孫子(カリフォルニア大学所蔵の写本)/photo by vlasta2 wikipediaより引用

『魏武注孫子』とは曹操が『孫子』に注釈をつけたもの! 一体何が書かれている?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
魏武注孫子
をクリックお願いします。

 

曹操は性格が悪い 否定できません

ガタガタ言ってないで合理的に行動しろよ。

そんな視点こそ、曹操が『孫子』にわかりみを感じた理由でしょう。

ついでに言いますと、「これは嫌われ者になるなぁ……」という要素もふんだんに流れています。

それを裏付ける逸話を検証してみましょう。

・効率重視、人情軽視

曹操には、お気に入りの歌手がおりました。

しかし、性格は最悪。そこで曹操は歌手を大量に雇い、訓練をします。

そしてその女よりもうまい歌手が出て来ると……。

「おっしゃー、あの性悪女はもういらんわ!」

曹操はノリノリで、性格の悪い歌手を殺しました。
(『世説新語』)

人を情けじゃなくて能力だけで見ているなーッ!

「さすが曹操様、おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」

そう受け取るか、いくらなんでもそれはないっしょ……と思うか。

・まぁ、お前は使えるから許す

「官渡の戦い」を前にして、曹操は激怒しました。

敵である袁紹陣営の文人・陳琳(ちんりん)の檄文があまりに痛烈であったからです。

曹操の出自をバカにする一文を読み、曹操はこいつだけは絶対にぶっ殺すと息巻いておりました。

その一方で「これを書いた奴、センスあるな。俺本人ですら、これを読んでいると曹操は最低の奴だと思えてくるわ」と冷静に評価していました。

そして曹操は袁紹陣営に勝利。
そんな中、陳琳はこれはもう絶対に死んだな……と思いながら、曹操の前に引き出されます。

と、曹操は意外にも彼を許しました。

「お前、文才あるなぁ。でも俺の父と祖父までコケにするのはやりすぎだろ、なんで?」

「いや、だって、引き絞った弓は放たないとダメじゃないですか」

曹操は納得したようです。

考えようによっては、陳琳は自分の仕事を適切にこなしたと言えなくもないわけでして。曹操は許し、仕官させ、陳琳を優遇しました。

のちに陳琳は文人グループ「建安の七子」にまで名を連ねたほどです。

曹操からすれば「恨みで降伏した相手を殺すなんて、無駄無駄無駄、非効率だもんな」といったところでしょうか。

ただ、これは儒教的な価値観からしてもイケてません。

先祖までけなした相手は、絶対に許さない。そのほうが、格好がつくのです。

しかし、曹操の本音はこんなところでしょう。

「儒教で勝てるか? 飯が食えるか?」

・葬式も立派な墓も無駄だ

曹操は、死の間際にこう言い残しました。

「天下はまだ乱れているのだから、葬儀はしきたり通りにはできない。埋葬が終わったら服喪をやめろ。軍団を統率している担当者は部署を離れるなよ。官吏はそれぞれ仕事をしろ。遺体を包むのは平服でよい。金銀財宝を墓の中にはおさめるな」

これも『魏武注孫子』を読むと頷けます。

勝利のためには、ともかく効率効率効率!

そんな風にばかり考えていたら、そりゃこうなるだろうな、と。

曹操の墓はどんな状態で見つかった?最古の「白磁」出土を日本チームが確認

続きを見る

ただ……残された家臣や遺族の気持ちはどうなのよ……と、さすがにツッコミたくなりません?

情けってものがあるでしょ。そもそもが、儒教社会ですしね。

曹丕にせよ、家臣にせよ。

曹操の言いつけ通りには動けなかったからこそ、それなりに立派な墓が残されています。

副葬品には、当時極めて貴重である磁器まであり、2019年のビッグニュースになったほどです。

◆特別展「三国志」が東京国立博物館で 関羽の青銅像や曹操の墓の出土品を展示  - ねとらぼ

曹操さん、後世に大事なコトを伝えるために、副葬品は無駄じゃあないんですよ!

