ヨークタウンの戦いにおけるコーンウォリスの降伏/wikipediaより引用

イギリス アメリカ その日、歴史が動いた

3分でわかるアメリカ独立戦争が起きたキッカケは「お金」と「お紅茶」だ!

投稿日:

いつの時代もどこの国でも。
トラブルのもとは人間関係あるいはお金。

現代の覇権国家・アメリカ合衆国も、旧宗主国から独立した大きなきっかけは税金でした。

1775年(安永四年)4月19日は、アメリカ独立戦争が始まった日です。

日本では江戸時代
十代将軍・徳川家治の頃なんですよね。

 

最初からイギリスのものだったワケじゃない

アメリカ合衆国が元々イギリスの植民地から始まった国であるということ(もともとは先住民の大地であること)は、おそらく皆さんご存知でしょう。

が、それ以前はいろいろな国が取り合いをしていた地域でした。
お隣カナダも同じですね。

最終的に戦争に勝って利権を獲得したのはイギリスで、その頃には新たな問題が発生してしまいます。

当時のイギリスは北米大陸だけでなく、インド植民地化の戦争をしていたり、スペインとも揉めたりしていて、複数のドンパチを立て続け&並行して行っていたのです。
そのため、あっちでもこっちでも多額の費用が必要になり、その穴埋めに新たな課税をするハメに陥りました。

国内はもちろん、新たに加わったアメリカ13州(以下13植民地)もその例外ではありません。

英国の13植民地・最初は沿岸の赤い部分だけだった/wikipediaより引用

 

税金がむしろ安すぎた影響で…

13植民地には、特有の事情がありました。
他の植民地と決定的に違い、新たに移り住んだ人々の土地だったのですね。現地住民を征服したのではなく、白人がたくさんいたのです。

そのためか、他の植民地と比べて税金が低く、イギリス本国内と比べてもかなり優遇されていました。

当然、本国で多額の税金を納めている層は激おこです。

「俺達に増税するなら、植民地の奴らにも払わせるのがあたりまえだろ!」
そんな声が高まり、イギリス政府も13植民地への新たな課税を始めます。

しかし、です。
新たに取られる方からすれば、これは当然面白くありません。

本国と比較すればまだまだ安い税額でしたが、植民地の人々からすると
「課税は仕方ないとしても、せめて事前に連絡せいよ!」
という話です。
これまた当たり前ですね。

ところが、その後も本国イギリスからは【報告・連絡・相談】なしに13植民地への「税金増えるから」という決定だけが伝えられてきました。

「せめてこっちの代表を本国の会議に参加させてくれませんかね?」
と打診しても、イギリス政府は聞く耳を持ってくれません。

植民地側の頑健な抵抗により、いくつかの税金は廃止されましたが、紅茶だけはずっと高額な税金が掛けられました。

 

「見ろ!港がティーポットのようだ!!」

今でこそイギリスは紅茶、アメリカはコーヒーというイメージが強いですよね。

当時の植民地は、イギリスから移ってきたばかりの人たちが数多く住んでおりました。
ゆえに紅茶は生活必需品です。
単なる嗜好の問題ではなく、上下水道の整っていない時代ですから、その殺菌作用は生活する上で欠かせない。

ところが、です。
イギリスが利権を保ち続けるために
「ウチの東インド会社以外から輸入した紅茶は全部密輸扱い。ボッシュートな!」
という法律を作ってしまったため、植民地の人々の怒りは頂点に達するのでした。

こっちの意見はロクに聞いてくれない。
生活に欠かせないものをべらぼうな価格で買わされる。

最もそのアオリをくらっていた商人達はブチ切れます。

そしてボストン港に運び込まれた紅茶の箱をちぎっては投げちぎっては投げ、「見ろ!港がティーポットのようだ!!」と叫びながら、見事、本国へケンカを売ったのでした。
※実際は「ボストン港をティーポットにしてやる!」です、似たようなもんですが

教科書的に言えば「ボストン茶会事件」になります。

ボストン茶会事件/wikipediaより引用

実は以前にもボストンでは、イギリス兵が民間人を射殺するという事件が起きております。

土地柄、反英感情が強くなっていたのでしょう。
武装した兵士が民間人を虐殺するなんていつの時代でも官憲のやっちゃいけないことNo.1なんですが、何故かどこの国もやりがちなんですよね。

こうして双方ケンカの売りあいになった本国と13植民地。
一度は話し合いで解決しようとしながら、ものの見事に決裂し、開戦に至りました。

ちなみに当時植民地側にはロクな軍隊がいません。
移り住んできた人の多くは家族単位での移民だったので、そもそもまとまっていなかったのです。

 

「なぜ勝った?」というより「なぜ負けた?」

では、どうして最終的に独立を勝ち取れたのか?

これを理解するには、
「アメリカが勝てた理由」
より
「イギリスが負けた理由」
を考えたほうがわかりやすいかもしれません。

上記の通り、そもそもイギリスは財政難に陥っていた頃で、ほかにも不利な要素がたくさんありました。
以下に列記してみましょう。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-イギリス, アメリカ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.