「ペール・ギュント」作曲のグリーグ 夫婦仲睦まじく、最期は愛国心と共にノルウェーに眠る

最近では「結婚はコスパが悪い」なんて言われるようになってきましたが、幸せそうに暮らしている夫婦を見ると、「そうじゃないかもしれない」と思うこともありますよね。
本日は幸せそうすぎて妬く気にもならない(※個人の主観です)とある芸術家夫婦のお話です。

1843年(日本では江戸時代・天保十四年)6月15日は、音楽家のエドヴァルド・グリーグが誕生した日です。
この曲で有名ですね。

◆劇音楽「ペール・ギュント」より 「朝」

他には同じ劇に使われているこれとか。

◆劇音楽「ペール・ギュント」より 「山の魔王の宮殿にて」

俗な言い方をすれば、彼の作品は「キャッチーな曲」といえるかもしれません。CMなどでもよく使われているのもそのためでしょうか。
イントロから強烈なインパクトを与えてくるこんな曲を書いたのは、一体どんな人だったのでしょう。

 

母の影響でピアノを始め、中央ヨーロッパに進出する

グリーグは、ノルウェー第二の都市・ベルゲンに生まれました。

もともとグリーグ家はグリーグの祖父の代にアイルランドから移住してきていて、父は実業家、母はハンブルグで音楽や文学を学んだ才女だったことから、中流階級の上のほうという立場だったようです。
グリーグも母の影響で、幼い頃からピアノに親しんでいました。

15歳のとき、とあるヴァイオリニストに才能を見出されて、ドイツ・ライプツィヒに留学し音楽の道に進みます。作曲でもピアノの演奏でも優秀な成績を収めて、前途洋々といったところだったでしょう。

地道な努力を続けたグリーグは、20歳のときデンマークの首都・コペンハーゲンに移り、北欧の芸術家たちとも知り合います。
当時の北欧はデンマークvsスウェーデンという軸にその他の国やドイツが関係するという感じだったので、文化面では多少遅れた感が否めませんでした。

しかし、グリーグを始めとした若手の中には、中央ヨーロッパの国々で学び、地元へ帰って一旗揚げようと考えていた人もいたのです。

グリーグ/wikipediaより引用

 

ニーナのために作った曲が多いんです

彼はコペンハーゲンでは思わぬ再会を果たしました。
幼い頃よく一緒に遊んでいた、従妹のソプラノ歌手ニーナ・ハーゲルップです。10年ぶりの再会でつもる話もあったでしょうし、もしかしたら子供の頃の初恋だったのかもしれません。

将来を誓い合う仲になった二人でしたが、音楽家はいつの時代も「一か八か」的な面があるため、ニーナの両親からは結婚を反対されてしまいます。しかし、二人は家族が参列しない状態でも結婚式を挙げました。

そのせいかグリーグの歌曲にはニーナに捧げられたものも多く、仲睦まじさがうかがえます。

後年この夫妻に会ったピョートル・チャイコフスキー(「くるみ割り人形」の人)は「二人とも無邪気で率直で、好ましい夫婦だ」と評したそうですから、公私両面でお互いに最高のパートナーだったのでしょうね。

結婚した年と同じ24歳のときに、グリーグはノルウェーの楽団の指揮者に就任しました。ネックだった収入面でも安定し、幸せの絶頂……といいたいところだったでしょうが、子供には恵まれませんでした。
女の子が生まれたことがあるのですが、1歳になるかならないかで亡くなってしまい、その後は子供を授かることができなかったのです。
だからこそ、夫婦仲が良くなったのかもしれませんね。

 

あのリストに評価され人気音楽家に!

まさに「禍福は糾える縄の如し」なグリーグたちでしたが、ここに来て福が禍を凌駕するできごとが起きます。
フランツ・リストが二人を高く評価してくれたことにより、夫婦揃って国内外で人気音楽家になることができたのです。

栗原類のようなリストさん/wikipediaより引用

それによって自信がついたのか、グリーグは34歳頃から、ノルウェーの民族的な音楽や楽器を多用していくようになりました。
当時は「ドイツの音楽は世界一イイイイイイ!!」(※イメージです)という価値観が強かった中、こうした試みは異色なものでした。冒頭で挙げた「朝」にも、ハーディングフェーレというヴァイオリンに似たノルウェーの民族楽器が使われています。

こうして自らの才能や演奏技術で成功を収めたグリーグは、51歳のとき「トロルハウゲン」(”妖精の丘”の意)と呼ばれる土地に自宅を建設。その後、母国ノルウェーの独立を見届け、64歳のとき生まれ故郷のベルゲンで亡くなっています。

遺言によって墓はトロルハウゲンの岸壁に作られ、遺灰の一部は湖に撒かれました。
愛国的な芸術家は数あれど、物理的に国土と一体化(?)した人は珍しい気がしますね。もしかしたら、そのために火葬を望んだのでしょうか。

北欧でも最北端に位置するノルウェー/wikipediaより引用

彼の信仰については特記されていないのでよくわからないのですが、熱心なクリスチャンではなかったのかもしれません。
信仰よりも愛国心が勝ったとしたら、それはそれですごい話です。

愛妻ニーナは夫の死後、コペンハーゲンに移り住み、亡くなるまでグリーグの音楽を広める活動を続けたとか。
死後もリア充とかやっかむ気にもなりません。あの世でもお幸せに!

長月 七紀・記

参考:エドヴァルド・グリーグ/wikipedia エドヴァルド・グリーグ駐日ノルウェー王国大使館 ニーナ・グリーグノルウェー王国大使館 ノルウェー/wikipedia ペール・ギュント_(グリーグ)/wikipedia

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン シミルボン様への配信始めました!

LINE NEWS
LINE NEWS

Buzz Plus News

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る