『レーナの日記』みすず書房

ロシア WWⅡ

100万人死んだレニングラード包囲戦~少女『レーナの日記』が凄絶すぎる

世界中で数多の悲劇が起こった第二次世界大戦。

そんな中でも、甚大な被害が出たとされているのが「レニングラード包囲戦」です。

死者数最大100万人は、日本全土の民間人死者数を上回るという凄絶なもの。

そんな最中、日記を綴り続けた少女がいました。

エレーナ・ムーヒナ、愛称はレーナ。

16才のレーナの日記は、生々しい記録に満ちています。

※レニングラードは現在、サンクトペテルブルクとなり、ピョートル1世によって造営されロシア帝国時代の首都で、美しさで知られています

嗚呼、美しきサンクトペテルブルク~世界最悪の戦場がロシアきっての観光都市に

続きを見る

 

戦争が始まるまでは、他愛のない日記だった

1941年6月22日。
それまでクラスメートの男子と女子が言い争っただとか、そんなことが書かれていた少女レーナの日記が、この日を境に一変しました。

戦争が始まったのです。

「モロトフ同志の声明を全国民が聞いた」

この日から、レーナの関心事は戦争になりました。

ナチスドイツの侵攻を受けながら、イギリスやアメリカも協力するのだから気持ちを強く持たねばと、決意を新たにした彼女。

空襲、呼び出し、疎開、共同作業。

日常生活は戦争に塗りつぶされてゆきます。

サンクトペテルブルクに建つ冬宮殿(ロシア皇帝の冬季宮殿)

そして8月には、ドイツ軍の侵攻によって生母が44才で死亡してしまいます。レーナの家庭環境は特殊で、実母ではなく伯母が母親代わりでした。

レーナはその訃報を、育ての母である伯母から聞かされます。

長く離れていた母が、状況もわからないまま惨い死を遂げたことを知り、レーナは願います。

「恋人が欲しい! 生き延びたら永遠に結ばれようねと誓い合う恋人が欲しい……」

愛しい人を失い、愛に飢えたレーナは、恋人を作ることで心の空白を埋めたいと願うのでした。

看護士として働く時も

「負傷兵の中には同い年の少年もいるだろうから、彼氏ができちゃうかも! それに私は働いて自立したい!」

と前向きな態度を見せます。

極限の状況でも青春のきらめきを求める健気な16才。

しかし、彼女の目にうつるレニングラードの街は次第に戦争の色を帯びたものに変わっていきます。

子供たちが砲弾の破片を集めて遊ぶ光景が当たり前のこととなり、ラジオから流れる曲は国歌の「インターナショナル」だけ。

いつでも避難できるよう、夜でも着替えないまま床につく日々となりました。この頃、夜間の空襲や砲撃への備えは当たり前となっていたのです。

 

老人も、若者も、男も、女も、子供も、赤ん坊までも

秋になり、ついにナチスの包囲網が完成してしまいました。

これはつまり、極端に食料が減るということ。かつては濃い紅茶と共にケーキやパンを口にしていたのに、日記からはそんな記述が減っていきます。

反比例するかのように、配給券なしでは食べられない食料がどんどん増えていきます。

とにかく食べるものがなくなった。食料品店は、からっぽの状態。

空襲と親しい人の死に悩まされたとき、レーナはこれ以上酷いことはないと思ったかも知れません。

夕暮れのペトロパヴロフスク要塞(対スウェーデンの要塞としてサンクトペテルブルク内に作られた)

しかし、本当の地獄はそれからでした。

空襲が止む代わりに、砲撃が始まったのです。

悪魔のような砲弾は、老人も、若者も、男も、女も、子供も、赤ん坊までも、区別せずに殺してしまいます。

難攻不落とされたレニングラード。

本当に、陥落しないとかあるのだろうか?

そんな不安と、この復讐を必ず遂げるという怒りの間で、レーナの心は揺れ続けます。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-ロシア, WWⅡ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.