歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

尊厳王フィリップ2世/photo by Luclaf wikipediaより引用

フランス 週刊武春

尊厳王フィリップ2世こそフランス史上最強 ドロ沼の英仏関係をブッコワス!

更新日:

ヨーロッパの王には異名がついていることがままあります。
「肥満王」や「美男王」といった身体上の特徴から、「聖王」や「勇敢王」といった性質をあらわすものまで。

その中でも際だって格好良いのが、尊厳王フィリップ2世(1165-1223年)でしょう。

このフィリップ2世、名前が格好良いだけではなくフランス史上屈指の名君であり、各国の歴代王が手本にする存在でした。
実際に彼の知性と業績をたどってみると、その名にふさわしい素晴らしいものであり、欠点はほとんど見つかりません。

「尊厳王(Auguste)」というのはなんとなく格好良い。では、実際にはどういう意味なのか。

“Auguste”とはアウグストゥスであり、ローマ帝国の初代皇帝です。
フィリップ2世も彼と同じ8月生まれであることから名乗り、それと同時に彼と同じくらい偉大だという意味も伴うのでした。

むろん、これで中身が伴わなかったら名前負けもよいところですが、実際に負けていないのが凄いところです。
彼の足跡を見てみましょう。

【TOP画像】19世紀に描かれた想像図 photo by Luclaf

 

父の前妻・アリエノールが厄介な方でして

フィリップ2世が誕生した頃、フランス王家=カペー王家の力は弱く、有力貴族に毛が生えた程度。
しかも、カペー家はこの頃とんでもない危機に直面していました。

フィリップ2世の父・ルイ7世の王妃は、かつてアリエノール・ダキテーヌという女性でした。
父の妻なのだから、フィリップ2世の母じゃないの?と思われるかもしれませんが、そうではありません。
言わば毒を持った前妻でして、彼女の足跡抜きには彼もまた語れませんので、少々説明を。

アリエノール・ダキテーヌ/wikipediaより引用

アリエノールは、有力貴族アキテーヌ公の娘でした。
彼女には兄弟がおらず、ルイ6世が彼女の後見人。そしてルイ6世の息子であるルイ7世と結婚したという経緯があります。

彼女は美しく、聡明で、そして何といってもアキテーヌ領という広大な領地の女相続人でありました。
王妃の領土も得られれば、カペー王家は安泰……と言いたいところですが、これがとんでもない展開を見せます。

当時は十字軍のまっさかり。
フランスとしては自領の統治で忙しいわけで、積極的には参加して来ませんでした。

しかし、アリエノールが何故か夫を
「ねぇ~、私たちフランスも十字軍に参加しようよぉ~」
と焚きつけてきたのです。
しかも本人まで同行する有様。これが夫妻に深刻な事態をもたらします。

この十字軍に、アリエノールの叔父にあたるアンチオキア侯レイモンが参加していました。

ルイ7世とレイモンは戦略をめぐり対立。ここでアリエノールがこう言い出します。
「ちょっと、レイモンの言うこと聞いてあげてよ!」

ルイ7世としては、断固として拒絶したい気分でした。
叔父と姪といってもレイモンとアリエノールは8才しか年が違わず、馬が合いました。
馬が合う程度で済めばよいのですが、男女の関係になったという噂があったのです。

アリエノールがレイモンを庇うたびに、ルイ7世は頑なになります。

「いいわよ、わかった! 私、もう離婚するんだから!」
アリエノールは並の女じゃありません。夫がフランス王だろうと三行半を叩き付けるくらい何とも思いません。
そもそも彼女は、夫に何の未練もなかったのです。

 

スポンサーリンク

再婚相手は宿敵かっ!

そもそもお堅く陰気なルイ7世と、奔放で陽気なアリエノールでは、性格が一致しませんでした。

「修道士と結婚したみたいで超やってらんない!」
10年間の結婚生活でアリエノールは、かように放言していたのです。

そしてアリエノールは離婚の際、自らが所有していた広大なアキテーヌ領も当然持っていきます。
まだ29才の彼女、しかも広大な領土つき。
更にはヨーロッパ一の美女となれば再婚相手もよりどりみどりです。

そんなアリエノールが選んだのは、彼女より10才年下のワイルド系貴族アンリ・ドゥ・プランタジュネでした。

彼は母国での政治的混乱を逃れてフランスにいたものの、母国に戻ればイングランド王プランタジネット家の血を引く男。
実際、政治的混乱が収まった母国に戻ると、彼はヘンリー2世として王位に座ります。
しかも、アリエノールが所有していた広大なアキテーヌ領つきです。