・求賢令! 才能さえあればいいから!

曹操は、ともかく効率重視にして人材マニアです。

そこで、こんな命令を出しました。

「才能があれば不倫しても贈収賄するようなクズでも俺は構わない。出世のために奥さんを手に掛けた鬼畜でもいいと思う。ともかく才能さえあればいいから! 才能ある奴、カモンカモン! 役人たちもどんどん推挙して」

これが【唯才是挙(才能さえあればリクルート)】という理屈です。

探す手間が省けるので効率は良い。しかし素行不良であってもよいものかどうか、そこは引っかかりますよね。

『魏武注孫子』には「パワハラをするような上司の元では部下がやる気を失って、反乱を招く。パワハラ上司はすぐクビにしろ」と書かれています。

これは部下がかわいそうだからという優しさゆえではなく、効率重視の結果ではあります。

・三顧の礼より脅迫だろ!

そんな曹操が仕官を迫った人物が司馬懿です。

ライバル扱いされる諸葛亮が「三顧の礼」で迎えられたのに対し、司馬懿と曹操の場合は全くもって心が温まりません。

「仕官か逮捕か、どっちがいい?」と迫りますからね。

オイオイオイオイ!

流石にそりゃないでしょ、とツッコミたくなりますが、これも曹操の効率第一主義のあらわれでしょう。

司馬懿がボケ老人のフリして魏を滅ぼす! 諸葛亮のライバルが演技派だった理由

続きを見る

ただ、そういうことをすると恨みを買うわけでして……それが魏王朝の短命につながります。

※司馬懿の王朝簒奪はついにドラマになりました

曹操のこうした逸話から見えてくるものがありませんか?

効率重視で、愛する王の前で斬首した孫子と共通点はありませんか?

 

ラスボスタイプの性格なのだ

曹操は、魅力的ではあり、同時に極めて効率重視なのです。

今の世でも
コスパ!
コスパ!
コスパ!
と言われてウンザリしたことありません?

曹操も効率を大事にしすぎていて、人情、儒教規範、道徳律、周囲の意見を無視する傾向にあった。

たとえ反論されようとも、
「無駄無駄無駄ァ!」
で終わらせるタイプ――ということが『魏武注孫子』から伝わってきます。

彼みたいなキャラクターは、例えばフィクションではラスボスにピッタリ。言わば憎まれ役ですね。

思い出してみてください。

◆反撃に対して「無駄無駄無駄ァ!」と連呼する『ジョジョの奇妙な冒険』のDIO様ことディオ・ブランドー。

 

◆謀略の限りを尽くし「計画通り」と笑う夜神月。

 

◆全て計算通り、操ってはなんだか楽しそうな、シャーロック・ホームズの宿敵モリアーティ教授。

 

◆高い知性ゆえに人間がバカに見えてしまい、ミュータントで世界征服こそ効率的だという結論に至る、マグニートー。

 

◆極めて精密な計略を用いて、ハリー・ポッターを殺そうとするヴォルデモート。

 

◆ただの目玉のようで、すべてを操るサウロン!

 

◆「結婚式で皆殺しにする方が、戦争をするより楽だ」と思っていそうな、タイウィン・ラニスター。

 

曹操がノリノリでコメントする『魏武注孫子』を読むと、こういうラスボス系の性格が見えてきます。

「戦わずして勝つ」という有名な名言だって、結局は謀略で滅ぼしたほうがいいという、タイウィン・ラニスターの思考と噛み合う。

聡明、決断力がある、データと向き合う。

その反面、傲慢、人情に欠ける、なんでもジャッジする。

自然とそうなってしまうがゆえに、フィクションのラスボスとしてはうってつけの性格なのです。

倒したくなりますよね?

三国志演義』はじめとする後漢時代を描くフィクションにおいて、彼が敵役となってしまうので仕方ない。必然なのです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)