日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた キリスト教

レコンキスタの分岐点となった「リスボン攻防戦」 そして大航海時代は始まった(ただし250年後)

更新日:

 

時代の差や文化の違いがあるとはいえ、歴史を見ていると「それ、もうちょっとうまくやれたよね?」とツッコミたくなることが多々あります。
本日はその一例になりそうな、とある地域の長い長い戦いのお話をざっくり見ていきましょう。

1147年(日本では平安時代・久安三年)10月24日は、リスボン攻防戦が終結した日です。

リスボンといえばポルトガルの首都。そんな都市部で攻防戦とは穏やかならぬ話ですが、これは同地域の歴史における大きな戦いのターニングポイントでした。
世界史の教科書でもおなじみの”レコンキスタ”です。

リスボン包囲中のアフォンソ・エンリケス/wikipediaより引用

リスボン包囲中のアフォンソ・エンリケス/wikipediaより引用

 

8行でだいたいわかりそうなレコンキスタ

レコンキスタとは「ムスリム国家からキリスト教国家が土地を取り戻した」という一連の戦いです。
が、ちょっと詳しく見てみると「もうちょっと早く終わらせられたんじゃね?」と思わなくもありません。
レコンキスタという言葉をバラすと「レ(Re)=再び」+「コンキスタ(conquista)=征服」。ゆえに日本語だと「再征服運動」と訳されるんですね。
「コンキスタ」という言葉はこの後、スペインの植民地政策のところで「”コンキスタ”ドール」として再登場するので、元の意味を覚えておくと結びつくかもしれません。

では、だいたいの流れを先に確認しておきましょう。
【8行でだいたいわかりそうなレコンキスタ】
イベリア半島に西ゴート王国という国ができる

ウマイヤ朝に攻められて西ゴート王国が滅ぶ

イベリア半島のあっちこっちでウマイヤ朝に対する抵抗が始まる

ウマイヤ朝の本土で内紛、王族がイベリア半島に逃げて「後」ウマイヤ朝を作る

アストゥリアス・カスティーリャ・ポルトゥカーレなどの小さな国ができる

ポルトゥカーレが先にムスリムを追い出し、ポルトガル王国となる ←今日この辺

gdgdの後、イベリア半島最南端のグラナダだけが残る

グラナダを攻め取ってレコンキスタ完了

始まりをどこととるか? 見方はそれで変わってきますが、だいたいこの間780年くらいです。日本史でいえば、平城京の時代から毛利元就のにーちゃん・興元が生まれた年までにあたります。長すぎ。
それだけムスリムが強かったから……というだけでなく、お互いの勢力圏内で内紛がたびたび起きてgdgdだったからでもありました。
では、更にもう少し詳しく見ていきましょう。

1031年におけるイベリア半島の勢力図/wikipediaより引用

1031年におけるイベリア半島の勢力図/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

だからややこしい><; まずはイベリア半島で三つ巴の戦い

まず「西ゴート王国」とは、ローマ帝国が東西に分かれて滅びた後、スペインからフランス中南部にかけてできた国です。

しかしその北東側にできたフランク王国(ドイツ・フランスの原型になった国)に押され、イベリア半島まで後退。
いったんは落ち着いたかと思ったら、100年もしないうちにムスリム国家のウマイヤ朝に南から攻められ、西ゴート王国は数年で滅亡してしまいます。

イベリア半島は既にキリスト教化した後だったので、この時点でキリスト教vsイスラム教という構図ができました。
宗教が絡むと、反攻も早く始まるものです。西ゴート王国が滅びて十年のうちに、イベリア半島北部にアストゥリアス王国という国ができ、ムスリムとの戦いを始めました。
しかし、時同じくしてフランク王国がイベリア半島に攻めてきたため、この地のキリスト教徒たちは二正面作戦を強いられることになります。
幸運にも、同時期のウマイヤ朝は領土が広くなりすぎて内部分裂を起こし、アッバース朝という新たな国ができました。
ウマイヤ朝の王族の一人がイベリア半島最南端のコルドバに作ったのが「後」ウマイヤ朝です。中国史で前漢と後漢があるのと似たようなもんですね。

こうして、イベリア半島で「地元のキリスト教徒」vs「海の向こう&地元のムスリム」vs「うまいところを持っていきたいフランク王国」という三つ巴の戦いが始まります。受験生涙目。
フランク王国はこの後すぐに自分の国が分裂して、イベリア半島どころじゃなくなるのですぐに関係なくなりますが。

