日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた

天皇家に嫁いだ徳川和子の苦労 実家と嫁ぎ先に挟まれて

更新日:

 

結婚はとてもめでたく幸せなことですが、中には並々ならぬ苦労をされる方もいますよね。
相手の実家との関係だったり、一緒に暮らしてみて初めてわかったことがあったり、はたまた「うちの奥さんの料理が(´;ω;`)」なんてこともあります。

ほぼ自由に相手を選べる現代ですらこうなのですから、基本的に政略結婚しかなかった時代・身分の人たちはなおさらでした。
本日はその中でも、あの将軍の娘達に焦点を当ててみたいと思います。

 

セレブ中のセレブも楽じゃない 天皇家と将軍家の板挟み

元和六年(1620年)の6月18日、江戸幕府二代将軍徳川秀忠の娘・和子が後水尾天皇の後宮へ入内(じゅだい)しました。入内というのはカンタンに言えば天皇家に嫁ぐことです。

が、この結婚の前後のみならず、彼女の一生はほとんど嫁ぎ先と実家との板ばさみになってしまっています。

徳川和子=東福門院像(Wikipediaより)

理由はひとえに「幕府が朝廷にアレコレ言い過ぎた」からです。
例えば、後水尾天皇が他の女性との間に男の子をもうけていたことに対し「そんならウチの娘を嫁がせる前に、その女性とお子さんを処分させてもらいますね^^」といって流刑にしています。
この時代乳幼児の死亡率は今よりずっと高いのですから、皇統継続のためには何人子供がいても安心しきれなかったというのに、横暴な話です。

それでなくても”禁中並公家諸法度”(きんちゅうならびにくげしょはっと)で「皇室の方々はこうこうしてください」「公家はなんたらかんたらすべき」等々、徳川家よりずっと古い家柄である皇室や公家に対し干渉をしまくっていたので、当然朝廷の人々は日頃からムカついていました。
こんな中で敵陣に等しい場所へ嫁ぐことになったのですから、さぞ和子は緊張していたでしょう。

 

スポンサーリンク

夫婦仲はよかった

しかし、嫁いでみると意外に夫婦仲は良好でした。
後水尾天皇と和子の間には二男五女が生まれており、男の子2人はすぐ亡くなってしまったものの、女の子はほぼ天寿を全うしています。
二人とも芸術を好む面があったので、和歌や絵画などの話が弾んでいたのでしょうね。

また、和子は苦しい立場ながらに嫁ぎ先と実家のバランスを考えることのできる女性でした。
後水尾天皇は後々幕府の態度にキレて突然娘(明正天皇)に譲位してしまうのですが、女性天皇はもともと”中継ぎ”の役割が大きいので、生涯独身を通し子供を産まないことになっていました。
となると、さらにその次の皇位継承者を考えておかなくてはなりません。
そこで和子は、後水尾天皇と他の女性との間にできた皇子を皇太子に据え、両方の顔を立てたのです。
「天皇家の外戚」としてずっと権力を持ちたかった徳川家としては歯噛みしたかもしれませんが、これは和子の作戦勝ちもしくは運命の皮肉ですかね。
ここで和子の産んだ皇子が生きていたら、また違った展開になったでしょう。

 

スポンサーリンク

それでも隣の芝は青い

こんな感じで和子の生涯は緊張が続いていたわけですが、秀忠の5人の娘の中ではまだ幸せなほうです。
長女・千姫については既に取り上げたことがありますので、他の三人について簡単にご紹介しましょう。

【次女・珠姫】一番幸せな結婚

多分、5人の中では一番幸せな結婚をした人です。
嫁ぎ先は五歳上の前田利常で、三歳で(!)嫁がされているため一緒に育ったも同然。
「姫を退屈させないように」ということで花嫁行列に各種芸人が付き添って行ったそうですから、秀忠の親バカぶりがうかがえます。もうちょっと他の子供にも優しくしてやれとツッコまざるをえません。家康と同じで、秀忠も子供の好みが激しかったんですかね。
この幼馴染夫婦の仲は極めて良く、三男五女に恵まれました。しかし、珠姫は24歳で産褥のため亡くなっています。
長生きできれば完璧でしたが、彼女が亡くなるまで利常は他の女性と子供を作っていないので、愛されようがわかるというものです。

【三女・勝姫】夫がご乱行、息子は改易

従兄の松平忠直に嫁ぎました。
忠直の記事で少しお話させていただきましたが、夫が”乱行”で隠居させられてからは子供達と一緒に江戸に出てきて二度と同居しなかったので、仲が良かったとはいえません。
忠直との間に一男二女がいますが、息子光長は改易されてしまいました。娘二人は皇族と公家に嫁ぎ、天寿を全うしているのがせめてもの救いですかね。

【四女・初姫】妻の死より相撲が大事な夫に嫁ぎ

和子のすぐ上のお姉さんです。そして一番悲惨な生涯をたどった人でもあります。
嫁ぎ先は”蛍大名”京極高次の息子・忠高。しかしその母・初が初姫の母・江と姉妹なのをいいことに、「アンタの娘をうちにくれれば、ウチも将軍家も安泰でしょ?」と半ばゴリ押しして決めた結婚といわれており、夫婦仲は冷え切るどころか最初から温まりもしませんでした。
当然子供もおらず、その上29歳で夭折しています。しかも初姫死去の知らせが届いたとき、忠高は相撲見物に興じていて席を立とうともしなかったとか。

さらに日頃から冷たい態度を取り続けていたらしく、諸々がバレて秀忠や家光の怒りを買い、初姫の葬儀には京極家関係者は一切出入り禁止をくらったそうです。

珠姫と和子はともかく、千姫含め婿選びが下手すぎるだろう秀忠。
彼女達の弟である家光が、珠姫・勝姫の娘を養女として方々に嫁がせているのも、お姉さんたちに気を使った面があるように思えます。実際は政略的な意味のほうが強いでしょうけどね。
家光の養女になった三人は夭折した一人を除き、子宝に恵まれ長生きしていますので、婿選びは(も?)秀忠より家光のほうが上手かったと言えそうです。
将軍後継時のゴタゴタがあった上にこれじゃ、家光が秀忠を尊敬しないわけですね。

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/徳川和子

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-女性, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.