レオン・ド・ロニー/wikipediaより引用

西郷どん特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

元祖ニッポンダイスキ外国人、大集合!レオン・ド・ロニーが第一人者?

更新日:

クールジャパンという言葉が生み出される前から、日本好きの外人さんはたくさんいました。

昔ながらの日本の風景・文化に引かれて来日したという人がおり、その代表が1837年4月5日、フランスに生まれたレオン・ド・ロニーではないでしょうか

この「ド」(ドゥ)は貴族固有の冠詞ですので、少なくとも良家の生まれだったことはわかります。

ちなみに英語だと「オブ」、ドイツ語だと「フォン」、イタリア・スペイン語で「デ」(ディ)がついたらだいたい身分の高い人の目印です。
生まれつきかどうかはこれだけだとわかりませんが、ちょっとした目安になりますので覚えておくと便利かも。

 

17才で日本語学に関するレポートを発表

レオンは代々学者さんの家に生まれたので、彼も当然学問の道を志しました。
当初は植物学者を目指していたそうです。

が、どこでどう道を間違っ……失礼、路線を変更したのか、当時ロクに資料もなかったであろう日本語を独学で身につけます。

一説にはシーボルトなどの影響だそうです。
が、母音も子音も文字も共通点のない言語を自力で身につけるとか根性パネェっす。

シーボルト/wikipediaより引用

17歳の時には日本語学に関するレポートを発表しており、「アナタ、一体どこからソースを持ってきたの?」と聞きたくなります。

シーボルトがオランダ帰国後に出した日本に関する研究書は、おそらくオランダ語かドイツ語で書かれているでしょう。その辺から攻めてったんですかね。

 

日本使節団の通訳を務めるほどペラペラだった

ともかく細かい経緯は不明ながら、レオンの日本語はメキメキ上達していきました。

1862年に文久遣欧使節がパリへやってきたときには通訳を務めるほどでしたので、日本人にも通じるくらいペラペラだったことになります。ホントどこからどうやって学んだんだ。

使節団には仕事以上にはりついていたようで、その中の一人・福沢諭吉がこんな記録を残しています。
※いつも通りの超訳ですので悪しからずご了承ください。

「フランス政府からロニーってヤツが来た。
パリだけでなくオランダにもついてくるくらい熱心だったけど、母親が病気になったからってことで帰った。
その後ベルリンへ追いかけてきたらしい。俺らがロシアに出発した後で、入れ違いになったけど。
でもペテルブルクまで来やがったよコイツ。金も時間もかかるのに何やってんだ?
ヨーロッパで一番の奇人に違いないな」

あの福沢諭吉に奇人扱いされるとかどんだけー?

『福翁自伝』で腹筋崩壊!福沢諭吉は堅物どころかファンキーでロックだぞ!

本 ...

続きを見る

 

フランスの外国研究所で日本語学の初代教授に

このストーキンg……熱心さにはフランス政府もドン引きしたのか。

「お前日本ひいきしすぎだからもうダメ」とお咎めを受けてしまうのですが、彼の知識欲はそんなことでは引かぬ媚びぬ省みぬ状態。
翌年にはフランスの外国研究所で日本語を教え始め、正式に講座ができたときは初代教授を務めました。

一応フォローしておきますと、この時代、【開国する・しない】を含めた政治的な面や浮世絵他の芸術面など、いろいろな理由で日本へ興味を持つ人は、ヨーロッパのあちこちにおりました。
ゴッホが浮世絵を集めていた話なんかが有名ですかね。

ですので、レオンだけが日本へ関心を持っていたわけではないですが、いかんせんレベルが桁外れです。

ファイナルファンタジーで普通の人が一般兵だとしたら、レオンの執念は魔導アーマーぐらいじゃないでしょうか(わかる人だけでスンマセン)。

その後も彼はパリ万博で委員を務めたり、日仏間の学術上の交流に貢献したり、仏教の講義までやっています。
ある意味悟り開いてますね。

 

ほかにもたくさん!日本ヲタな外国人たち

生涯、日本文化への関心は持ち続けていたロニー。
当然ながら、どっかのタイミングで来日でもしてそうですが、意外なことにそれが叶うことはありませんでした。

そもそも文久遣欧使節の目的の一つが
「攘夷運動が激しすぎてヨーロッパの人が襲われるかもしれないんで、開港を延期してください」
という趣旨でした。

外国人にとって来日は危険な状況でもあり、そのへんの影響があったのかもしれません。

幕末の訪日外国人は日本をどう見てた?銃でも勝てない日本刀にガクブル

煙 ...

