江戸時代

子供じみた跡目争いの越後騒動~最後は綱吉も絡んで切腹&改易メチャクチャだ

江戸時代

シーボルトは生粋の親日家? あの事件から30年後に再来日してましてん

江戸時代

飼い主の代わりに犬がお伊勢参り!? 江戸時代に意外と流行っていたって……

週刊武春 江戸時代 寺社・宗教

江戸時代の華岡青洲が世界初の麻酔~妻と母を犠牲にし進んだ医術の道

江戸時代 その日、歴史が動いた

歌川広重の「東海道五十三次は爆発だ!」そしてヒロシゲブルーは生まれた

江戸時代 その日、歴史が動いた

蛮社の獄と渡辺崋山 ほぼ冤罪で自害させるのは余りに惜しい人材だった

江戸時代

近衛信尋はイケメンチートなお公家さん 皇族出身ながら政宗とも飲み仲間

江戸時代 その日、歴史が動いた

賄賂の代名詞・田沼意次は星2つ 元祖【袖の下マン】は本当にお金LOVEだった?

日本史ワル査定 江戸時代

赤穂浪士唯一の生き残り寺坂信行~足軽で討入参加を許された侍の悲しき流転

江戸時代 その日、歴史が動いた

宝永地震の恐怖 49日後に富士山も噴火した巨大地震は南海トラフが震源地

江戸時代 災害・事故 その日、歴史が動いた

遠山の金さんライバル 鳥居耀蔵は星3つ! 蛮社の獄の実行奉行は妖怪と呼ばれ

日本史ワル査定 江戸時代

日本人には絶対欠かせない調味料の王様「醤油」いつ頃から広まった?

江戸時代 その日、歴史が動いた

大槻玄沢とは? 杉田玄白と前野良沢から才能を愛された一関藩の医師

江戸時代 その日、歴史が動いた

シーボルト事件はナゼ起きた?地図の交換に応じた高橋景保はどうなった?

江戸時代 その日、歴史が動いた

頼山陽と『日本外史』江戸時代にも中年デビューの作家がいた!

江戸時代 その日、歴史が動いた

八百屋お七は星1つ 色白美人が逢瀬を重ねて、放火に走り、江戸が大火事

日本史ワル査定 江戸時代

大黒屋光太夫が『未知(ロシア)との遭遇』でエカチェリーナとも謁見

江戸時代 ロシア その日、歴史が動いた

出世欲が強すぎて家臣を切腹させた水野忠邦は星3つ! そして改革も失敗で

日本史ワル査定 江戸時代

欧州にリアルなNIPPONを紹介! ケンペル『日本誌』あのペリーも読んだ

ドイツ 江戸時代 その日、歴史が動いた

ゲス侍・松賀族之助と「小姓騒動」妊婦妻を主君に献上し 御家乗っ取りを企む

江戸時代 その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.