日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代 アジア・中東

親日国トルコと日本をつなぐ友情の架け橋 エルトゥールル号遭難事件

更新日:

 

先日、日本とオリンピック招致を競ったトルコ。
結果は東京開催となり、イスタンブールはまた次回以降……となったわけですが、トルコでは東京開催を祝福するムードだそうです。首相のエルドアン氏が安倍首相にハグして祝福したというニュースもありましたね。

なぜ遠く離れた国同士でこのように親密なのか? 明治時代にキッカケとなる事件があったのです。

明治二十三年(1890年)の9月16日、トルコ(当時はオスマン帝国)の軍船エルトゥールル号が現在の和歌山県串本町沖で遭難しました。最近は日本の教科書にも載っていることがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

カネがないから早く帰ってこい! 

当時、日本とオスマン帝国は国交がありませんでしたが、エルトゥールル号は、日本の皇族(小松宮彰仁親王・同妃)のイスタンブール訪問に対する返礼と海軍の訓練を兼ねて日本へやってきました。

イスタンブールを出たのは前年1889年7月14日。スエズ運河を通ってイスラム諸国やインド・香港などに立ち寄り、約11ヶ月で横浜へ到着します。そして無事明治天皇に皇帝の親書を渡したのですが、帰り道が問題でした。

エルトゥールル号/wikipediaより引用

まず、多くの船員がコレラにかかってしまっていました。
この時期に日本でコレラが大流行していたため、長旅で疲れていた船員達にもあっという間に感染者が続出してしまったのです。その回復を待ち、司令官オスマン・パシャは9月15日に出航を決めます。彼らが滞在したのは約40日間と、予定より長くなってしまいました。

が、この時期はまさに台風シーズン。奇しくも現代の16日も台風18号が日本列島に接近してますが、昔から船旅には危険な季節でした。
日本側は当然のようにご忠告いたします。

「船も損耗しているようだし、その状態で嵐に遭ったらひとたまりもないですよ。台風の時期は避けたほうがいい」
「いやいや、大丈夫です( ー`дー´)キリッ」

資金や船を動かすための石炭も乏しくなってきたオスマン帝国一行は聞き入れません。というかこの申し出を断るしかありませんでした。
本国からも「一度は追加費用出すけど、二回目は無理だから早く帰って来い!!」と厳命されていました。

 

スポンサーリンク

溺死者582名に対し生存者わずかに69名

実はこの頃、オスマン帝国には少しずつ翳りが見え始めていました。
十数年前の1878年の露土戦争(ろとせんそう・ロシアとトルコの戦争で過去に10度以上も戦っている)ではイスタンブール近郊まで攻め込まれた後に負けてますし、憲法はできた一方で近代化を急いだ反動で多額の借金があったのです。
そんな状況だったので、かつては地中海を制したほどのオスマン帝国海軍が、「船があるのに嵐を恐れて出航できない!」なんて世界に知られるわけにはいきませんでした。

帰国を急がせたというアブデュルハミト2世/wikipediaより引用

こうして無理に横浜を出航したエルトゥールル号は、その2日後、台風による高波で難破・沈没してしまうのです。

この惨事が発覚したのは船員達のうち数名が、近くの灯台下の崖に流れ着いたから。彼らは疲れた体に鞭打って崖を這い登り、灯台守と付近の漁村に助けを求めます。
台風で漁ができず、村の食料もわずかでしたが、村民達は非常食や衣類を惜しみなく分け与えました。
その結果、69名の命を救うことができたのです。
しかし、600人以上いた乗員のうち、582名が溺死となる大惨事となってしまいました。この中に司令官オスマン・パシャも含まれています。

スポンサーリンク

オスマン帝国の中に親日感情が芽生え始める 

助かった船員達は一度神戸の病院に送られ、10月5日に改めて日本海軍の船でイスタンブールに向けて出発し、無事に本国へ帰ることができました。このとき、後に日露戦争で活躍することになる秋山真之らが同行していたそうです。

事件は明治天皇の耳に入り、できるだけの援助を行うようにという指示を出されました。各新聞にも大きく取り上げられ、官民での支援が行われます。中には義捐金を持ってイスタンブールまで行き、現地で店を開きながら日本語や日本について教えた山田寅次郎という人もいました。
船員救出に加え、こうした事後の支援に対してオスマン帝国は親日感情を抱いたといいます。

エルトゥールル号が座礁した海域を照らしていた灯台/wikipediaより引用

交渉が難航したため、両国が正式に国交を結んだのは1925年の話ですが、その間もエルトゥールル号の件は語り継がれていきます。
そして再び脚光を浴びたのが1985年イラン・イラク戦争のときでした。
3月17日に突然フセイン大統領(当時)「今から48時間経ったら、イラン上空の飛行機は全て攻撃対象とする」と宣言したのです。
「全て」ですから、戦闘機だけでなく民間機も含まれます。
これを聞いた各国は大慌て。
イランから自国民を救い出すために、官民の飛行機が飛び交います。

当時、イラン国内には日本人が200名以上いました。
救い出すためにはやはり飛行機を飛ばさなくてはいけませんが、自衛隊は海外派遣が禁じられているため動けません。
そこでJALに依頼するも、「いやいやいや危なすぎるでしょ!死んだらどうしてくれんの!?」という労組の反対によって飛行機を出すことができませんでした。
その間にも時間はどんどん過ぎていき、ついに日本からの飛行機が間に合わない時刻になってしまいます。

万事休す!の在イラン日本人の前に現れたのは・・・

万事休す!

と思われたその時、イランの空港で救助を待ちわびていた日本人達の前に、見慣れぬ飛行機が降り立ちます。
機体に書かれたキャリア名は「Turkish Airlines」。
トルコの国営航空会社でした。

苦境の日本人たちの前に現れたのは日の丸ではなく/wikipediaより引用

実は、当時の在イラン日本大使が個人的に在イラントルコ大使と親しく、そのつてでトルコ本国に救援を依頼することができたのです。
このときトルコ大使・ビルレル氏は「エルトゥールル号のお礼です」と言っていたとか。
事件からは既に90年以上の時が流れており、当事者達は全て世を去っていたにも関わらず、「国同士の恩」として救助を引き受けてくれたのでした。
もちろん、自国民の救助も忘れていません。
トルコ人用には陸路と自動車を確保し、約500名が脱出したそうです。

その後はエルトゥールル号の件とあわせて、この件も日本・トルコ間の友好を示すものとして語り継がれています。
それだけに、先日の女子大生殺傷事件は痛ましいものです……。

実は明治時代の日本では、エルトゥールル号を含めて外国船の海難事故が大きなものだけでも三件起きています。
1877年11月19日のロシア軍艦アレウトと、1886年10月24日のイギリス商船・ノルマントン号事件です。
アレウトは北海道沖で座礁、ノルマントン号はエルトゥールル号と同じく和歌山県沖での沈没でした。
どちらも直接的な原因は暴風雨によるもの。
トルコもイギリスもロシアも、日本や東南アジアのように台風や暴風雨に慣れていなかったでしょうから、こうした事故が起きてしまったのでしょうね……。

スポンサーリンク

当時の技術とはいえ、自然の力には軍艦でも勝てないもの。
もうそろそろ台風シーズンですが、海岸近くでフザけたり、川や田んぼの様子を見たがる人には「アンタは軍艦より強いのか」とツッコんであげてくださいね。

和歌山県串本町に建てられたエルトゥールル号遭難事件の慰霊碑/wikipediaより引用

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代, アジア・中東

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.