幕末・維新

会津藩士・川崎尚之助の魅力~新島八重の元夫は会津の男として真っ直ぐに生きた

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
川崎尚之助
をクリックお願いします。

 

尚之助は会津の男として、八重と共に戦うことを選んだのです。川崎夫妻は力を合わせて砲撃を続け、最後まで戦い抜きました。

八重の桜』では、会津戦争終結後に男たちが猪苗代へ護送される際に、尚之助が八重を女であると明かして、両者は別れました。

しかしこれはドラマでの巧みな創作であり、実際には八重はいったん猪苗代へ向かうものの会津若松に戻り、その後、母や義姉、姪と合流しています。

一方で尚之助は、他の会津藩士とともに単身遠い斗南まで移り住み、夫婦は離ればなれになります。

斗南藩の生き地獄~元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

 

他の斗南藩士も助ける余裕がない

斗南で尚之助は窮地に追い詰められました。

窮乏した会津藩を救うため手を出した外国商品との取引で詐欺にあい、訴えられてしまったのです。しかも共に取引に関わった斗南藩士の柴太一郎(柴四朗、柴五郎の兄)よりも重い罪をかぶり、尚之助はいつ終わるともしれぬ裁判に巻き込まれてしまいます。

敗残少年から陸軍大将となった柴五郎~会津戦争で家族を失い85年を生き抜く

続きを見る

尚之助を引き立てた山本覚馬は、盲目になったうえ脚を悪くして京都にいます。他の斗南藩士とて、尚之助を助ける余裕などありません。

結果として、会津のために尽くしてきた尚之助は、その会津から手をさしのべられることもなく、泥沼の訴訟に衰弱してゆきます。

ちなみに『八重の桜』や小説では川崎夫妻は再会をはたしますが、創作ではないかとされています。

裁判の渦中でひっそりとその短く不遇の生涯を終えた尚之助は、死後も報われることはありませんでした。尚之助の身元保証人は会津藩士と疎遠となり、結果として尚之助の消息が語られることもなくなったのです。

 

成功した英雄にはない悲哀を帯びた魅力

山本兄妹も、川崎尚之助を語ることはありませんでした。

特に八重はプロテスタントに改宗して再婚しましたから、前夫のことは語りにくい状況であったのではないでしょうか。

会津を捨てたどころか、会津のために戦い抜き歴史の中に消えていった川崎尚之助。

その生涯に光が当たり、名誉が回復されたのは喜ばしいことです。

彼とその妻八重が何を思い、夫婦の間で何があったのかは、謎につつまれています。

しかし、何よりも彼の行動が雄弁に彼自身を語っているのではないでしょうか。

会津にとらわれなければ、その才知を生かし、明治にも活躍できたかもしれないのに、尚之助はそうしなかったのです。

あまりに一途な彼の人生には、成功した英雄にはない悲哀を帯びた魅力があるのです。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

新島八重86年の生涯~最強の女スナイパーが同志社&赤十字に身を捧ぐ

続きを見る

『八重の桜』の真価とは?明治維新150周年だからこそ見るべき16の理由!

続きを見る

斗南藩の生き地獄~元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

敗残少年から陸軍大将となった柴五郎~会津戦争で家族を失い85年を生き抜く

続きを見る

なぜ会津は長州を憎む? 会津戦争で降伏した若松城と藩士たちが見た地獄とは

続きを見る

まるでマンガ! 元会津武士・山川浩の西南戦争は凄まじき戊辰リベンジ

続きを見る

会津戦争の『遺体埋葬論争』に終止符を……亡骸の埋葬は本当に禁じられた?

続きを見る

【参考】
会津人群像 第22号(2012)―季刊 特集:八重の夫・川崎尚之助の真実』(→amazon
『川崎尚之助と八重―一途に生きた男の生涯』(→amazon

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.