日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 アメリカ

ケネディ大統領暗殺の車、その後も10年以上使用していた!

更新日:

 

ケネディ大統領が暗殺されて、今日(2013年11月22日)で50年。アメリカのメディアでは様々な特集を組んでいます。

その1つが、ニューヨーク・デイリー・ニュース。同紙ではオンラインサイトで専用のバナーを特設し、大特集を組んでいます。

jfkbanner

タイタニック沈没同様、歴史ネタはアクセス数が多いですからね。だからこそというのもあるのでしょうけど、いやはやと言うか何と言うか、同紙自身も驚きながら紹介しているのが、大統領が乗っていたリムジンの「その後」。

不吉すぎるし、廃車になっていたかと思いきや、その後も10年以上に渡って後生大事に大統領のパレードに使われていたんですって! 良くそんな車に乗るよね〜。
JFK_limousine

 

あのリンカーン、廃車になっていなかったんだって!

見出しのような突っ込みを入れる人が多かろうと思います。何しろ、記事には、こうあります。

ジョン・F・ケネディ大統領のミッドナイト・ブルーのリンカーン・リムジンは、1963年11月22日(訳注:現地時間)、デイリー・プラザで起きた恐ろしい出来事に永遠に結びつけられるだろう。50年を経た今、あのリムジンが未だに存在し、事件後も13年間に渡って大統領の自動車パレードに使われたと知れば驚くだろう。

はい、ムチャクチャ驚きました(汗)。まぁ悲劇を後世に伝える為、どこかに飾ってあるのだろうなぁぐらいには思っていましたが、まさか使われていたとはね〜。

250px-Clint_Hill_on_the_limousine

さて、くだんの車ですが、現在はミシガンのディアボーンという所にあるヘンリー・フォード博物館に飾られています。

「多くの人が、あの車は解体されるか、どこかの倉庫にあり、二度と見る事は無いと思っているようです」と話すのは、博物館のキュレーション担当者であるマット・アンダーソン氏。

 

スポンサーリンク

JFK暗殺事件にめげず、グレードアップ修理

製造されたのは1961年。つまり、事件当時は2年目だったのですね。大統領パレード自体、そんなに多くやらなかったでしょうから、実質新車みたいなもんだった筈。とは言え…(と、絶句)。

事件の5ヶ月後、車は全面改装され、今度は弾が貫通しない屋根を付けて現場復帰し、その後の大統領のパレードに13年間も使われました。

「そうなんです。リンカーンは事件の捜査終了後、全面改装されてフォード大統領の時代まで使われていたのです」とアンダーソン氏。

もっとも、使うに当たっては色々とあった模様。「リンドン・ジョンソン大統領(事件を受け、副大統領から昇格)は、車を黒く塗るべきだと主張していました。乗るのを嫌がっていたのだと、私は受け止めています」(アンダーソン氏)。ちなみに、事件のあった日、ジョンソンは奥さんと別の車に乗ってパレードに参加していました。

ま、確かに自分が大統領だったら嫌だわなぁ。特にテキサスでは乗りたくないだろうし(ジョンソンはテキサス出身でしたし、尚の事そう思ったでしょう)。

Altgens_mary_ferrell

このリンカーン・コンチネンタル、冒頭にもありましたが、元々はミッドナイト・ブルーに塗られていました。1961年6月に納車。シークレット・サービスにはX-100と言うコードネームが付けられました。

鮮やかで優雅な新型のコンチネンタルは「1960年代に於ける美的感覚の大きな変わり目を象徴していました。若々しさが溢れ、活力がある。大統領と車のイメージの両方がピッタリ合った、希に見る例だと思います」(アンダーソン氏)。

 

スポンサーリンク

オリジナルを大改造していた

何人ものアメリカ大統領が暗殺されているのは、皆様も御存知でしょう。その為、このリンカーンにも、最初から様々な大改造が施されていました。

もっとも、オリジナルのリンカーンには装甲が施されていませんでした。その為、オハイオのシンシナティにあるヘス&エッセンハード社が、車体を切って伸ばして、元よりも3フィート以上長くしています。同時に特別な革とシート・パディングを車内に敷き、無線電話やシークレット・サービスが非常時に車にしがみつけるようにもしたのだそうです。

シークレット・サービスが車に乗っかり、ジャックリーン夫人を庇おうとしている写真や映像が、大統領暗殺の報道で良く引用されますが、元々そういう事が出来るようにしていたのですね。

