日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ギリシャ

紀元前4世紀ギリシア神殿炎上!世界最古のバカッターが発生【その日、歴史が動いた】

更新日:

人間も動物の一種である以上、本能というものが存在します。三大欲求はもとより、「有名になりたい」という願望もその一つでしょう。

が、素晴らしい芸術作品を残したとか、見事な戦術で味方を勝利に導いたとかならともかく、中には「は?」としか言いようのないことで名を残した人もいます。いわば歴史版バカッター(古い?)ですね。(参考「今なら「弥勒なう」でtwitter炎上間違いナシ!? 美しすぎる広隆寺弥勒菩薩が骨折」

今回はそんな出来事を二つご紹介します。

歴史に名を残したい!→記録抹消

現在はトルコのエフェソスにあるアルテミス神殿跡(Wikipediaより)

紀元前323年の7月21日、ヘロストラトスという青年が売名のためだけにギリシャのアルテミス神殿へ放火しました。
もうこの時点で「は?」ですが、2300年前から売名という概念があったギリシャ人ぱねえというべきですかね。さすが哲学のお国ですわ。
ちなみに何で目的がわかったのかというと、捕まったときに本人があっさり白状したからです。
「自分の名を歴史に残すため、最も美しい神殿に火を放った」というパッと見(聞き)哲学的でカッコイイ口上なのですが、意味合いは「死んだ後も有名になりたいんでやりましたチィーッス☆」程度なので実に残念です。

が、ただの放火ではなくこんな下らない理由で神殿に火をつけた人間に対し、市民は当然ながら激おこスティック(ry)でした。
「ヤツの望みを叶えてたまるか!」ということで、彼に関する一切の記録を消すという刑罰が下されます。
じゃあなんで今へロストラトスの名前がわかるのかというと、この刑が決まったにもかかわらず同時代及び後世の歴史家が「こんなアホがいたんだぜwww」とネタにしてしまったからです。一応公的に決まった処罰をガン無視するとかないわー。だから経済回復しないんじゃゲフンゲフン。

スポンサーリンク

江戸城で刀を忘れて歴史を残したゆかいな京極さん

売名行為ではありませんが、ほのぼのしていいのかどうかビミョーな話をもう一つ。
寛政二年(1790年)の8月20日、京極高久という幕府の若年寄も務めた大名(京都・峰山藩)がとあるポカミスで歴史に名を残しました。頭の固いことで有名な松平定信の時代です。

この日は台風かゲリラ豪雨と思しき大嵐でしたが、幕閣にそんな理由での欠勤は許されません。しかも江戸城の降車(駕籠)場に定信が来ているのが見えたので、高久は「やっべ早く駕籠降りないとまたネチネチ言われる!」(超訳)と焦り、なんと武士の命である刀を忘れて城に入ってしまいました。

よく気の利く部下が主人の登城を確かめた後、駕籠の中を見て「やっべウチの殿刀忘れてるよ!早く届けなきゃ!!」(超訳)とこれまた焦ったのですが、門番に「お前何してんの(刀ぶら下げて門を通ろうとはいい度胸じゃねえかゴルァ)」と咎められてしまいます。そりゃそうだ。

ここでこの部下、あろうことか「ウチの殿様の忘れ物です!!」(超訳)と正直に答えてしまったため、門番から流れ流れて城中に「京極が刀忘れたんだってさープークスクス」と言われるようになってしまいます。
以前似たようなことをやった人がクビになっていたため「これは腹を切ることになっても仕方ない……」と涙目(※イメージです)で覚悟を決めた高久、心身に不調をきたしてしまい、約一ヵ月後に寝込んでしまいました。
悪天候の中で焦れば仕方がないと思ったのか、幕府からお咎めはなかったようなのですけどね。

ときの将軍・十一代家斉も「アイツはいつもマジメにやってくれてるし、たった一度の失態くらい気にすんな。でも面子もあるだろうから、別件で半月謹慎扱いにするわ」(意訳)という粋な計らいをしてくれました。キャー家斉サンカッコイー

家斉さん凸(Wikipediaより)

 

狙って名が残るのは「してやったり」ですけども、不本意な経緯と共に記録されてしまうのは(´・ω・`)って感じですよね。

この手の話題はグロ系統が多いので、その辺を避けていたらなんとも微妙な取り合わせになりましたテヘペロ。「切り裂きジャック」(※画像検索ダメ絶対。被害者の写真が出てきます)とか出すとこのコーナーの読者様が一気に減ってしまいそうですし。

彼(彼女かもしれませんがとりあえず語感的にこっちで)は最古の愉快犯でしょうねえ。つまり売名目的でこの手の犯罪をやってしまう人は、200年前の人と発想・道徳意識が同レベルであるという実に笑えない意味を持ってしまうことになりますね。うわあ。

長月七紀・記

参考:山本博文『武士の評判記』(新人物ブックス、2011)

スポンサーリンク

http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘロストラトス
http://ja.wikipedia.org/wiki/記録抹殺刑





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, ギリシャ
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.