自由の女神像

パリ万博で展示された頭部と現在の自由の女神像/wikipediaより引用

アメリカ

自由の女神は男か女か?プラモ状態で仏→米へ送られたStatue of Liberty

1886年(明治十九年)10月28日、アメリカ・ニューヨークにある自由の女神像の除幕式が行われました。

イギリスからの独立100周年のお祝いとして、フランスから贈られたものです。

なんだかイヤミですね。

日本語では「女神」ということになっていますが、英語名だと"Statue of Liberty"、正式には"Liberty Enlightening the World"だそうです。

つまり、どこにも「女神」=goddessという単語は含まれておらず、性別は特定されていないということになります。

確かにあの服だと確かに男女の区別つかないですよね。

 

自由の女神は仏マリアンヌをイメージ

ではなぜ「女神」なのか?

というと、像のモデルと関係があります。

フランスを象徴する女性・マリアンヌをイメージして作られたとされているからです。

彼の国では自国を美しい女性として扱う風習があり、いつしかその女性に”マリアンヌ”という名前がつきました。

自国愛の極みというかご立派というか。

まあ確かに世界遺産も多いですしね。

世界史の教科書でお馴染みのフランス革命を描いた絵画「民衆を導く自由の女神」も、マリアンヌを自由と結びつけたものです。

ど真ん中でフランス国旗を掲げた女性がいるあの絵ですね。

 

未完成のプラモデル状で届けられる

さて、その性別不明の像は高さ46メートルもある巨大さなので、フランスからあの形で届いたわけではありません。

いくつかのパーツに分解された状態でアメリカにやってきて、組み立てたのは贈り主ではなく贈られた側だったそうです( ゚д゚)ポカーン

台座を用意したのもアメリカ。

しかも民間というか新聞社が寄付を募って作られました。

パリ万博で展示された頭部/wikipediaより引用

……えぇと、このプレゼントあんまり嬉しくなくね?

当然、組み立てや台座の工事には人手も費用も莫大にかかり、当初はニューヨークではなくもっとお金のある町へ置こうかという話もあったほどだとか。

このときワシントンに置いとけば、首都を勘違いされなくて済んだかもしれませんねぇ。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-アメリカ