ヘンリー2世/wikipediaより引用

この再婚は英仏両国に恐ろしい事態をもたらしました。
ヘンリー2世夫妻はイングランド王でありながら、フランスにアキテーヌ公領という広大な領土を持つことになったのです。

百年戦争終結まで、イングランド王は「俺たちはフランス王を兼ねることもできるぞ!」と迷惑なことを考えていましたが、その原因はこのあたりにありました。

離婚と再婚のせいで厳しい状況に追い詰められたルイ7世。
彼は再婚し男児をもうけました。さらに王女をヘンリー2世の王子たちに嫁がせることにしました。

アリエノールとの結婚は、ヘンリー2世に広大な領土をもたらしましたが、家庭的な不幸をももたらすことになります。

彼女は健康で多産の質でした。
ルイ7世との間には女子しか授からなかったのに、再婚すると多数の男子を産むのです。

一方で、夫婦仲は休息に冷え込んでいきます。
ヘンリー2世の度重なる浮気にアリエノールは激怒。
愛の巣に乗り込んでいって、愛人を殺してしまうほどでした。

これが庶民の夫婦ならば殴り合うくらいで済んだかもしれませんが、そこは王家です。
頭の回転も抜群であるアリエノールは、息子たちの不満を焚きつけ、ヘンリー2世に対して反乱を起こさせます。

この反乱を見てほくそ笑んでいたのが、ルイ7世です。
彼はヘンリー2世の息子に娘を嫁がせています。

「まあまあ、親戚としてここは私が」
そんなふうに介入して、仲裁するふりをしながら事態をエスカレートさせ、プランタジネット家の弱体化を狙っていたのでした。

なお、当記事の主人公・フィリップ2世は、ルイ7世が再婚した王妃との間に生まれた子です。
父と同様に、プランタジネット家がギスギスした親子喧嘩に明け暮れることが、彼にとっても最善の道となるのでした。

 

リチャードと同じベッドで眠るフィリップ

1180年。
ルイ7世が崩御すると、僅か15才のフィリップ2世が即位しました。

父にとって待望の男子であったフィリップ2世は「デュドネ(神の賜物)」と呼ばれ、英才教育を受けて育ちました。
そして周囲の期待通りに、彼は聡明な少年に成長します。

父の死後、まもなくして親政を始めると、彼の聡明さと野心が際立つようになります。
反抗的な貴族を抑えるその手腕には、周囲も感服するほど。
フィリップ2世が父から引き継いだ使命は、プランタジネット家をフランスから駆逐することでした。

そうした背景や彼の行動からすると
『プランタジネット家の奴らなんて顔も見たくない』
と思っていそうですが、話はそう単純でもないようです。

当時の両家は、姻戚関係もあり、親戚感覚でした。
便宜上イングランドの王族は英語名で表記しているものの、実際に彼らはフランス語で話し、フランス語でその名を呼び合っていました。
バカンスともなれば温暖なフランスでくつろぎ、ちょくちょくやって来るわけで、フィリップ2世も彼らと親戚づきあいをしなければなりません。

当時の王たちの様子を、ロジャー・オブ・ホーヴデンはこう書き残しています。
「(英国王の)リチャードはフィリップを心から尊敬していたのです。
彼らは同じテーブルで食事を取り、夜寝るときもベッドが別であることはありませんでした。
フィリップはリチャードのことを己の魂であるかのように愛していたのです。
彼らはお互いに心から愛し合い、その情熱は驚くべきほどのものでした。」

リチャードとは、ヘンリー2世の二男で、のちのリチャード1世。
「獅子心王」という、これまた屈強そうな異名でも有名です。
戦では無類の強さを誇ったものの、内政手腕は無に等しい、持てる能力値のほぼ全てを戦にだけ割り振ったような王でした。

リチャード1世/wikipediaより引用

さて、このフランス王と未来のイングランド王。
食事はともかく何故ベッドまで一緒なのか。
なんなんでしょう、この「史実が小説より奇なり」状態は。

「ベッドが同じ」というクダリについては、ただの親愛表現という説もあります。
「なぁに、ベッドを体温であたためるのは信頼のあかしで、性的なものではありませんよ」
秀吉が信長の草履を暖めた逸話のように、リチャードとフィリップは互いのためにベッドを暖めていただけ、というわけです。
そういえば劉備も、関羽と張飛と同じ床で寝ていたそうです。

