歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ロングアイランドの戦い(Wikipediaより)

その日、歴史が動いた

アメリカ独立戦争勃発!きっかけはズバリ「金」 【その日、歴史が動いた】

更新日:

いつの時代でもどこの国でも、問題のきっかけは人間関係もしくはお金絡みであることが多いものです。

いや、この二つのどちらかで揉めるからこそ問題になるというべきでしょうか。

現代の覇権国家・アメリカ合衆国も、旧宗主国から独立した大きなきっかけは税金によるものでした。
1775年(安永四年)のあす4月19日は、アメリカ独立戦争が開始された日ということで、そんなお話をしていきたいと思います。
日本では江戸時代、十代将軍・家治の頃ですね。

アメリカは最初からイギリスのものだったわけではない

アメリカ合衆国が元々イギリスの植民地から始まった国であるということ(もともとは先住民の大地であること)は皆さんご存知の通りですが、実はその前にはいろいろな国が取り合いをしていた地域でした。これはお隣のカナダも同じですね。
最終的に戦争に勝って利権を獲得したのはもちろんイギリスですけども、その頃には新たな問題が発生してしまいます。

当時イギリスは北米大陸だけでなく、インドを植民地化するための戦争やスペインとのすったもんだなど、いくつかのドンパチを立て続け・並行して行っていた時期でした。そのため、あっちでもこっちでも多額の費用が必要になり、その穴埋めに新たな課税をするハメになってしまったのです。
国内はもちろん、新たに加わったアメリカ13州(以下13植民地)もその例外ではありません。

スポンサーリンク

税金がむしろ安すぎた影響で…

沿岸の赤い部分だけ。小さかった(Wikipediaより)

ここで、13植民地特有の事情が絡んできます。
13植民地が他の植民地と決定的に違うのは、現地住民を征服したのではなく、新たに移り住んだ人々の土地であったということです。簡単に言えば白人がたくさんいたということになりますね。

そのためか、他の植民地と比べて税金が低く、イギリス本国内と比べてもかなり優遇されていました。
当然、本国で多額の税金を納めている層は激おこです。
「俺達に増税するなら、植民地の奴らにも払わせるのがあたりまえじゃないか!」
そんな声が高まり、イギリス政府も必要性と体面の双方から、13植民地への新たな課税を始めます。

が、取られるほうとすればもちろんこれは面白くありません。本国と比較すればまだまだ安い税額ではありましたが、植民地の人々からすると「課税は仕方ないとしても、せめて事前に連絡してくれよ」という話です。これまた当たり前ですね。
しかし本国からはその後も13植民地への報告・連絡・相談なしに「税金増えるよ!」という決定だけが伝えられてきました。

「せめてこっちの代表を本国の会議に参加させてくれませんかね?」と言っても、イギリス政府は聞く耳を持ってくれません。植民地側の頑健な抵抗により、いくつかの税金は廃止されましたが、紅茶だけはずっと高額な税金が掛けられたままでした。

紅茶=ミネラルウォーター →ボストン茶会事件→現代のティーパーティ運動

今でこそイギリスは紅茶、アメリカはコーヒーというイメージが強いですけれども、当時の植民地はイギリスから移ってきたばかりの人たちが住んでいましたから、当然紅茶は生活必需品です。単なる嗜好の問題ではなく、上下水道の整っていない時代ですから、紅茶の殺菌作用は生活する上で欠かせませんでした。

ですが、イギリスが利権を保ち続けるために「ウチの東インド会社以外から輸入した紅茶は全部密輸扱い。ボッシュートな!」という法律を作ってしまったため、植民地の人々の怒りは頂点に達します。

こっちの意見はロクに聞いてくれないわ、生活に欠かせないものをべらぼうな価格で買わされるわで、特にアオリをくらっていた商人達は激おこスティック(ry)な気分になりました。

そしてボストン港に運び込まれた紅茶の箱をちぎっては投げちぎっては投げ、「見ろ!港がティーポットのようだ!!」と叫びながら(ホントは「ボストン港をティーポットにしてやる!」)、見事本国へケンカを売ったのでした。
教科書的に言えば「ボストン茶会事件」ですね。

ボストン茶会事件(Wikiより)

実はその前にもボストンではイギリス兵が民間人を射殺するという事件が起きており、土地柄としても反英感情が強かったと思われます。
武装した兵士が民間人を虐殺するなんていつの時代でも官憲のやっちゃいけないことNo1なんですが、何故かどこの国もやめないんですよねえ。

こうして双方ケンカの売りあいになった本国と13植民地は、一度は話し合いで解決しようとはしたものの、見事決裂し開戦に至ります。
ちなみに当時植民地側にはロクな軍隊がいませんでした。移り住んできた人の多くは家族単位での移民だったので、そもそもまとまっていなかったのです。

スポンサーリンク

アメリカはなぜ勝った?よりもイギリスはなぜ負けた?

