日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 幕末・維新 アメリカ

琉米修好条約を要求したのもペリーだった! 知られざる琉球王国(沖縄)の開国事情

投稿日:

皆様には「付き合いの長い人」はいらっしゃいますか?
家族でも友人でも職場の同僚でも、誰か一人はいますよね。
しかし、その人との付き合いがいつどうやって始まったかというと、案外覚えていないことも多いのではないでしょうか。両親はそれこそ生まれた瞬間からの付き合いですしね。
今回はその「お付き合い」が海の向こうから突然やってきた、あの時代のあのエリアのお話です。

安政元年(1854年)6月17日は、ペリーが琉球王国(現在の沖縄)と琉米修好条約を締結した日です。

この時期、そしてペリーとくればやはり日米和親条約のイメージが強いですよね。実は、その合間に琉球王国とも接触していました。
今回はこの件を中心に、琉球王国の外交関係について少々みていきましょう。

 

江戸のついでに交渉しとっか、的な?

もともと、ペリーは大西洋からアフリカ・シンガポール・中国を経由して日本に向かうルートを選んでいます。となると、江戸よりは琉球のほうを先に通るわけです。
訪れている順番からしても、「どうせ江戸での交渉はすぐ終わらないから、こっちとも付き合いを始めておくか」といった雰囲気が漂います。

アメリカを出発したのが1852年の11月、初めて琉球を訪れたのが翌年5月でした。
半年となると、この時代にしては早い感じがしますね。現代でも、国際便の小包はそのくらいかかることがありますし。

琉球に対しては武力行使も許されていたようですが、ペリーは穏便なやり方で話を進めようと考えていたようです。首里城で琉球のお偉いさんと会見の後、贈り物をして一度小笠原諸島へ向かいました。

その後、小笠原諸島から那覇に戻り、補給をして本命の江戸へ行っています。おそらく、琉球への最初の訪問は顔合わせのつもりだったのでしょう。
そして江戸で交渉した後、再び琉球にやってきて以下の要求をしました。

・聖現寺を一年間賃貸することと、それに関する協定
・5~600トンの炭を貯蔵できる施設の建設、及びその施設の妥当な金額での貸与
・偵吏(公的な探偵)の追跡を禁止
・アメリカ人向けの自由市場を作ること
「聖現寺」は現在の天久聖現寺で、首里城から西に5kmほどのところにあるお寺です。近隣にはペリー上陸記念碑もあります。ここは元から港に近い場所にあるお寺ですので、ちょうどいいと思ったのでしょうね。

ペリー/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

日米和親条約を結んで再び来航 回答期限はわずか3日

いきなりやってきて提示したペリーの要求は、江戸幕府に突きつけたのと同じくらい無礼なものでした。
この後、ペリー一行は香港へ向かい、その後アメリカへ一度帰国。これまた江戸幕府相手と同様に、琉球にも考える時間を与えたのです。

既に航路が確立できたので、「いつでも来られるのだから、こんな小さい国はいつでも滅ぼせる」とも思っていたかもしれませんね。ちょっとゲス過ぎるでしょうか。

そして翌年、ペリーは再び来航します。
このときも琉球に顔を出した後、江戸に行って日米和親条約を結び、その帰りにまた琉球へ来ています。
琉球からすれば、外堀を埋められた感じがしたでしょうねぁ。朝貢先だった清は、既にアヘン戦争で負けており、当然ながらその情報は知っていたでしょう。

このときもペリーはほとんど時間的猶予を与えるつもりはなく、回答期限はたった3日という短期間にしています。
琉球政府としては不服だったでしょう。しかし、抗う力もなく、仕方なくこれを受け入れ、調印いたしました。
条約は漢文と英語で二通ずつ作られ、後にもう一通追加しています。

 

スポンサーリンク

なぜか墓地を設置することが含まれていた

琉米修好条約の内容は、日米和親条約よりも少しヌルいもので、「アメリカを最恵国待遇にする」などの項目が含まれていません。
逆に”日米和親条約にはなく、琉米修好条約にある”条文としては、「アメリカ人墓地を設置すること」が挙げられます。ちなみに日米修好通商条約にもこういった条文はありませんね。

しかしなぜ、琉球にだけお墓を求めたのでしょう。当時、琉球までの航路で亡くなるアメリカ人が多かったとか、周辺の海域で船が難破しがちだったんですかね。現代でも沖縄は本州よりも台風の被害が出やすいですし、いわんや19世紀をや。

ちなみに、琉球はこの翌年に、フランスからも同様の条約を結ばされています。
「琉仏修好条約」です。まんまですね。

しかもこのときは、条約の修正を持ちかけたら武力行使をほのめかされ、フランス人がやってきてからわずか二週間ほどで強引に調印させられております。
さらに、フランス人居留地まで作らされています。清仏戦争といい、この時代のフランス(帝国)はロクなことしてませんね。

 

なぜか「台湾-琉球」の交流がつながりが薄い?

これらの条約は、いつまで有効だったか?
と言いますと、いずれも明治十二年(1879年)の琉球処分によって琉球王国が滅亡したことにより、失効したとみられています。

それによるトラブルも特にないようなので、アメリカやフランスのほうでも特に問題はないとみなしたのでしょうか。

ちなみに、現代では沖縄と距離的にも文化的にも近い台湾とは、意外と歴史的接点が少なかったようです。
中国の歴代王朝からは似たような場所と認識されていて、現在の沖縄と台湾を合わせて「琉球」と呼んでいた時代が長かったのですが。
近年の研究でも、沖縄の方と台湾の方には遺伝子的にあまり共通点がない=混血の形跡があまり見られないそうです。

ということは、”中国-台湾”や”中国-琉球”というルートはあっても、”台湾-琉球”という繋がりはなかったのでしょう。不思議なものです。

琉球王国は中国へ朝貢をしていましたから、その船が台湾を通っていてもおかしくないと思うのですけれどもね。
まぁ、17世紀のオランダ統治時代以前の台湾については謎が多いので、もしかしたら多少のお付き合いはあったかもしれませんね。

台湾の歴史がより詳しくわかれば、琉球との関係について意外な事実が出てきたりするのでしょうか。楽しみなところです。

ペリーはアメリカで無名な存在だと!? 黒船を率いて開国を要求したペリーの苦労話

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:琉米修好条約/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 幕末・維新, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.