「いや、フィリップはリチャードの愛人だったんだよ!」
という説も、あるにはあるようで。
その方が話としては面白いかもしれませんが、真相は不明です。

ちなみにリチャードは、女性に性的な興味を抱かなかった、とも言われており、その辺が噂を助長させているのでしょう。
いずれにせよ「同床異夢」という言葉がこれほどしっくりくる関係もなかなかありません。
※ちなみに海外のファンがドラマをもとに編集した、二人のカップリング動画まで存在します

 

スポンサーリンク

プタンタジネット家の喧嘩に介入しま~す♪

フィリップとリチャード。
単に親友なのか、それとも愛人なのかはさておき、二人の間に奇妙な愛憎があったことは確かなようです。

ほどなくしてリチャードは兄ヘンリーを失い、イングランド王の嫡子となります。
ところが父ヘンリー2世は末子ジョンを溺愛し、リチャードにこう言ってきたのです。

「ジョンは領地がなくて可哀相だから、お前がママからもらったアキテーヌの分は譲ってあげなさい」
「誰が譲るか! そもそもお前じゃなくてママにもらったんだよ、バーカ!」

リチャードは大激怒。
ぶっ飛び母ちゃんのアリエノールも、ここはリチャードに味方します。

こうしてプランタジネット家は、またどうしようもない親子喧嘩に突入。
フィリップ2世としては、もう笑いが止まらないでしょう。
あれほど憎たらしいプランタジネット家が、内輪もめで勝手に自滅するのですから。

「僕はリチャードと仲良しだからね! 味方してあげるよ」
「やっぱりお前は頼りになるわ~、持つべきものは友だよな」

フィリップ2世はこの親子喧嘩に介入し、英国へ侵入すると、皆で一致団結してヘンリー2世をシノン城に追い詰めます。
さらにフィリップ2世は、ヘンリー2世が溺愛するジョンまで味方につけてしまうのですから、さすがヤリ手というほかありません。

ヘンリー2世は、愛するジョンまで敵に回ったと聞いて、精神的な打撃のあまり死を早めます。1189年のことでした。

リチャードもジョンも、策略に満ちたフィリップ2世と比べれば、あまりにシンプルな世界に生きていました。
手玉に取るのはわけのないことなのです。

「親友だと思っていたのにひどいよ、フィリップ!」
この頃になると、リチャード1世もだんだんとフィリップ2世の本音が理解できるようになっていました。

フィリップ2世からすれば、
「本当は、お前なんてずっと嫌いだったわ! フランスに図々しくでかい領地を持つお前なんか、誰が愛するかッ!」
といったところですかね。
ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーの関係を思い出します。

 

リチャード1世 クロスボウで射たれた傷が原因で死す

1191年、第三次十字軍が始まります。

この二年前、父に代わって即位していたリチャード1世は、イングランドの内政を放り出し、十字軍に全力を出します。
戦だけはカンペキな彼。無類の強さは語り草になるほどです。

フィリップ2世もこの十字軍には参加していましたが、リチャード1世と違い、あまりやる気はありません。
実際、彼は途中でそそくさと帰国。
異教徒を倒す名誉よりも、自領の安定統治の方が大事だったのです。

さらに彼は、リチャードの弟ジョンを焚きつけ、イングランド王位を狙うよう唆(そそのか)します。

これを知ったリチャード1世は急いで帰国しようとします。
当時最強の騎士として知られる獅子心王がやって来れば、流石のフィリップ2世も焦ります。

頭脳戦ならばともかく、戦争をする相手としては危険過ぎ。
名将サラディン相手に激戦を繰り広げたリチャード1世の武勇を思い出し、フィリップ2世はさぞかし肝を冷やしたことでしょう。

ところがリチャード1世は、十字軍からの帰り道で捕虜になって莫大な身代金とともに釈放されるという、大失態を犯してしまうのです

やっと解放されたリチャード1世は、内政を放り出して渡仏。
フィリップ2世に向けて怒りを燃やしていましたが、1199年、クロスボウで射たれた傷が原因となって戦傷死してしまいました。

こうして彼は、元親友だか愛人だかよくわからんフィリップ2世へ襲いかかる前に、世を去ってしまったのでした。

イングランド王の後継者は弟のジョンとなります。
これはフィリップ2世にとって与し易い相手。御しやすい愚か者でした。

 

スポンサーリンク

「失地王」が本当の意味での「失地王」に

リチャード1世の跡を継いだジョンは、ヘンリー2世の息子たちの中でも最も無能で、にも関わらず傲慢で野心家でした。
子供を溺愛していた母のアリエノールすら、この末子のことはあまり好きではなかったようです。