続きを見る

もう少し時代が下って明治時代になると、いろいろな西洋人が日本国内を訪れるようになるんですけどね。

そうした人々を何人かご紹介しましょうか。

 

イザベラ・バード

イギリス人の女性旅行家です。

41歳で来日した時点でツワモノというか豪傑というか女丈夫というかといった感じですが、「女の一人旅は危ないよ」と忠告されたにもかかわらず、横浜から北海道まで3ヶ月間も旅行をしています。

その間の日記で日本をベタ褒めしてくれているので、道中あまり不安や不満はなかったのかもしれませんがガッツありすぎやろ。

 

ヘンリー・ジェームズ・ブラック(初代快楽亭ブラック)

同じくイギリス生まれの方で、7歳で父親に連れられて来日。
18歳頃には既に日本語がペラペラになっていたそうです。

その後、お父さんは上海へ行ってしまったのですが、彼は一人日本に残り、なんと落語の道に入ります。
一度は親類知人の猛反発で断念したものの、それが止むと再び噺の世界に戻りました。

青い目でありながら江戸弁(べらんめえ調)すら操るほどの流暢な日本語、合間に手品や催眠術を披露する多芸さなどが大いにウケて好評を博したとか。

 

テオドール・フォン・レルヒ

ハンガリー(当時はオーストリア=ハンガリー二重帝国)出身の軍人さん。
旧軍や一般人にスキーを広めた方なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

彼は一本杖・二本杖両方のスキーを知っていたのですが、日本の地形に合わせて前者を伝えたのだそうです。
しかし、その後スキー大会で二本杖式を使った選手が圧勝したため、一本杖のほうは廃れてしまったのだとか……。

帰国後も現地の人からは慕われており、さらに2009年にはゆるキャラが誕生するなど、決して粗略に扱われているわけではないのですけどね。

ゆるキャラはそのものズバリの「レルヒさん(公式サイト)」というお名前です。

 

フェリックス(フェリーチェ)・ベアト
レイモンド・フォン・スティルフリード・ウント・ラーテニッツ

二人とも写真家で、幕末から明治の日本人を多く撮影しています。

ベアトはイタリア、スティルフリードはチェコ(当時はオーストリア=ハンガリー二重帝国)生まれ。
古写真の本で出てくるのは概ねこの二人のどちらかが撮影したもののようですね。

スタジオで撮ったものはいかにも西洋人好みの演出がされていて嘘くさいこともありますが、彼らの撮った街角や各地の風景などの写真は、古きよき日本を偲ばせてくれる貴重な資料です。

 

むず痒くなるほどの日本ホメ どうやらガチっぽい

この他、各国の公使も多く日本を訪れており、誰も彼も「日本スバラシイ!オーマイゴッド!!」(超訳)という感想を残していてむず痒くなるほどです。

特にイギリスやフランスの方が語彙の限りを尽くして褒めちぎっている記述がそこかしこにあります。

昨今の「日本スゴイ!」番組の多さ、演出にはちょっと疑問も湧いてきますが、当時、彼らが自国に帰ってから出した旅行記や国元宛ての手紙の中に出てくるのはガチっぽいです。

外国が認めてくれていたのに、なんで明治政府はそこに気付かないで「西洋スバラシイ!日本ダメ!」になっちゃったんですかねえ。

グローバル化するんだったら、目先口先小手先だけじゃなくて文化芸術の保護に努めて欲しかったものです。

長月 七紀・記

【参考】
レオン・ド・ロニー/wikipedia
『異国人の見た幕末・明治JAPAN 愛蔵版』(→amazon link

 



-西郷どん特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.