ちなみに、後部座席は水圧によって10インチ以上上げる事が出来るようにもしていたとの事です。

当時のリンカーン・コンチネンタルは通常価格で約7300ドル。そこへ、こうした改造を施したので総額で約20万ドルとなりました。アンダーソン氏によると、今日の価格にしたら150万ドルになるだろうとしています。

リンカーンには3つのタイプの屋根が作られましたが、歴史好き(陰謀ネタ含む)の間で良く知られているのはプレキシグラス製の屋根。第二次大戦で飛行機のコックピットなどに使われたガラスです。ダラスで雨が降った時に備えて、一応は用意されていました。

「通常のパレードでは、屋根を使いません。だから、あの日にダラスで使って無くても不思議ではありません」とアンダーソン氏。実際、当日は晴れ。使わずに現場に差しかかり、悲劇を迎えてしまったのです。

 

事件後、ホワイトハウスの倉庫に、そして改造元へ

さて、このリンカーンは事件後に貨物機に乗せられ、アンドリュース空軍基地に降り立ちます。そして直接ホワイトハウスの車庫に入れられ、シークレット・サービスやFBI、事件の調査に当たったウォーレン委員会などによって調査・分析がされます(弾丸で損傷したフロント部分は、今なおワシントンDCのナショナル・アーカイブスに残されているそうです)。

で、終了後は再びヘス&エッセンハード社に。完全改造の為です。ケチが付いてる所の車じゃないのにって感じですよね。

もっとも、アンダーソン氏に言わせると、理由があります。時間とカネと需要の問題があったからだろうと言うのです。
事件後も大統領のパレード自体を切望する地域団体が多かった事と、「こうした車をゼロから設計し、製造するとなると3〜4年はかかっていたでしょうから」(アンダーソン氏)。
背に腹は何とやら、だった?(ちょっと違うか)

さて、この時の改造で最も重要視されたのは屋根。今度は弾丸にも耐えられ、リムーバブル出来ない屋根にしました(つまり、オープン・カーでは無くなった)。チタニウムがトランクとバックシートに追加装甲され、床も地雷に耐えられるよう鋼鉄製にしたそうです。

その一方、安全だけでなく、大統領に快適に過ごして貰うようにも配慮。トランクにはエアコンを追加配備しています。
当然ながら、車体は重くなります。総重量1万ポンドとなり、元のリンカーンの倍。これに対応するため、エンジンも新型で馬力の強いのに換装しました。

改造に改造を重ねた格好になりましたが、その結果、お値段は50万ドル。今日に換算して380万ドルにまで膨れ上がったとの事です。

もっとも、これだけ改造しても、当事者たる大統領からしたら不安が残ったようです。後任のジョンソン大統領は、リアウィンドウを高くするか低くするかしろと注文を付けていたのだとか。

逆に、ジョンソンの後を継いだニクソンは、車から顔を出して、群衆に手を振りたいので屋根にハッチを付けてくれと頼んでいます。両方の注文に応えています。

 

ちなみに、リース品でした(えっ)

驚かせることに、魔改造とも言える過程を経たリンカーンですけど、実はホワイトハウスの所有ではないんですって。フォード自動車から通常価格でリースされていたのだとか。

フォードも太っ腹ですなぁ。まぁ相手が相手だし、逆らえないというのもあったのでしょうけど。

さて、この車ですが、引退後は上記の博物館に飾られます。展示台数が約100台の中の1台だそうですから、館の側としても重視しているのでしょう。無論、完全に当時のままの状態で保存されています。
「この車をコレクション品と出来たのは特権であり、名誉です」とアンダーソン氏。「この車で起きた歴史的な出来事を実感するのに、わざわざ体験乗車までしなくても良いでしょうけどね」。

んー、確かに外から眺めるまでですね〜(汗)。もし仮に見に行く事があるとするなら、「大変やったなぁ」とねぎらって、数珠を片手に拝むぐらいはしてみたい。

takosaburou・記 (海外メディアブログ「DON」管理人)

 

JFK暗殺事件エントリー第2・3弾はこちら↓

ケネディ大統領と暗殺犯のオズワルドの両方に会った事のある人ご存命だった!

「陰謀論者憤死!ケネディ暗殺事件のオズワルドを殺した犯人に背後関係はなし?!」

スポンサーリンク

画像:写真はバナー以外はWikipediaより

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, アメリカ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.