南へ追いやられていくイスラム勢力の様子/wikipediaより引用

南へ追いやられていくイスラム勢力の様子/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

イスラム勢力が内乱を起こせば、キリスト教側も同じように……

キリスト教側も頑張りますが、10世紀にファーティマ朝という新たなムスリム王朝が興り、一時はバルセロナなどのスペイン北部まで攻められました。
しかし、その後は後ウマイヤ朝が内部分裂により滅亡したことで、イベリア半島内のムスリムは一枚岩ではなくなって互いに争い始めます。
もともとその土地を持っていた異教徒が目と鼻の先にいるというのに、のんきなものです。

その隙にキリスト教側は各地で小さな国を作り、地盤を整えていった……かと思いきや、こっちもこっちで領地を巡って相争っておりました。
後世の異国人からすると「お前ら何してんの?(´・ω・`)」としか思えませんよね。

11世紀には双方の内紛が落ち着き、ムスリム側にムラービト朝という国ができて、再びイベリア半島の征服を始めます。
またしても押され始めたキリスト教側は、ここでようやくまとまり始めて再び押し返します。

この間、フランス王家の親戚がポルトガル王国を建国し、ムスリムからリスボンを奪還。1147年のことです。
ポルトガルはこの後100年ほどでレコンキスタを完了し、先に国家としてのスタートを切りました。

 

第4回十字軍をキッカケに国々が手を取り合う

現在のスペインにあたる地域は、もう少し時間がかかっています。
ムスリム側が東方へ目を向けていたことと、キリスト教側が一枚岩になれなかったからです。世界史の戦争ってだいたいこんなんですよね。

キリスト教側が盛り返したきっかけは、第4回十字軍でした。
本隊は「物資と金ほしさに、同じキリスト教徒の都であるコンスタンティノープルで略奪を働いた」という世界史上屈指の汚点を残しますが、イベリア半島へ向かったキリスト教徒の戦士たちは、レコンキスタの重要な戦力となりました。やればできる子。

こうしてようやくイベリア半島の国々も手を取り合う気になり、キリスト教連合軍は6万を超える大軍になりました。
ちなみに、この時点で西ゴート王国が滅びてから500年近く経っています。本気になるの遅すぎるやろ。

しかし、一度勝った後はまたしても各地で内乱が起きます。
王様が亡くなってしまった国がいくつかあり、内乱スレスレまで荒れてしまったのが原因なのですが……何でそうなる(´・ω・`)
他の国はイスラムとの戦いを続けたものの、そもそも頭数が減ってしまったのでうまく行きませんでした。
こうして10年ほどのgdgd期間ができてしまいます。

 

内紛やらなんだかんだで更に250年グダグダだったけど

といっても内乱スレスレだったのはムスリム側も同じで、一度大敗したことにより求心力を大幅に弱めていました。そしてイベリア半島でのムスリム勢力は小国乱立状態となります。

チャンス! とばかりにキリスト教側は各地を攻略。
とはいえムスリム側もまだまだ頑張り、イベリア半島南部のグラナダにナスル朝を興して抵抗しました。
グラナダは今でこそアルハンブラ宮殿で有名な観光地ですが、当時は山に囲まれた要害、かつ畑も多く、長期戦に向いた土地だったのです。

ただでさえ攻めにくいのに、ここにきてまたキリスト教側はそれぞれの海外進出や自国の生存戦略など、好きなことや内紛をやりだしたので、さらに250年ほどレコンキスタは長引きます。
なんで「一つずつ片付けよう」と思わないんでしょうね。

そんなこんなで15世紀の後半になって、ようやくレコンキスタの中心となっていたカスティーリャ王国がまとまり、スペイン王国となりました。
その三年後にグラナダで内乱が起き、今度こそレコンキスタ最後の戦いが始まります。

約10年かけてナスル朝を攻め滅ぼし、ようやくレコンキスタは完了。
よくこの混乱に乗じて他の国に滅ぼされなかったものですね。他の国も似たような状況で常に争っていたので、ある意味運が良かったかもしれません。百年戦争とか。

この後、ポルトガルやスペインは大航海時代に乗り出し、続いて世界史が大きく動いていくことになります。

教科書だと時系列を優先するので、他の国の話が間に入りますが、実はレコンキスタの直後が大航海時代です。この前まで異教徒とドンパチやってて、すぐに海外に行く……というのもスゴイ話ですのぅ。
まあ、明治維新以降の日本も似たようなものですが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:リスボン攻防戦/wikipedia レコンキスタ/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, キリスト教

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.