キールで蜂起するドイツの労働者たち(1918年11月4日)/wikipediaより引用

ドイツ

第一次世界大戦の始まり終わり【ドイツ革命】から見るとスッキリする

投稿日:

世の中には「何がどうしてそうなった」としかコメントのしようがない出来事というのが多々あります。

そしてその中には「事実は小説より奇なり」で済まされないことも含まれています。
本日はそんなお話。

1918年(大正七年)11月3日は【ドイツ革命】が始まった日です。

それだけなら「ふーん」という話ですが、この革命は世界史にいろいろな影響を与えました。
一番デカいのは、第一次世界大戦終結の一因となったことです。

さっそく話がこんがらがってきましたので、まずは「ドイツにとって、第一次世界大戦とはどんな戦争だったのか」という点から見て、大幅に端折りながら振り返ってみましょう。

第一次世界大戦の主戦場はほとんど日本から遠いということもあってわかりにくいですし、今回はドイツ周辺だけに限定させていただきます。

他にもオーストリアとの関係とか他の戦線とかいろいろあるのですが、何万字になるかわからんので割愛。
きちんと知りたい方は教科書や書籍をご活用ください。

 

フランスを徹底的に懲らしめ恨みを買った?

さて、時を遡ること1870年。
当時のドイツ宰相・ビスマルクは、ドイツ統一の道筋としてフランスと戦争をしました。

普仏戦争です。

彼は計算に計算を重ねて勝利し、その後のこともきちんと考えていました。
なんせただ単に勝っただけではなくて領地や賠償金までガンガンむしり取ったのですから、やられた方にとっては「この恨み、晴らさでおくべきか」という感じになるのは目に見えています。平たく言えば復讐です。

しかし、神聖ローマ帝国の時代から群雄割拠の続いていたドイツ周辺に、フランスほどの大国と何回もガチンコ勝負をする力はありません。

そこで、ビスマルクはフランスからの復讐を防ぐため、フランス以外の国と外交関係を強化します。
「ビスマルク体制」といわれる、ヨーロッパの数少ない平和な期間でした。

ビスマルクが失脚すると、これが崩れ始めます。

ビスマルクはなぜ「鉄血宰相」と呼ばれた?ドイツ最強の軍人ではなく文官です

1 ...

続きを見る

中でもまずかったのは、ロシアとの関係が悪くなってしまったことでした。

ビスマルクは「ロシアがバルカン半島へ行くのを邪魔しないから、フランスと手を組んでウチを攻めるのはやめてね」(超訳)という条約を結んでいたのです。

ロシアの方も異存はなかったので、ドイツに「ビスマルクいなくなっちゃったけど、ウチとおたくの関係はこのままよろしく」(超訳)と言ってきました。

ところが、です。
ビスマルクが去った後のドイツは「やっぱその話無しで」と、条約の更新を断ってしまったのです。

敵を減らすための条約を更新しなかったのですから、ケンカを売るも同然ですよね。
なぜ当時のお偉いさん方がそこに気付かなかったのか理解に苦しむ……というのは結果を知っている現代人だからですよね、サーセン(´・ω・`)

 

ベルギー使ってフランスへ!という短絡的思考が……

こうして西にフランス、東にロシアという敵を抱えてしまったドイツでは、なんとかするために計画を立てました。

考えた人の名を取って「シュリーフェン・プラン」といわれるもので、ざっと以下の通りで、

「ロシアとやりあうまえにフランスを倒せば問題ないよね!」

「でも真正面からじゃキツくね?」

「そうだ、ベルギーをちょっと通らせてもらって、フランスを挟み撃ちしよう!」

「何それ、いいじゃん!!」

これまた後世からすれば「なぜ成功すると思った?」と疑問ばかりが湧いてくる計画でした。かなり短絡的な思考とも見てとれます。

というのもベルギーが中立国であり、イギリスも絡んでいたからです。

イギリスはベルギーと「もしそっちが侵略されたら手を貸すよ」という約束をしておりました。
要は、ベルギーに攻撃をせずとも、侵略とみられる行動を取れば、ベルギーと同時にイギリスも敵に回すことになります。

ついでに、当時イギリス領だったカナダやニュージーランド、オーストラリアもです。
ものすごく乱暴に考えて、フランス・イギリス(+植民地)・ロシアと同時に戦わなくてはなりません。なんという無理ゲーよ。

ここで気がついていれば、ドイツのお偉いさん方も目が覚めたのでしょうが……残念なことに、上記の通り「フランス挟み撃ちは成功するに決まってる」と思い込んでいたので、事態は最悪の方向に進んでいってしまいました。

そしてサラエボ事件が勃発!

