ワーグナー

リヒャルト・ワーグナー/wikipediaより引用

音楽家

音楽家ワーグナーは意外と私生活が乱れてた? ワルキューレの騎行作曲家

1813年5月22日は、リヒャルト・ワーグナーが誕生した日です。

日本では江戸時代・文化十年に当たる年に『ワルキューレの騎行』を始めとした作品の数々を作っていたんですね。

TOP画像にあるような、あの厳しそうな表情をあらためて見ますと……音楽家というより軍人っぽい! そんな印象をお持ちの方もいるかもしれません。

本稿では、曲の割に注目されないワーグナーの素顔や生涯を振り返ってみましょう。

これが見た目の堅物さとは、かなり違っておりまして……。

 

ベートーヴェンに憧れて音楽家を目指す

ワーグナーは、まだ統一前のドイツにあったザクセン王国という国で生まれました。

実家は、別段音楽家の家系ではなかったのですが、両親が音楽好きだったこともあり、ワーグナーや兄弟たちも音楽の道に進んだのだそうです。

中でもワーグナーは、15歳の時にベートーヴェンに憧れて音楽家を目指すことになります。

最初はベートーヴェンの交響曲(オーケストラで四つの章があるめっちゃ長い作品)をピアノに編曲して出版社に持ち込んだりしましたが、クオリティが足りず断られてしまいました。

18歳でライプツィヒ大学に入ったものの、うまく行かず中退。

教会所属の音楽家に弟子入りして作曲を学び、19歳で交響曲とオペラを書いたとされています。

その後、ドイツ中央部の町・ヴュルツブルクで市立劇場の指揮者になったのですが、それだけでは満足できず、引き続き作曲を続けました。

と、これまたうまく行かず、しばらくは生活苦にあえぐことになります。

将来の立派な身なりの写真からは想像もできませんね。

 

女優と恋に落ちて結婚……するも

21歳のとき、マクデブルクという町の劇団指揮者となり、ミンナ・プラーナーという女優と恋に落ちました。

彼女の所属していた劇団が解散し、ケーニヒスベルク(現・ロシア領)に行くことになったため、同行して結婚し、経済的には貧しかったが幸せだった……と思いきや、夫婦仲も次第に悪くなってしまいます。

パリに出ても認められなかったため、経済事情からの不和でしょうか。

愛情だけじゃ生活はできないですからね……(´・ω・`)

ミンナ・プラーナー/Wikipediaより引用

しかし29歳の秋、故郷にほど近いドレスデンで、彼のオペラ「最後の護民官リエンツィ」が大成功を収めます。

ここからワーグナーの作品は度々評価されるようになり、それに伴って知名度や収入も増していきました。

ミンナは早まったことをしたもの……と見ることもできますが、当時の平均寿命や社会通念的に、20代後半まで芽が出ないことをやり続けるのは酔狂としか思えないでしょうから、無理もないことです。

また、今や世界中で知られているベートーヴェンの「第九」を大々的に演奏しようとしたのも彼の功績です。

実は当時「第九」はほとんど演奏されていませんでした。

俗な言い方をすれば「マニアだけが知っているドマイナーな曲」という扱いだったのです。

当然、奏者たちからも大反対されましたが、ワーグナーは徹底的に練習やリハーサルを行い、見事な演奏をしてみせました。

以降、「第九」は名曲として世に知られるようになっていくのです。

ってか、それまでの演奏家や指揮者は何をされていたんですかね……ゲフンゴホン。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-音楽家