なんせジョンは、イングランド王の中でもワースト1の座は揺るがないと言われるほどの暗君でして。

失地王ジョン/wikipediaより引用

「ジョン」という名前は不吉だから、王族につけないというルールがあったと言われるほどです。
20世紀、ジョージ5世にジョン王子という人物がいましたが、僅か13才で夭折しており、「やっぱりジョンは不吉だのぅ」となったとか。

そんなジョンの異名は「失地王(Lackland)」です。
これはもともと、末子の彼は相続できる領土がないというものでした。

生まれが遅いということだけで、本来でしたら彼に責任のないことでもあります。
しかしジョンは、その名に「バカで領地を失う」という不名誉な意味を持たせてしまいます。

背景にいたのは、もちろんフィリップ2世です。

ジョンは即位後、早速、問題を起こします。
彼はある女性をみそめましたたのですが、それがアングレーム伯の女相続人イザベルでした。
その時点で、ジョンにもイザベルにも婚約者がいたにも関わらず、彼女を攫い、強引に結婚してしまったのです。

この結婚は政治的にも有用なものでした。
花嫁の領地アングレーム領まで手に入るのです。

が、これが取り返しのつかない失敗となります。

まず、イザベルを奪われた元婚約者は、フィリップ2世にジョンの悪事を訴えました。
フィリップ2世としては、やはり笑いが止まらなかったことでしょう。
即座に
「ちょっと話を聞きたいからパリまで出頭しなさい。君もアキテーヌ公であるからには、フランス王の命令には従うべきだよ」
とジョンを呼び出します。

ジョンは、イングランド王とフランス貴族アキテーヌ公を兼ねていました。
フランス王に呼び出されたら、応じなければいけないわけです。

しかし無視を決め込むジョン。
命令に従わないなら仕方ないな、とフィリップはジョンの領地に出兵し、実力行使で領土を没収します。

さらには、アンジュー公アルチュールをジョンの領地に派遣。
アルチュールはジョンの手によって捕縛され、消息不明となりました。

実はこのアルチュール、ジョンの兄であるジェフリーの息子です。
つまり叔父と甥の関係にあたります。
しかも、この殺してしまった甥は、リチャード1世亡き後のイングランド王位継承件で、ジョンよりも上にいたのです。

結果、「ジョンは潜在的な脅威となりうる甥を捕らえ、自らの剣で惨殺してしまった」と噂されるようになり、その話を聞いたフランス貴族たちに幻滅され、愛想を尽かされてしまいます。

後は、砂上の楼閣のごとく崩れてゆくのみ。
人格的に問題のあるジョンが次から次へとオウンゴール!してくれたお陰で、フィリップ2世としては策をめぐらすまでもありません。
まさに「計算通り」で笑いが止まらないのでした。

 

フランスを強大な王国にする

フィリップ2世が安定した内政を行う一方、ジョンは無軌道な政治を行い、内外の反感を買っていました。
高齢の母アリエノールがふんばって、息子の失態の尻拭いに奔走するような状態です。

ジョンは教皇庁とも揉め、1209年には破門。
これ幸いとフィリップ2世は大艦隊まで用意してイングランド侵攻を企みますが、教皇庁の介入により実行には移されませんでした。
そして1214年、今度はジョンが反撃に出ます。
親戚にもあたる神聖ローマ皇帝オットー4世らを集め、フィリップ2世打倒の兵を挙げるのです。

両軍はブーヴィーヌで激突!

連合軍は、数で勝るといえども、統一に欠けていました。
それに対してフィリップ2世の軍勢は整然とした状態です。
こうなると結果は火を見るより明らかで、フィリップ2世の大勝利、カペー王家は揺るぎない王家としての地位を確立したのでした。

ブーヴィーヌの戦い/wikipediaより引用

ブーヴィーヌの戦いは、まさしくヨーロッパ屈指の、強力な王国が誕生した瞬間です。

フランスの領内に残されたイングランド王の領土は、百年戦争の敗北によってほぼ失われました。
大陸に残った最後のイングランド王領カレーも、1559年、フランスによって奪還されています。

ルイ7世の不幸な離婚によって始まった、イングランド王家とフランス王家のドロドロした因縁。
フィリップ2世が有能でなければ、あるいはジョンがもっとマシであれば、チカラが拮抗して、戦いはさらに長引いていたかもしれません。

イングランド側から見たフィリップ2世は、策謀に満ちた陰険な王です。
そのため、リチャード1世が登場する映画『ロビン・フッド』等でのフィリップ2世は陰険な男として登場します。

しかし、彼はまぎれもなくフランスを強大国に押し上げた英雄です。
歴史を大きく変えた、まさにアウグストゥスの再来でした。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-フランス, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.