アリエノール・ダキテーヌ/wikipediaより引用

欧州 その日、歴史が動いた

元祖「ヨーロッパの祖母」アリエノール 欧州中の王家に血脈を残す

投稿日:

「人類みな兄弟」とは的を射た言葉で、人は多くの方と共通の遺伝子を持っていますよね。
歴史を振り返ってみれば、尊い血を保つため、特に古代~中世あたりまでは近親婚も積極的に行われました。

本稿はその起点なったとある女性のお話です。

1152年(仁平二年)5月18日は、アリエノール・ダキテーヌが結婚した日です。

お相手は後のイングランド王ヘンリー2世であるアンジュー伯アンリ。

カタカナだらけで読む気がなくなった、なんて言わないで!
適宜省略しながら話を進めていきますので、よろしければお付き合いくださいm(_ _)m

 

フランス南西部アキテーヌ地方に生まれて

まずは、アリエノールの名前を説明するところからはじめましょうか。

彼女の名は綴りからすると、アリエノール・ド・アキテーヌとも読めます。
「ド」が英語の「オブ」にあたり、「アキテーヌ出身のアリエノール」という意味になるのです。
その名の通り、フランス南西部にあったアキテーヌ地方領主の娘でした。

ここはワインで有名なボルドーなどが含まれる地域で、九州とほぼ同じくらいの面積だとか。

ローマ帝国やその後にできたフランク王国の時代を通して文化的に栄えた地でもあり、20世紀の客船・ルシタニアの姉妹船であるアキタニアにもその名が使われています。
それだけに独自の勢力を持っていました。

そういうところでお偉いさんの娘に生まれたので、アリエノールは当時の女性としては珍しく文化や芸術、ラテン語を学び、かなりの教養を持っていたとされています。
父の後継者になるはずだった弟が若くして亡くなったとき、アリエノールがアキテーヌの相続人になっているほどです。

父は、自らが亡くなる前にフランス王ルイ6世を後見にするよう言いつけ、アリエノールはルイ6世の子・ルイ7世と結婚して、夫婦でアキテーヌを治めていくことになりました。

いくら教養があっても、フランスでは「サリカ法」という女性君主を認めない法律があるために、単独で君主にはなれなかったのです。

ルイ7世 (フランス王)u/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

負けたのはオマエのせい! 十字軍で惨敗し離婚へ

しばらくは夫婦仲も政治もうまく行っていたようです。
が、アリエノール25歳のとき、夫ルイ7世と共に第二回十字軍に参加した頃から雲行きが怪しくなってきます。

このときの十字軍が、現在のトルコあたりでセルジューク朝(11~12世紀の中東にあったイスラム国家)に惨敗してしまったのです。

しかも敗戦の責任を「アリエノールが危険な場所で休息したいと言ったせいだ」とされてしまったのだからたまりません。

このときの十字軍は、各国軍が方々のイスラム勢力下の都市をバラバラに攻略しようとしていて、全く統率が取れておらず、少なくともアリエノールのせいだけではなかったにもかかわらずです。

 

アリエノールは名誉挽回を計るべく、叔父・レーモンとともに内陸にあるエデッサ伯国(現・トルコ)の攻略を勧めましたが、ルイ7世は聞き入れてくれませんでした。

その間アリエノールは拘束され、レーモンは戦死。
エルサレムに向かったルイ7世の戦略も失敗し、戦況も夫婦仲もボロボロに……。

フランス帰国から4年後、「結婚の無効」という理由で離婚することになりました。

そしてルイ7世と離婚して2ヶ月後の5月18日、アリエノールはアンジュー伯アンリと再婚したのです。
アリエノールのほうが11歳上という、なかなかの姉さん女房でした。

 

反乱の責を問われ15年もの間囚われの身に

アンリの母が一時期イギリス初の女性君主になったこともあり、従兄のイングランド王がアンリを後継者に指名して亡くなると、アンリはイングランドに渡りました。
ヘンリー2世として即位したのです。

ヘンリー2世/wikipediaより引用

アリエノールもこれでイングランド王妃となりました。

ちなみに、ルイ7世と「結婚の無効」になった理由は「近親婚だから」というものだったのですが、ヘンリー2世とのほうが血筋は近いんだそうで。無茶苦茶や。
そんな調子だから十字軍がコケたんでは……。

しかし、二回目の結婚生活もあまりうまくはいきませんでした。
アリエノールは教養があるゆえか、ヘンリー2世ともやがて仲違いしていくようになります。

ヘンリー2世と共同統治者になっていた次男ヘンリー(ややこしい)が反乱を起こすと、下の息子たちと一緒に次男に味方しようとしたくらいですから、その頃までにかなり険悪な状態になってしまっていたのでしょう。

この企みは失敗し、アリエノールはヘンリー2世に捕まり、それから15年もの間、囚われの身になってしまっています。

しかし、息子のリチャード1世(獅子心王とも)の即位とともに開放され、その後80代まで長生きしています。
「最後に笑った」のはアリエノールということになるでしょうか。

 

スポンサーリンク

11人の子供を産み、欧州中の王家に子孫が拡散

また、アリエノールの特徴として、非常に多産だったことが挙げられます。

最初の結婚相手ルイ7世との間に3人(うち1人は流産)。
二回目ヘンリー2世との間に8人の子供をもうけてます。

そのうち幼くして亡くなったのは一人だけでしたし、アリエノール本人も長寿だったことを考えると、当時の状況としては心身ともに相当強い女性だったのでしょうね。

アリエノールの娘の一人・エレノアが最も彼女に似ていて、スペインの前身の一つであるカスティーリャ王国に嫁ぎ、12人もの子供を産みました。
その血筋から多くのカスティーリャ王・ポルトガル王が生まれています。

エレノアの他にもドイツやイタリアの小国に嫁いだ娘がおり、その子女らも君主や王妃になった者が多い。

ゆえにアリエノールを【ヨーロッパの祖母】ということもあるほどです。

この二つ名はマリア・テレジアヴィクトリア女王にも使われるのですが、時代的に考えると、アリエノールが元祖といえそうですね。

大英帝国全盛期の象徴「ヴィクトリア女王」ってどんな人?その人物像に迫る

16人もの子を産んだ女帝マリア・テレジア 40年間に及ぶ女王生活の功績スゴイ!

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
アリエノール・ダキテーヌ/wikipedia
アキテーヌ地域圏/wikipedia
ヨーロッパの祖母/wikipedia

 



-欧州, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.