第一回十字軍

エルサレムの戦い/wikipediaより引用

戦争

唯一勝てた第一回十字軍!イスラム・キリスト・ユダヤ教はなぜ争い続けた?

領地を巡って争いするのは衣食住に直結するため動機もわかります。

しかし理解しがたいのが【宗教vs宗教】の戦争。

いずれも「殺生を禁じ」ていたりするのに、異教徒たちはいとも容易く殺してしまうのはなぜなのか。

とりわけインパクトの大きのがこちらの争いでしょう。

1099年(日本では平安時代・興和元年)6月7日、第一回十字軍によるエルサレム攻囲戦が開始されました。

まずは「十字軍って何ぞや?」というところから確認してみましょう。

 

キリスト、イスラム、ユダヤの聖地が集中

ものすごく不謹慎な例え方をすると、

「伝説の美少女(エルサレム)を巡って色白のイケメン軍(ヨーロッパのキリスト教徒)が地元のイケメン軍(イスラム教徒)と代々戦った」

のが十字軍です。

もうちょっと正確に言うと、色白軍団のほうが十字軍ですね。

じゃあその美少女……もといエルサレムは、どんな理由で取り合いになったのか?

これも単純な話で、「三つの宗教のどれにとっても特別だったから」です。

◆キリスト教にとってはイエス=キリストが磔刑に遭って復活した場所

◆イスラム教徒にとってはムハンマドが天の啓示を受けた場所

◆ユダヤ教にとっては遥か昔の偉大な王・ソロモンが神殿を築いた場所

つまり、「うちにとって大事な場所なんだからお前らがいるのはおかしいんだよ! こっちによこせ!!」というようなことを、お互いに言い合い殴り合いを続けてきたわけですね。

第1回十字軍時代のヨーロッパ・中東地域/Wikipediaより引用

 

十字軍の遠征時、すでにユダヤ教徒の勢力はなく

十字軍の話で、ユダヤ教は出てきませんよね。

彼ら、ユダヤ教徒(ユダヤ人)が迫害・追放を受け、この周辺地域で強い勢力を保てなかったからです。

だからヨーロッパなど他の地域にユダヤ人がたくさん散らばっているわけですね。

その理由は「イエス=キリストを処刑に追い込んだのはユダヤ人だから」というものです。

外から見ると「あのー……処刑されたほうもユダヤ人なんですけど……」とかツッコミたくなってくるところですが。

ユダヤ人は長期に渡ってアッチコッチを流浪し、「この辺でユダヤ人の国作っていいよ」と国際社会のお許しが出たのは20世紀のことでした。

聖地を取り返すどころの話じゃないですよね。

その間、アイデンティティを保つよすがになったのが、ある意味で迫害の原因でもあるユダヤ教というのは皮肉ととるべきか否か……。

そろそろ本題がどっかに行ってしまうのでこの辺にしておきますが、より詳しくお知りになりたい方は、まずマンガから入るというのも手です。

マンガと言っても中身がシッカリしたものもあり、以下の一冊なんかも非常にわかりやすく描かれております。

なぜ同じ神を別々に信仰することなったか?

絵と文字の半々で描かれている感じですね。

『まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)』(→amazon

あるいは一気に旧約聖書・新約聖書に入られてもよいかもしれません。

個人的には、まずは旧約聖書を「物語」として受け入れるのが良い気がします。

話を十字軍に戻しましょう。

 

参加したのは現在の仏・独・伊3国のみ

第一回十字軍は1096年のことでした。

【キリスト教徒vsイスラム教徒】

そんな構図ができ、ときのローマ教皇・ウルバヌス2世が呼びかけたのがキッカケです。

「東ローマ帝国が困ってるみたいだし、そろそろ聖地取り返さないとダメじゃね? みんなでやろうぜ!」(超訳)

呼びかけた――とはいえ、この頃のヨーロッパは国の形がハッキリしておらず、参加したのは現在のフランス・ドイツ・南イタリアあたりだけです。

イングランドはウルバヌス2世とケンカ中。

スペイン・ポルトガルは地元でイスラム教徒と戦っていた【レコンキスタ】で、それどころではありません。

北欧地域はまだ完全にキリスト教化していませんでした。

 

東欧地域も北欧と似たようなもの。

唯一それなりの力を持っていた東ローマ帝国が

「イスラムに負けちゃった☆ 宗派違うけど同じキリスト教徒のよしみで助けてよローマ教皇さん」(※イメージです)

って状態なので、大遠征できるのは上記の三カ国ぐらいだったのです。

これまた正確に言えば、現在とは国境が違うし国の名前も違うんですけども、まぁ、理解優先ということで。

先に結論を言ってしまうと、十字軍が当初の目的を達成できたのってこの第一回目だけだったりします。

小規模だったからうまくいったんでしょうね。

利害が絡み合うことも少なかったでしょうし。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-戦争

© 2021 BUSHOO!JAPAN WORLD