていたのです。

ニュルンベルク刑務所の独房のシュペーア/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

軽蔑される父親

1966年。
61才のシュペーアが釈放の日を迎えました。
獄中で彼は記録を残し、自己正当化に努めてきました。

報道陣のカメラが放つフラッシュとライト。
ジャーナリストは群れを成していた一方、姿を見せた家族は妻マルグレーテだけ。

翌日、シュペーアは15人ほどの家族親族の前にあらわれます。

誰もがぎこちない笑顔を浮かべ、戸惑いを見せました。
そもそも獄中にいたばかりの人物と、そうでない人物で話が合うわけもありません。

大勢の血縁者に囲まれているにも関わらず、シュペーアは孤独でした。

その後、子供たちは父の周辺から次第に離れていきます。
17才の時以来、仲むつまじかった妻とも関係が悪化しました。

妻と別居し、愛人を作ったシュペーアを、子供たちはますます軽蔑しました。
シュペーアが1981年にロンドンで客死した時、側にいたのは妻ではなく、愛人でした。

 

父と決別する子供たち

幾人かのナチス幹部の子供たちは、父の威光を追い求めるあまり、極右的な思想すら持ち、それがゆえに本人も周囲をも苦しめました。

しかし、シュペーア家は違いました。

二女ヒルデは結婚し、ヒルデ・シュラムとなりました。
彼女は社会学者となり、寛容を説くリベラルな政治家としても成功を収めます。

しかし1994年、ヒルデが「モーゼス・メンデルスゾーン賞」を受賞した時は、物議をかもすことになりました。
授賞式がベルリンのシナゴーグ(ユダヤ教の施設)で開かれるからです。

「シュペーアの娘がシナゴーグで授賞式とは……」

ユダヤ人コミュニティーの反対により、授賞式は教会に変更されました。
しかし、ヒルデがナチス高官の娘として問題視されたのは、この時くらいです。

ヒルデは父の残したナチスの略奪美術品を売却し、全額ユダヤ人向けの基金に寄付しました。
彼女の言動は、父の残した罪とはきっぱり袂を分かつ者として、賞賛の対象となったのです。

三女マルグレーテ・ニッセンは、写真家として成功。
そして長男のアルベルトは父と同じ名を隠さず、父と同じ建築の道へと進みました。

2008年の北京オリンピック。
国をあげた大事業に向けて、中国政府は著名な建築事務所に様々な依頼を出しました。

その中には、ドイツ有数の建築設計事務所アルベルト・シュペーア&パートナーも含まれていました。

この事務所が、故宮と国立競技場を結ぶプロジェクトを立案すると、マスコミはこう指摘しました。

「これは“ゲルマニア”プロジェクトの再来ではないか」

確かにそうかもしれない、アルベルトはそう認めました。

無意識のうちに、あるいは血のなせるわざか。
彼の建築家としての才能は父と同じく、国威発揚につながる巨大建築物のデザインに適していました。

彼は様々なスポーツや盛大なイベントを手がけた建築者として名を馳せ、2017年9月、83才の生涯を閉じます。

父と同じ名を名乗り、父と同じ道を歩むこと。
それが彼なりの責任の取り方であったのかもしれません。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
ナチの子どもたち:第三帝国指導者の父のもとに生まれて』T・クラスニアンスキ

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-ドイツ, WWⅡ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.