ロングアイランドの戦い(Wikipediaより)

ロングアイランドの戦い(Wikipediaより)

では、どうして最終的に独立を勝ち取れたのかというと、「アメリカが勝てた理由」より「イギリスが負けた理由」を考えたほうがわかりやすいかもしれません。
上記の通りそもそもイギリスは財政難に陥っていた頃ですし、その他にも不利な要素がたくさんありました。
列記してみると、よくこれで8年間も戦ったなという気さえします。

・(数えるだけでもうんざりする)イギリスの敗因
1.元がイギリスから移り住んだ人=同国人であるという意識から、他の国を侵略するときとは心象が違った

2.大西洋を横断して戦いに行くため、本国側で戦場に対する認識が遅れ、的確な指示を出せなかった

3.同じく海を渡るため補給線が重要になるが、なかなかアメリカ大陸側に拠点を作れなかった

4.ヨーロッパ諸国の多くが13植民地側についたため、ほぼ四面楚歌状態だった

5.13植民地には共通の首都というべき場所がなく、全ての方面を占領しなければイギリスの勝利にはならなかった

6.武器の開発は13植民地側のほうが進んでいた

7.イギリス側についた人々と連携が取れていなかった

多分細かいところを言えばもっとたくさんあると思われますが、このへんにしておきましょう。
2~4あたりは日本もよそのこと言えませんし。

独立宣言は戦争と「関係ない日」

ちなみに教科書で必ず赤線引かされる”アメリカ独立宣言”は、戦争が始まった日でも終わった日でもなく、開戦から1年後の7月4日に批准されています。
何でそんな中途半端な時期だったかというと、ここで13植民地全てが「今まで一応交渉も続けてたけど、もうダメだあいつら話通じねえ」と諦めたからです。
こうなると、イギリス側より植民地側の団結が強くなっていたことは自明の理ですね。

独立戦争の戦闘そのものは一進一退という状況が長く続きましたが、1781年にヨークタウンの戦いでイギリス軍が負けたことにより、ようやく収束します。
といっても最終的にアメリカの独立が承認され、イギリス軍が完全に撤退するのは2年後の話なんですけども。

この「植民地が独立した」という事実は、当事者達だけでなく世界的に影響を与えていくことになります。
教科書では「フランス革命の遠因になった」の一言で済まされてしまっていますが、スペインやポルトガルの支配を受けていた中南米の人々が「俺達もやろうぜ!」と独立を意識し始めるようになりました。
ざっくり年代順にすると、アメリカがイギリスから独立→フランス革命→中南米の国々が独立という流れです。

スポンサーリンク

独立の輪が世界に広がる

しかし、独立を勝ち取ったアメリカ合衆国でも全てがうまくいったわけではありません。大きな禍根を残した点もありました。
イギリスの支配から脱したことにより、アメリカは当然自分達で政治をやっていくことになったわけですが、奴隷制が廃止されたのはアメリカのほうが30年ほど後なのです。

また、西海岸を目指す過程でネイティブアメリカン(アメリカ先住民)への虐殺が頻繁に起こるようになります。それまでもあっちこっちでヨーロッパからの入植者達がやっていたことではありますが、独立してからは特に顕著です。
そもそも初代大統領ジョージ・ワシントンが「先住民を根絶やしにしろ」とか言ってます。国のトップがこの有様では、当時の白人サマがいかに差別と偏見の塊であったかが窺えるというものです。
教科書では「強制移住法で先住民がカワイソウな目に遭いました」くらいの扱いですっ飛ばされていますが、詳細を調べれば調べるほどアメリカという国が嫌いになるような事実がゴロゴロ出てきます。
歴史を調べていて「(゚Д゚)ハァ?」と言いたくなるようなことは珍しくありませんけども、人種差別の類はその最たるものですね。くだらない思い込みと勝手な都合のために、一体どれだけの人々が不本意な死に方をしたのでしょう。
アメリカ合衆国に限った話ではありませんが。

そうした点や後々の歴史を考えると、果たしてこの国の独立は良いことだったのかなあ……と考えざるを得ない面があります。
イギリスの一部のままでも同じだったかもしれませんけどね。

長月 七紀・記

参考 http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ独立戦争




スポンサーリンク


http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国の独立

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.