第一次世界大戦が始まり、ドイツは予定通りフランスと戦うことになります。

進軍するドイツ/Wikipediaより引用

 

近代化兵器のため戦いが長引くジレンマ

ここでもう一つの誤算だったのは、既に兵器の近代化が実用レベルになっていたことでした。

互いに自軍の損耗を防いで敵軍を攻撃するため、塹壕に隠れては隙を突くという気の遠くなるような戦いが始まります。
「すぐ終わると思ってた」戦争のはずが、いつまで経っても終わりが見えないグダグダ展開になります。

当然どこの国でも、国民の間に厭戦感情が高まりました。
ドイツの場合、上記の通りお偉いさんのお粗末な計画で苦しい目に遭っているのですから、反感どころか憎悪にすらなっていたでしょう。
そしてそれは、軍の内部でも同じことでした。

さらに、敵であるロシアで革命が起き、帝政が打倒されたことがドイツの一般市民や兵を勇気づけます。

こうして1918年の年明けから、ドイツ国内で大規模なストライキが起こるようになりました。
いい加減、敗色が濃くなってきたことを理解したドイツのお偉いさんたちも、同年9月末からアメリカと講和交渉を始めます。

そして10月末――。
なぜか「講和するためには、ドイツ皇帝の退位が絶対条件」という噂が流れ始めました。アメリカ側ではそんな要求はしていなかったそうなのですが、不思議なものです。

当然のことながら、ときのドイツ皇帝・ヴィルヘルム2世は退位を拒否しました。

ドイツのラストエンペラーは炎上体質?ヴィルヘルム2世の往生際が悪い!

2 ...

続きを見る

 

キールという町でデモが過激化 ついに占拠へ

国民や末端の兵はそんな細かいことは知りません。

そこで堪忍袋の緒が切れたドイツ海軍の兵たちが、対イギリス海軍の出撃命令をサボタージュ。
お偉いさんたちは当然「上官の命令に逆らうとはけしからん!」としか思いませんから、サボった兵をとっ捕まえてドイツ北部のキールという町に送ります。

キールにいた兵たちは、仲間が捕らえられたのを見て、「あいつらを許してやってくれませんか」と釈放を求めたのですけれども、「はいそうですか」とはいきません。

そして11月3日、キールの町で兵や労働者によるデモが行われました。

ところが、デモを鎮圧するためとして官憲が発砲してしまい、デモが蜂起へと過激化。
ついにキールは占拠されてしまいます。

戦争でも治安維持でも、力づくではうまくいかないケースのほうが多いですよね。

ベルリンで武装抵抗する革命派/wikipediaより引用

そればかりか、この流れによりわずか4日間でドイツ西部の都市が蜂起側のものになってしまいました。いかに同意した人が多かったか。

これがドイツ革命の始まりです。

9日にはベルリンでも労働者デモが起き、ヴィルヘルム2世はオランダへ亡命。
退位したのはもう少し後のことですが、自分の国から逃げておいて皇帝も何もないですよね。

 

戦争は終わった されど火種は残った

かくして「ドイツ帝国」は崩壊。
新しいドイツ(通称・ワイマール共和国)の代表が休戦条約に調印したことで、ドイツにとっての第一次世界大戦は終わるのです。

他の戦線ではそれぞれ別のタイミングで講和しているので、第一次世界大戦に関係する戦争が全て終わったのは、1924年のことでした。

が、このとき大きな問題を残します。

新しいドイツの代表は一枚岩ではなかったため、後にヒトラーらに「あいつらが勝手に降伏した!!」(超訳)と言われ、ワイマール共和国打倒のプロパガンダに利用されてしまうのです。
経緯や実情はさておき、ともかく「火種」を残してしまったんですね。

ものすごく乱暴にまとめるとすれば、「ビスマルクすげえ」ということになるでしょうか。
自身の後継者を育てられなかったという点においては多大な落ち度がありますけれど。

ともかくヒトラーを躍進させる土壌を作ってしまったのは歴史的な悲劇でしたね。

長月 七紀・記

【参考】
ドイツ革命/Wikipedia
第一次世界大戦/Wikipedia

 



-ドイツ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.