天智天皇が大友皇子へ後任を託すとき、大海人皇子は都を去る――その真意は!?

 

前回までの日本史ブギウギは?】
白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗れた日本の天智天皇は、両国が攻めてくるのではないか?とおそれ、九州に防人を設置した。
兵は主に東国の農民から徴収され、食料や武器は自ら用意せねばならないという過酷なもの。
一方で天智天皇は、額田王と弟・大海人皇子(天武天皇)の色恋沙汰に振り回され苦悩の日々を送っていた。
何かと切ない状況の中、果たして唐・新羅はやってくるのであろうか――。
第5話、スタート!!!
学習マンガ日本史ブギウギ20161212-1

663年の白村江の戦いで敗れると、667年、天智天皇は近江大津宮へ遷都し、その翌年に正式に即位しました。
皇太弟となったのは大海人皇子(天武天皇)です。これが後に何かと不穏な流れに……。

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161212-2

天智天皇と共に乙巳の変(大化の改新)を成し遂げた中臣鎌足。
後に日本最大の貴族となる藤原氏の始祖でありますが、なんと内大臣に任ぜられて藤原姓をもらった翌日に亡くなってしまうという、まるで物語のような展開でして……。

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161212-3

天智天皇と天武天皇。両名の名前が偉大すぎるせいなのか、その間に弘文天皇として即位することになる大友皇子は、むしろ別の事件(乱)で後世に名を知られることとなります。それはまたのちほど。

 

学習マンガ日本史ブギウギ20161212-4

大友皇子を天皇とする体制を――という天智天皇の意図を読み取ったのか、大海人皇子は出家して吉野へ下ります。
このとき、その心中はいかなるものだったのか。病気の兄を目の前にして、そのときを待っていたのでしょうか。
答えは次週へ……。

 

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る