日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 欧州

孤高の芸術家アントニオ・ガウディ 没頭するあまり最期はホームレスと間違われ

更新日:

 

突然ですが、「スペイン」と聞いたら何を連想しますか?
情熱的なフラメンコや闘牛、パエリアなどの伝統料理、はたまたお酒好きならシェリーあたりでしょうか。

実はそれに加えて、芸術方面でも特徴的なお国でもあります。
近代美術ならピカソやダリ、もう少し遡ればゴヤやベラスケスなど、教科書に載っている有名人も多いです。
今回はその中でも、あの観光名所で有名なあの人を取り上げてみたいと思います。

1926年(日本では昭和元年)のあす6月7日、建築家アントニ・ガウディが亡くなりました。
サグラダ・ファミリアの設計者として有名な人ですね。

気難しそうな顔をしておりますね/wikipediaより引用

気難しそうな顔をしておりますね/wikipediaより引用

日本だとアントニ”オ”・ガウディと表記されていることが多いような気がしますが、出身地カタルーニャだと”オ”がつかないそうですので、こっちにしておきましょう。
スペインも地方によっていろいろ複雑な経緯があるお国ですので、そこは大人の事情に配慮ということで。

芸術センスの土壌は銅細工職人の両親から?

ガウディは、スペイン北東・フランスとの国境に位置するカタルーニャ地方で生まれました。

両親共に銅細工の職人さんの家系で、これが彼の芸術的センスに大きく影響したといわれています。また、後々「自然が教科書だった」とも述べている通り、小さい頃から動植物など身の回りのものをよく観察するような、好奇心の強い子供だったとか。
小さい頃リウマチにかかったことをはじめ、あまり身体が強くなかったのでそうなったのかもしれませんね。

芸術家としてのスタートは、11歳で入った修道会が運営する学校で友人と作った雑誌の挿絵を描いたことだったようです。
演劇をやるときには大小の道具を作ったり、旅行先で見つけた廃墟の修復を計画したことがあったりと、この頃から立体物への関心も強かったとみられます。

ガウディの生家

ガウディの生家だそうです、これだけじゃよくわかりませんが・・・/wikipediaより引用

スポンサーリンク

建築学校に入るも3度の留年

20歳を過ぎた頃建築の学校に入りましたが、あまり経済的に余裕がなかったので、勉強しながら設計事務所で働いていたそうです。
いかにも苦労人といった感じですが、座学と実践を同時にできたと考えれば本人にとってはメリットもあったのではないでしょうか。
三回留年したらしいので、学校側としては(#^ω^)ビキビキだったかもしれませんが。

しかし、サグラダ・ファミリアなどに見られる独創的なデザインセンスはこのあたりから発揮されていたようで、校長先生には「狂人か天才かワカンネ(´・ω・`) 後世の人の判断に任せよう」(超訳)と評されています。それ褒めてんのけなしてんの?

スポンサーリンク

パリ万博がキッカケとなりサグラダ・ファミリアへ

苦労の甲斐あって26歳のとき建築士の資格を取ったガウディは、早速オリジナルの仕事をもらいます。
それは、パリ万博(1878年)に出展するとあるお店のショーケースをデザインすることでした。

これがエウゼビ・グエイという大富豪の目に留まり、彼はこれ以降ガウディのパトロンとして仕事の依頼と支援をしてくれるようになります。
人間いつどこで縁ができるかわかりませんねえ。

そしてパリ万博から5年、ガウディにいよいよサグラダ・ファミリアの建築家という大仕事がまわってきました。

実はこの建物、初代の建築家が着手した後に依頼主のカトリック団体と大ゲンカし、「なら俺は降りる!!」と言って辞めてしまっていたのです。

ですので細かいことを言えばガウディは二代目の建築家なのですが、引き受けた際に「1から設計し直していいですか」「おk」(※イメージです)ということになったので、サグラダ・ファミリアといえばガウディといわれるようになったわけです。

初代の人涙目。

バルセロナの作品はまとめて世界遺産に

以降この教会が彼のライフワークになるのですが、そのかたわらで他の屋敷や公園などの建築や、家具のデザインもこなしています。
どれも素晴らしく、建築物についてはほとんどがバルセロナにあるため「アントニ・ガウディの作品群」としてまとめて世界遺産に登録されており、ウィキペディア先生などでまとめて写真を見ることができます。

比較的スタンダードなものもありますが、彼の得意とする曲線や細工、カラフルなタイル張りはまさに圧巻の一言。
個人的にはカサ・カルベットの外観が好きです。基本的には外側しか見られないそうですが、1階のレストランで食事をすると内装も見せてもらえるとかもらえないとか……でも、お高いんでしょう?(涙目)

カサ・カルベット、やっぱり天才やで・・・/wikipediaより引用

カサ・カルベット、やっぱり天才やで・・・/wikipediaより引用

 

ミサに向かう途中で路面電車に轢かれ・・・

これだけ仕事をしていれば当然他のことに気が回る余裕はないわけで、結婚や身なりについてはほぼ無関心でした。いかにも芸術家らしいといえばらしいですね。

60代に入ってからはサグラダ・ファミリア以外の仕事を断り、何かにとりつかれたかのように建設に没頭します。

が、この頃から家族や友人、そしてパトロンであったグエイが立て続けに亡くなり、すっかり気落ちしてしまったようで……写真を撮られたり取材されるのを極端に嫌うようになりました。

これが結果的にガウディの寿命を縮めてしまいます。
1926年の6月4日、ミサに向かう途中で路面電車に轢かれてしまったのです。

サグラダ・ファミリアの仕事部屋、地味どすなぁ/wikipediaより引用

サグラダ・ファミリアの仕事部屋、地味どすなぁ/wikipediaより引用

ホームレスと見間違われるほどの服装だったために手当が遅れたといわれており、もし少しでも身なりに気を使っていれば助かったかと思うと、残念でなりません。
10年以上写真を嫌がっていたということは、世間に顔をあまり知られていなかったのかもしれませんが。

完成まで300年かかる理由とは? 

ガウディのお墓はサグラダ・ファミリアの地下に設けられていて、デスマスクもここにあります。
実際に立ち入ることはできないようですが、窓からお墓全体を見ることができるとか。
事故で亡くなった割にはデスマスクの表情はとても穏やかで、ちょっと意外な気もします。

一生をかけた超大作が後人の手によって出来上がっていくのを、どこかで見守っているかもしれませんね。

ちなみにサグラダ・ファミリアがかつて「完成まで300年かかる」と表現されていたのには二つの理由があります。

一つは、建築資金を全て寄付でまかなっていたこと。
もう一つは、ガウディが設計図ではなく模型で仕事を進めるポリシーだったからです。この模型が内戦などの影響で現存しておらず、そのため一時は「もう建てるの無理じゃね?」ともいわれていました。

が、その後観光客の増加によって資金問題が解決し、模型もどうにかなったので障害がなくなりました。めでたい。

現在の予測では2026年完成予定とのことで、多分完成後はさらに観光客が増えるんでしょうねー。行くならその前がいいのかも?

若者の失業率が50%を超えている(!)というスペインですが、サグラダ・ファミリア完成で景気が回復するといいですね。
あと12年頑張れ!

 

 

長月 七紀・記

 

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2
http://www.iberotour.jp/articulo/articulo0011.php





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 欧州
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.