日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた キリスト教

第1回十字軍がエルサレムを占領~日本人には理解しがたい神様のためにする戦争

更新日:

日本人にとって「神様」というと苦しいときにだけ頼る存在……ゲフンゲフン、気軽にお祈りできるような親しみあるものですよね。多神教ゆえにお稲荷様や八幡様など、いろいろな担当の神様がそこらじゅうにいらっしゃるので当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

が、一神教の世界では「神の名を口にするのは不謹慎である」というのが一般的です。もちろん信仰心の度合いや宗教・宗派にもよりますけども。
それどころか中世までは「ウチの宗教を信じる奴以外は人間扱いしなくておk」な価値観が主流だったのですから恐ろしいものです。
本日はその最たる例であろうアレのお話をしたいと思います。

 中2な聖戦士たちがエルサレム占領

1099年(日本は平安時代の康和元年)の7月15日は、第一回十字軍がエルサレムを占領した日です。
十字軍というといかにも厨二心をくすぐられますが、このときはガチで「イスラム教徒から聖地エルサレムを取り返すぞー!」というやる気満々の集団でした。
というか、二回目以降がダメダメすぎて、本来の目的を達成したのがこのときだけでした。
それでもそう経たないうちにまた追い出されているので、結果的には一回も成功したことがないのが十字軍というpg……哀しいことになってしまうのですが。

第1回十字軍(Wikipediaより)

第1回十字軍(Wikipediaより)

スポンサーリンク

キリスト、イスラム、ユダヤ教徒の共通の聖地

何であっちもそっちもエルサレムという場所にこだわるのかというと、ここは現在に至るまで三つの宗教の聖地だからです。
キリスト教にとってはイエス=キリストが処刑の後復活した地、イスラム教にとってはムハンマドが昇天した場所、ユダヤ教(ユダヤ人)にとってははるか昔の先祖の地&かつて主神殿があったところという、どこも引くに引けない理由があるのでした。

現在エルサレムはこのややこしい状態をできるだけ穏便に解決するため、各宗教の聖地ごとに区切ることで折り合いをつけています。キリスト教はゴルゴタの丘、イスラム教は岩のドーム、ユダヤ教は嘆きの壁といった具合です。そこまでかぶってなくてよかったよかった。
この壁が最初にできてれば十字軍とかその後のゴタゴタとか現在のパレスチナ問題とかなかったんじゃないか?というツッコミはやめておくことにしましょう。多分昔の人にそんなダイナミックかつ長期的な視点がなかったんですよきっと。

期間的には、イスラム教側が支配していた時代の方が圧倒的長いです。そもそも外から見ると「キリスト教(カトリック)ってローマに本拠があるくせにもう一つ聖地が欲しいとか欲張りすぎね?」と言いたくなってきますが、一神教の世界に小賢しい理屈は通用しないので仕方ありません。

スポンサーリンク

貴族から庶民まで名スピーチにあつくなって突撃

アンティオキア攻城戦(Wikipediaより)

こうしてキリスト教側が「エルサレムよこせえええええ」ということで攻め込んでいったのが十字軍です。数え方にはいろいろあり、ウィキペディア先生では9回+αになっていますね。
そして唯一その目的を達成できたのが第一回十字軍でした。
なんで上手くいったのかというと、このときのローマ教皇・ウルバヌス2世がとてもスピーチの上手い人だったので、貴族や軍人だけでなく民間兵まで虜になってしまい、とんでもない人数と団結力の軍隊ができたからでした。
要するに彼以降十字軍を呼びかけた教皇がダメダm(ry

イスラム世界の内ゲバの間隙つき

このときだけあっさり成功した理由には、エルサレムの中の事情もあります。
当時イスラム世界でもセルジューク朝とファーティマ朝という二つの国の争いが起きており、エルサレムは後者の傘下に入って一年ほど経ったばかりでした。つまり、膨れ上がった十字軍とまともに戦えるような状態ではなかったのです。
十字軍にしてみたら棚ぼた、ファーティマ朝にとっては初代ポケ○ンのライバル役みたいになってしまったのでした。
このときテンションの大いに上がったキリスト教側はイスラムの人々とユダヤの人々をこれでもかとぬっころし、ついでに周辺をキリスト教側の衛星国家で固めてしまいます。
今でも「イスラムハイケマセーン!」みたいなこと言いますけど、歴史的に見たらキリスト教側のほうがよほどけしからんどころじゃないことしてますよねえ。アンタら最後の審判の後復活できなさそうだよ(´・ω・`

いろんなキリスト国ができました(Wikipediaより)

こうしてエルサレムと周辺地域は一時キリスト教側のものになったのですが、イスラム教側も「そこウチの聖地でもあるんですけど!」と頑張りますので、そう長くは続きませんでした。
というか、全体的に見てイスラム教徒側のほうが団結力があるというか戦争が得意というか、キリスト教側がgdgdすぎて(ry
これは「キリスト教側=複数国家の連合軍」、「イスラム教側=ほぼ一つの国」であったケースが多いのも理由でしょうけどね。

さらに元十字軍の中でも「宗派が違う」とか「利害がどうたら」というくだらない理由でいざこざが起きて内部分裂という有様で、あっという間に聖地を奪い返されてしまったのでした。
誰か「アンタら今仲間割れしてどーすんだよ」「聖地で俗な争いすんじゃねえ」とツッコんでくれる人はいなかったんでしょうか。
そんなわけでこれ以降も十字軍は続き、しかし誰も一回目以上の成果を挙げることはできませんでしたとさ。あーあ。

 

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/第1回十字軍
http://ja.wikipedia.org/wiki/十字軍





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, キリスト教
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.