日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

エイプリルフールの起源は諸説あり そもそも「ウソをついてよい」って誰が決めたの?

更新日:

 

有名な割に正体や起源が不明なものって、意外なくらいたくさんありますよね。
実は、4月1日の【エイプリルフール】もその一つです。

てっきり英語圏もしくは西欧圏で何かしらいわくがあるものかと思えば、ウィキペディア先生でも「起源は全く不明である」とスッパリ書かれています。

初めて見ましたよこんなの。

16世紀のフランス発祥説 

一応いくつか候補はありまして、その一つが16世紀のフランス説。

当時は、現在の3月25日からが新しい年とされていたことがあったそうです。そして4月1日までが新年を祝う祭りだったのが、ある王様が突然「今度から1月1日が新年な」と言い出し、これに反発した人々が4月1日を”ウソの新年”として面白おかしくバカ騒ぎをしたのだとか。

ですが王様にとっては面白くないので、逆らう人々を片っ端から処刑したという……流石血塗れ国歌のお国、やることが違いますね。

そのとき処刑された人の中に13歳の少女がいたため、彼女らへの哀悼を示す意味で13年ごとの4月1日にお祭りをするようになったのだとか。

フランス語でエイプリルフールのことを「プワソン・ダヴリル」(4月の魚)というらしいのですが、この逸話に魚のさの字も出てこない件についてはどうなんですかね。

スポンサーリンク

インド人が悟りを諦めたのが原因?

もう一つはインドを起源とするもので、昔3月下旬に悟りを開くための修行が行われていたことに由来するという説。

しかし4月1日頃には迷いが生じてしまうので、自虐ジョーク的な意味で「揶揄節」と呼んでいたのがいつの間にか揶揄とウソがすりかわり、エイプリルフールになった……という繋がってるのか繋がってないのかよくわからん話です。

宗教か民族的な何かで共通点があればまだ推測のしようもありますが、これじゃ正体不明としか言いようがないですよねえ。

スポンサーリンク

現在では各企業のジョーク合戦に

現在ではウソをついて遊ぶというよりは、各企業がジョークを飛ばしあう日になっている感が強い気がします。

ただ、ある会社のジョークを他の会社がスクープとして取り上げてしまうということがまま起こるようになったためか、最近はとんでもないウソというよりも面白ネタを書くところが増えたようですね。

以下過去の具体例をまとめてみましたが、各企業様とは何の関係もありませんのであしからずご了承ください。広告料とかもらえるんならガンガン書きますけどゲフゴフ。

その①はなまるうどん

例えば、はなまるうどん「まるごとダイオウイカ天」発売のお知らせ。

ダイオウイカは最大18mにもなりますから一般のお店では調理不可能ですし、そもそも「塩辛すぎて食べられたモンじゃない」「アンモニア臭(簡単に言うと公衆トイレのニオイ)がキツイ」というのが実際に食べた人の定評ですので、”ホントっぽくないジョーク”として成り立つところがイイですね。

今年はどんな巨大生物を揚げてくれるんでしょうか。流石に連続して似たようなネタはやりませんかね。

その②ドミノ・ピザ 

食べ物ネタでもう一つ行きましょう。

ドミノ・ピザは「20年かけて開発しました!」という自信たっぷりな広告を出していました。

開けたところの画像が何ともリアルです。非常食・アキバ名物として一時期話題になった”パンの缶詰”から着想したものでしょうか。

 

某海賊紳士の国には「これ一缶でクリスマスディナーが食べられる!」という悪夢のような缶詰が実在しているので、ピザの缶詰もそのうち本当に商品化されるかもしれませんね。

サイトを拝見していただければわかりますが、えーと、すごく……まずそうです……。

というかなぜクリスマスプディングまで入れた?

その③日本ふんどし協会

変化球どころかツッコミどころしかないのが日本ふんどし協会。

”ふんどし締め師”なる伝統の職人の後継者募集という触れ込みで、求人記事を載せていました。

下から四枚目の写真が実に・・・(´・ω・`)

ふんどしを美しく締めてくれるというのは魅力的かもしれませんが、トイレに行った後とかまた締め師の方にやってもらわなきゃいけないとなると、一日中締め師さんについててもらう必要がありそうですね。

だからこんなに給料が高いんでしょうか。

 

海外ではBBCが報じた「ビッグベンのデジタル化と時計針のプレゼント」やググる先生本社の「ユーチューブ閉鎖します」など、規模のドでかさからウソっぽさがわかるものが多いようです(ロイター参照)。

さてさて、今年はどこがどんなジョークで楽しませてくれるのでしょうか。楽しみですね。

 

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/エイプリルフール

2015年度のエイプリルフール

①インプレスの窓の杜をイソプレス「窓の社」に!

エイプリルフール

つくりが細かすぎて、ぱっと見わからないのが特徴だw

スポンサーリンク

http://www.forest.impress.co.jp/yashiro/

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.